主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
01/20
PASK記事翻訳 - Part4 * 狭い鍵盤の必要性
前回から少し間が空いてしまいましたが(いつもの事ですが)、前回予告致しました、"NEED FOR NARROWER KEYS"を今回から読んでいきたいと思います。




MANY HAND SIZES BUT ONLY ONE KEYBOARD!
多くの手のサイズにもかかわらず、たった1つの鍵盤!

Human hands are not all the same - neither should piano keyboards be!
人間の手はすべて同じではなく、ピアノの鍵盤もまた、そうあるべきではありません!

"NEED FOR NARROWER KEYS"
『狭い鍵盤の必要性』

現在のピアノの鍵盤サイズが、男性、女性、子ども、そして異民族を考慮すれば、ピアノの演奏人口の大部分に合わないという確かな証拠があります。

証拠は様々な範囲の見解によってもたらされます: -

1. ピアノ鍵盤の歴史

2. ピアニストの手のスパンのデータの分析

3. ピアニストの間で手のサイズと痛みと怪我を関連づける査読された研究

4. ピアノの演奏に適用される人間工学と生体力学の分野の認められた科学的原理

5. 現在利用可能な縮小サイズ鍵盤を試したピアニストからの増加している例証

6. 国際的なピアノ・コンクールの結果および成功している国際的な演奏の経歴を維持したピアニスト間の両方における性差の分析

7932569-jp.jpg




次回からいよいよ本題に入っていきます

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.