主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
06/16
細幅鍵盤の使用を認めるピアノコンクールがもう1つ増えます!
英文サイトの翻訳やら他のニュースやらに感けているうちに、今年のDCS国際ピアノコンクールの報告をするのをすっかり忘れていましたこれについてはまた後日記事を書こうと思います。
今回は、細幅鍵盤普及の大きな足がかりとなるかもしれないニュースが飛び込んできたので、先にそちらをお知らせします。

DCS国際ピアノコンクールに続いて、来年より新たにもう1つ、細幅鍵盤の使用を認めるコンクールが開催されることになったそうです!
Kuleshov International Piano Festival and Competition(クレショフ国際ピアノ・フェスティバルおよびコンクール)というコンクールだそうで、こちらがその告知記事です。

THE KULESHOV INTERNATIONAL PIANO FESTIVAL AND COMPETITION, March 3-6, 2016

この記事を翻訳しましたので掲載させて頂きます。




クレショフ国際ピアノ・フェスティバルおよびコンクール、2016年3月3~6日

美術とデザインのUCO(セントラル・オクラホマ大学)カレッジおよびUCO音楽学校と共同で、スウィギアト財団から出資されます。

● 賞金は、部門ごとに7000ドル、3500ドル以上。
● バッハの演奏解釈のための歴史的(歴史的視点の)演奏賞に対する特別な500ドルのブリスク・センター。
● ピアニストには、ドニソン・スタインビューラー規格(DS規格、手の小さいピアニストの為の代替サイズの鍵盤)のDS6.0で競技する選択権があります。詳しくはwww.steinbuhler.comを訪問してください。
● 国籍のいかんにかかわらず、2016年3月2日に年齢が15歳~22歳のピアニスト。
● 2つのカテゴリ: 高校と、大学程度の学部の学生。
● 2016年3月3~6日、オクラホマ州、エドモンド。

クレショフ国際ピアノ・フェスティバルおよびコンクールへようこそ!2016年は、オクラホマシティにおけるこの心躍るイベントの初年度を記念します。
フェスティバル・イベントは、セントラル・オクラホマ大学のキャンパスのラドキ・リサイタル・ホール、およびオクラホマシティ中心部のオクラホマ川に浮かぶ、光り輝く新しいCHK/セントラル・ボートハウスで、3月3~6日に開催されます。
ヴァン・クライバーンの銀メダル受賞者で、セントラル・オクラホマ大学のアーティスト・イン・レジデンス(〔作品制作のために〕招聘された芸術家)のヴァレリー・クレショフにちなんで名付けられ、コンクールは、ゲスト審査員、才能豊かな参加者による演奏、そして、部門ごとに7000ドル、3500ドル以上の賞金を与える授賞式で、オクラホマシティ全体の観客を魅了するよう努めます。




ちなみにこちらがこのコンクールの審査員の方々です。
この1番上のValery Kuleshov(ヴァレリー・クレショフ)氏がこのコンクールの名前の由来の方ですね。

Jurors

このコンクールで使える細幅鍵盤はDS6.0(15/16)鍵盤のみのようですが、この鍵盤が使えるだけでも助かる方は多いのではないかと思います。

それにしても、昨年初めてDCS国際ピアノコンクールで細幅鍵盤の使用が認められてから、たった1年で追従するコンクールが出てくるとは・・・予想以上の展開の早さに驚いています。
この調子で今後も増えていってほしいものですね。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

こんばんは^^)

二つ目の国際使用可能コンクールで
更に、細幅の普及が加速しそうですね♪

非常に喜ばしい事だと思いました~。☆☆☆
酢~ [URL] 2015/06/17(水) 22:57 [編集]

酢~様
コメントありがとうございます(^^)

本当に喜ばしいことですよね☆
このニュースを見たときは、「えっ?もう2つ目!?」とかなり驚きました。

細幅に限ったことでは有りませんが、海外は展開が早いですよね。
この調子だと思っているよりも急速に普及してきそうですね!
LittleHands [URL] 2015/06/18(木) 07:52 [編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2015/06/27(土) 13:01 [編集]

2015/06/27(土) 13:01の投稿者様
コメントありがとうございます。
後ほどそちらへお伺い致します。
LittleHands [URL] 2015/06/27(土) 13:48 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.