主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
10/19
細幅鍵盤ピアノに興味のある方、世界へ発信してみませんか?
長らくこちらを留守にしてしまいましたが、この間、私のほうに少し動きがありまして、そちらの件で少々忙しくしておりました。

2009年にスタインビューラー社の7/8鍵盤を購入され、現在、細幅鍵盤の普及活動を世界規模でなさっているロンダ・ボイルさんと、この度連絡を取ることが出来ました

『細幅鍵盤、オーストラリアへ』

ロンダさんのお話では、オランダにも細幅鍵盤を普及させたいと考えているピアニストの方がいらっしゃるそうで、最近その方と会われたそうです。
そして昨年、オーストラリアのニューサウスウェールズ州から、細幅鍵盤を試験に受け入れるという承認をもらえたそうです。
これによって、ロンダさんのご友人のピアノの先生は、生徒さんに自由に7/8鍵盤や15/16鍵盤を使わせることが出来るようになったそうです。

ちなみにこのピアノの先生が指導に使ってらっしゃるピアノは、7/8鍵盤がスタインビューラー社の鍵盤で、15/16鍵盤がカワイのGM-12Gモデルだそうです。
このGM-12Gモデルでの細幅鍵盤ピアノは、最近カワイにお願いして造ってもらったそうです。
(カワイは2007年に細幅鍵盤の特注の受付を終了したと思っていたのですが・・・現在調査中です。)

ロンダさんは、日本でのピアノ教育の状況や、細幅鍵盤に対する日本人の意識などに大変興味があるそうで、ロンダさんが管理されている、細幅鍵盤を使う方法についてのFacebookページで日本の状況を報告し、世界中の方々からの意見を聞きたいと考えてらっしゃるようです。

私も分かる範囲で少しお話しましたが、やはりここは皆様のお力添えが頂けると大変助かります。
皆様が細幅鍵盤について世界に発信したと思っていることや訊いてみたい事、世界の方々に聞いてほしい御自身のピアノに関する体験談、業界裏話などがもしありましたら、遠慮なくこちらへお寄せください。
宜しくお願い致します。

尚、このブログへのコメントは、管理人のみが閲覧できる設定も出来ますので、どうぞご安心ください。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント

はじめまして!

酢~さまのブログを紹介させて頂いた
アメブロの亜寸香です。

ピアノの世界 まだまだ知らないことが沢山ありそうです!
とても面白いブログですね。

ダブルピアノも普及が広まっているとは
驚きました。

ダブルピアノ・・・たしか浜松の楽器博物館で
拝見したことがあります。

実際演奏している様子は初めて見ました。

これなら2台ピアノも一台で弾けちゃう♪

亜寸香 [URL] 2013/10/20(日) 23:02 [編集]

亜寸香様
ご訪問ありがとうございます(^^)
私も亜寸香様のブログを笑いながら楽しく読ませて頂きました♪

浜松の楽器博物館、私も行ってみたいです。
歴史的に貴重な楽器を沢山所蔵しているそうですね。

ピアノについて調べる度に、ピアノの奥深さや多様性にいつも驚かされます。
拙いブログではありますが、ピアノの可能性についてこれからも発信していければと思っています。

これからも、どうぞ宜しくお願い致します!
LittleHands [URL] 2013/10/21(月) 09:03 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.