主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
06/28
海外のSuzuki Methodから日本へ・・・
PASKのサイトを翻訳しているときに、ちょっと気になった事があったので調べてみました。

PASKの設立メンバーの1人であるエリカ・ブッカーさんについて、PASKのサイト内にリンクされているプロフィール(http://www.suzukimusicqld.com.au/html/erica_booker.html)によると、ご自身のピアノ教室のほかに、スズキ・ピアノの教師訓練士: Suzuki Piano Teacher Trainerと、スズキ幼児教育音楽クラス: Suzuki Early Childhood Education Music classesの先生もされているということですが、この“スズキ・ピアノ”、もうお気付きの方もいらっしゃるかと思いますが、バイオリニストの鈴木鎮一氏によって創始された、子供の才能教育で知られるスズキ・メソード: Suzuki Method(http://www.suzukimethod.or.jp/)のことで、エリカさんはそのオーストラリアの教室、Suzuki Music NSW(http://suzukimusic.com.au/)に所属されている先生です。

エリカさんは、2012年8月のイギリスでの英国スズキ教員教育プログラムで、そして今年の1月のシドニーでの夏季専門能力開発コースでも、スズキ・ピアノの先生方に細幅鍵盤ピアノを推奨するプレゼンテーションをされたということです。

もし海外のスズキ・メソードの教室で細幅鍵盤が使われるようになれば、それを切っ掛けに日本のスズキ・メソードの教室でも導入する動きが出てくるようになるかも!?と期待してしまいます。

2007年に細幅鍵盤ピアノの製造を終了させ、その後の細幅鍵盤ピアノに関する問い合わせに対して今は造っていないという回答しかしない状況だったカワイでさえも、エリカさんやロンダさんがカワイ・オーストラリアに働きかけ、カワイ・オーストラリアからの要請により、2012年末に細幅鍵盤ピアノの特注の受付を再開させたという実績があることですし、まず海外の教室から導入が始まって、その影響で日本の教室にも・・・という流れもあり得るのではないかと思います。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.