主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
06 * 2017/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
05/26
PASK記事翻訳 - Part12 * 細幅鍵盤を入手する方法・試弾できる場所
今回から、PASK - Pianists for Access to Smaller Keyboards(小さな鍵盤を利用できることに賛成のピアニスト)のサイト(http://www.paskpiano.org/)の"ACCESSING REDUCED SIZE PIANO KEYBOARDS"に入っていきます。

'Manufacturers of keyboards with narrower keys'から'Private teachers and pianists willing to allow others to try their ESPKs'までの翻訳文を掲載させて頂きます。




Try one of these keyboards!
これらの鍵盤のうちの1つを試してみてください!

ACCESSING REDUCED SIZE PIANO KEYBOARDS
縮小されたサイズのピアノ鍵盤へ近づく方法

"Manufacturers of keyboards with narrower keys"
『より狭いキーを備えた鍵盤のメーカー』

現在のところ、ペンシルベニア州(米国)のスタインビューラー・アンド・カンパニーが、アップライトとグランドピアノのための7/8鍵盤(DS規格™)の唯一のメーカー(www.steinbuhler.com)です。同社はまた15/16鍵盤も製造します。
グランドピアノを改造するための鍵盤(アクションを含む)の場合は個別のピアノの入念な測定が必要です。デイビッド・スタインビューラーは、必要に応じて諸外国の技術者に提供するための測定キットを開発しています。その後これらの技術者は、製造と目的地への出荷の後に、鍵盤およびアクションを取り付けるでしょう。
ウォルター社(米国)(www.walterpiano.com)によって製造される新しいアップライトピアノは、7/8か15/16鍵盤が取り付けられている状態で注文できます。

英国のメーカー、ピンカム・ピアノは、要求に応じて彼らのさまざまなアップライトおよびグランドピアノのための人間工学的にスケーリングされたピアノ鍵盤(ESPK)を製造します。
さらなる詳細については、www.pinkhampianos.com/pinkhampianos.nsf/Pianos/CustomMadeSmallerKeysを参照し、選択できるサイズおよび費用についてのより詳細な情報を得るためにメーカーに連絡してください。

2012年末に、カワイ・オーストラリアは、より小さな鍵盤が取り付けられた、彼らの現在のさまざまなグランドピアノからのモデルを委託されて生産すると発表しました。このモデルには標準の数の鍵盤(88個)がありますが、オクターブのサイズが従来の鍵盤よりさらに1cm小さくなるでしょう。つまり、鍵盤が『標準的な』幅のおよそ15/16(オクターブにつき1.1cm小さい)であるということです。この鍵盤で入手可能になるモデルはGM12グランド(150cm)です。
これは大手メーカーによる重要な第一歩であり、1つだけ(およそ 15/16)の鍵盤を備えた新しいグランドピアノを購入する選択肢を提供しています。それはさまざまな人(男性、女性、および子供)がすべて同じピアノを弾く家のための素晴らしい選択肢でもあります。
消費者の価格(25,500オーストラリアドル(※))は非常に競争力があり、彼女のスタジオに最初のGM12グランドを買った、シドニーのピアニストでスズキ・ピアノ教師訓練士のエリカ・ブッカーを通して注文することが出来ます。
これはカワイ・オーストラリアの主導ですが、諸外国への出荷を手配できます。エリカは人々がそれを試すための約束ができることを喜んでいます。あなたはericaboo@bigpond.net.auでエリカに連絡することができます。
 日本円で約2,398,519円(5/22/2014 4:31am時点 1豪ドル 94.0596 円)

スタインウェイ社は、要求に応じてグランドピアノのためのわずかにより小さい鍵盤(オクターブにつき0.7cm小さい、すなわち、従来のものと15/16鍵盤の間のサイズ)を製造するでしょう。


"Universities"
『大学』

以下の米国の大学には、学生のため、および研究目的のために利用できるESPK(縮小されたサイズの鍵盤)があります。

南メソジスト大学(テキサス州ダラス): アップライトとグランドピアノの7/8鍵盤、およびアップライトとグランドピアノの15/16鍵盤。
http://www.smu.edu/Meadows/AreasOfStudy/Music.aspx

北テキサス大学(テキサス州ダラス): アップライトとグランドピアノの15/16鍵盤。
http://music.unt.edu/

テキサス工科大学(テキサス州ラボック): グランドピアノの7/8鍵盤。
http://www.depts.ttu.edu/music/

セーラム女子大学(ノースカロライナ州ウィンストン・セーラム): アップライトとグランドピアノの15/16鍵盤。
http://www.salem.edu/music

ネブラスカ大学リンカーン校(ネブラスカ州リンカーン): グランドピアノの7/8鍵盤。
http://arts.unl.edu/music

セントオラフ大学(ミネソタ州ノースフィールド): グランドピアノの7/8鍵盤。
http://stolaf.edu/depts/music/

ウィスコンシン大学(ウィスコンシン州マディソン): アップライトピアノの7/8鍵盤。
http://www.music.wisc.edu/

セントラル・オクラホマ大学(オクラホマ州エドモンド・シティ): アップライトピアノの15/16鍵盤。
http://www.uco.edu/Cfad/academics/music/index.asp

