主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
10/29
PASK - 細幅鍵盤の普及を助けるピアニストのグループ
以前スタインビューラー社のサイト翻訳をしたとき、サイト内で、スタインビューラー社製の7/8鍵盤を南半球で最初に購入した方として紹介されていたロンダ・ボイルさんと、今月の初めより連絡を取るようになりました。

ロンダ・ボイルさんの記事

現在ロンダさんは、細幅鍵盤普及のために、研究、会議への論文の提示、雑誌などへの細幅鍵盤に関する記事の提出などといった幅広い活動をされる傍ら、細幅鍵盤普及の同士の方々と共に“PASK”という世界的なネットワークを設立されているそうです。
“PASK”とは、細幅鍵盤普及のための変化をもたらす活動をしているピアニストのグループで、同士の方々がお互いに自由に連絡を取り合うことができ、活動の調整が出来るとのことですが、PASKのメンバーが行う活動内容を管理する意図は無いとのことです。

PASK設立の目的ですが、同じくスタインビューラー社のサイト内で紹介されているキャロル・レオーネ博士が、メーカー、教師組合、音楽学校、そして主要な会場などへ細幅鍵盤受け入れの請願をする際に、それを支援する何かしらの団体が必要となる為、設立されたそうです。

キャロル・レオーネ博士の記事

キャロル・レオーネ博士出演の動画
Reduced-Size Keyboards Part1
Reduced-Size Keyboards Part2

そしてロンダさんは、最近このPASKのウェブサイトを丁度作ったところだそうで、現在その準備の真っ最中とのことです。
ウェブサイトが出来上がり次第報告してくださるそうなので、報告が来ましたら、PASKサイトのご紹介をさせて頂こうかと思っています。

ちなみに、スタインビューラー社のサイトの内容は、全て(下手くそながら)翻訳してあります。
ご興味のある方は、このブログの左下のカテゴリの欄に「Steinbuhler社のサイト翻訳」とありますので、そちらをクリックして頂ければ、スタインビューラー社のサイトの翻訳記事のみをお読みいただくことが出来ます。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.