主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
03/17
細幅鍵盤を取り入れたピアノコンクールが世界で初めて開催されました!
昨年の9月に書いた記事、『細幅鍵盤が、国際ピアノ コンクールで採用されることになりました!』で紹介しましたDCS国際ピアノコンクール2014が、先週の水曜日から土曜日(3月12~15日)の4日間、アメリカのテキサス州、ダラスで開催されました
005
審査員の中には、国際的ソリストのデニス・アーマン・ゲレンベさん(審査員長)、カナダの音楽コンクールおよびカナダの全国音楽フェスティバルの優勝者のロジャー・ロードさん、複数のグラミー賞ノミネート候補者であり、国際ピアノコンクールで何度も金メダルを獲得されたペトロネル・マランさんもいらっしゃったそうです。

DCS International Piano Competition
Meet the Jury 2014

http://www.dcspianocompetition.org/rules-regulations/meet-jury-2014/

ちなみにこちらはペトロネル・マランさんのCDです。

http://ml.naxos.jp/album/CD98.286
http://ml.naxos.jp/album/CD98.231
http://ml.naxos.jp/album/CD98.640

そのときの画像(小さいですが)がPASKのFacebookページで公開されていたので、こちらに掲載させて頂きます。

000
001
002
003

3枚目の画像では、スタインウェイのコンサートグランドの鍵盤を入れ替えていますね。
やはり調整に多少の時間を要するのは購入時だけで、その後は本当に2,3分の入れ替えですぐに弾けるということでしょう。

このコンクールによって、ホールがサイズ毎に何台ものピアノを用意しなくても、色んなサイズの鍵盤(少なくとも15/16鍵盤(オクターブ:152.4mm)と7/8鍵盤(オクターブ:140.7mm)の2つ)を用意することで十分対応できるということが証明されたと言えますし、 “ホールが色んな鍵盤サイズのピアノを所有するのは不可能”という反対理由も崩れたのではないでしょうか。

今後このコンクールに関する詳しい情報が送られてきたら、追って報告致します

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2014/03/17(月) 22:33 [編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2014/03/17(月) 22:41 [編集]

Re: 管理人のみ閲覧できます
コメントありがとうございます。
2つとも拝見しました。
LittleHands [URL] 2014/03/18(火) 11:17 [編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2014/03/20(木) 22:01 [編集]

Re: 管理人のみ閲覧できます
コメントありがとうございます。
内容拝見しました。
LittleHands [URL] 2014/03/20(木) 22:40 [編集]

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[] 2014/03/25(火) 09:47 [編集]

Re: 管理人のみ閲覧できます
コメントありがとうございました。
LittleHands [URL] 2014/03/25(火) 11:08 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.