ケース・ウェスタン・リザーブ大学(オハイオ州クリーブランド): アップライトピアノの7/8鍵盤。
http://music.case.edu/

現在のところそれらが設置されていないように見えますが、以下のカナダの大学およびアート・センターには7/8鍵盤があります。

● ビクトリア大学(ブリティッシュ・コロンビア州ビクトリア)

● ヴィクトリア音楽院(ブリティッシュ・コロンビア州)

● バンフ・アート・センター(アルバータ州)


"Primary and secondary schools"
『初等および中等学校』

南メソジスト大学のピアノ予備学科(テキサス州ダラス): アップライトとグランドピアノの7/8鍵盤。
http://smu.edu/pianoprep/Home.html

グレイ音楽学校(テキサス州ダラス): アップライトピアノの7/8鍵盤。
http://grayschoolofmusic.com/groups/piano/


"Private teachers and pianists willing to allow others to try their ESPKs"
『彼らのESPKを他人が試すのを認めても構わないと思っている個人レッスンの教師およびピアニスト』

〔アメリカ合衆国〕

キャサリン・ライシンジャー(テキサス州ダラス): グランドピアノの7/8鍵盤。
lysinger@mail.smu.edu

ケイティ・フーディ(テキサス州): グランドピアノの7/8鍵盤。
kchoody@yahoo.com

ケイティ・サージェント(ユタ州ソルトレイクシティ): グランドピアノの7/8鍵盤。
katsargent@gmail.com

グロリア・サム・ヘインズ(オクラホマ州オクラホマシティ): グランドピアノの7/8鍵盤。
gloria.tham@gmail.com

〔カナダ〕

ジェン・マケイブ(オンタリオ州バーリントン): アップライトピアノの7/8鍵盤。
jvarvarito@hotmail.com

リンダ・グールド(ブリティッシュコロンビア州): グランドピアノの7/8鍵盤。
playpianotoday@gmail.com

ピアノ教師ではありませんが、オンタリオ州ミシサガのジェニー・ワングは彼女のグランドピアノの7/8鍵盤を持っていて、人々がそれを試すための約束ができることを喜んでいます。
jennywang@sympatico.ca

〔オーストラリア〕

エリカ・ブッカー(ニューサウスウェールズ州シドニー): アップライトピアノの7/8鍵盤、15/16鍵盤を備えたカワイGM12グランド、およびスタインウェイ・グランドピアノのより大きな縮小されたサイズの鍵盤(およそ19/20)。
ericaboo@bigpond.net.au

ピアノ教師ではありませんが、ビクトリア州メルボルンのロンダ・ボイルは彼女のグランドピアノの7/8鍵盤を持っていて、人々がそれを試すための約束ができることを喜んでいます。
pianos@cicadabay.com

〔ヨーロッパ〕

ピアノ教師ではありませんが、スイスに住んでいるパトリック・シェーネッグはアップライトピアノの7/8鍵盤を持っていて、人々がそれを試すための約束ができることを喜んでいます。
patrick.schnegg@gmail.com





細幅鍵盤を特注できるピアノ・メーカーが上記以外にもう1社あります

ウイスタリアピアノ(神奈川県大和市)
http://www.wistaria.com/
幅が1オクターブで10mm(1cm)狭い鍵盤を注文製作されています。
購入された方は、「今までは、弾きたくてもコードがつかめないで弾けなかった難曲が、楽々弾けるようになって大変うれしいです。」 と大変喜んでいらっしゃるそうです。

それと、上記ではカワイに細幅鍵盤を注文するときはエリカ・ブッカーさんを通すようになっていますが、それは日本以外の国から注文する場合ですので、日本国内で注文されるときは直接カワイに問い合わせれば案内してもらえますし、細幅鍵盤にできるモデルもGM12に限定していないそうなので、お好きなモデルで相談に応じてくださるようです。

上記でお名前とメールアドレスを公表されている方々は、あくまでも「弾いてみたい方はどなたでも来てOKですよという方々ですので、実際は世界にはもっとたくさんの所有者の方がいらっしゃいます。
もし、海外旅行などで上記の“試弾OK”の方のお宅の近くに行かれることがあったら、事前連絡の上、1度弾かせてもらいに伺うのもいいかもしれませんね。
(海外には、わざわざ他国まで弾きに行かれた方もいらっしゃるそうです。)

こうして見ると、7/8鍵盤を購入されている方が多いようですね。
私ももし買うなら7/8鍵盤、欲を言えば3/4鍵盤が欲しいと思っているので、日本のメーカーさんにも是非更に細い鍵盤を造って頂きたいものです。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

ケノーベルからリンクのご案内(2014/05/27 09:14)
大和市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。 [続きを読む]
ケノーベル エージェント | 2014/05/27(火) 09:14
Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.