主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
07/11
オクターブ奮闘記 ‡ 其の1
ピアノを弾いていていつも思うのは、大抵の曲は最低でもオクターブがまともに届く事が条件になっているということです。
ポップス曲の譜面などは手が小さくても比較的弾きやすい曲が多いようですが、それでも度々オクターブ連打に出くわします。

以前から練習している曲も、譜面自体はそんなに難しくないのに、3連符(4分3連)のオクターブ連打がズラズラあるためになかなか習得出来ずにいます。

気合いで何とかならないものかと、オクターブ連打の部分になると“むんっ”と指を開いて、鍵盤の手前からどうにかオクターブの2音のみ叩けるポイント(かなりの精度)を目掛けて集中して叩くのですが、そのヒット率は極めて低く、なかなか克服出来そうにありません。

指の関節が少しでも広がるようになればと、ネットで調べたりして指の関節を開かせるストレッチというものをやってみたりしましたが、その開き幅はどうがんばってもせいぜい2~3ミリ。
しかもその様子を見ていた元看護士の母親からは、「指の関節の構造は複雑でデリケートだから無理をすると傷めるわよ」と言われました。どうやら無理に関節を広げるストレッチは医療関係者から見ると危険な行為に映るようです。

つくづくピアノの鍵盤は、私の手の大きさは想定されていないんだなぁと悲しくなりました

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント

鍵盤のサイズも
オクターブが数種類の大きさが欲しいですよね。
例えば、(C-Hで)
13㎝、14㎝、15㎝、16、5㎝、17,5㎝とか。
または、
指に付けられるエクステンション(笑、もホントあれば良いですけどね。

電子ピアノでも数種類のオクターブ幅を用意して貰って
発注できればいい世の中になりますね。
(鍵盤とその周辺部品の交換のみで、本体はそのままで良いでしょうから)。
酢~ [URL] 2012/07/11(水) 16:14 [編集]

コメントありがとうございます!
本当に色んなサイズがあってほしいですよね。

”最低でも1オクターブ”とは書きましたが、実際は10度くらいまでは届かないと、挑戦出来る曲が限定されてしまうと思います。
そうなると、私などはC-H 13cmくらいということになりそうですねe-330ちなみに指に付けられるエクステンション、私も考えてみたことがあります(笑)

アコースティックピアノは色々と解決しなければならない問題が多いですが、電子ピアノならすぐにでも実用化出来そうですよね!(持ち運びもOKですしe-287)

やはり音楽は楽しむことが本意だと思いますし、私のように辛い思いをする人が沢山出てしまう状況は決して好ましい状況とは言えませんよね。
LittleHands [URL] 2012/07/12(木) 11:09 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.