主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
12/01
Steinbuhler社の記事 第2弾☆Part2
今日から12月。すっかり寒くなりました
皆さま、体調など崩されてはいないでしょうか。

どこかで必ず1度は山下達郎の「クリスマス・イブ」を耳にする季節になりましたね
クリスマスソングの定番と言えば、個人的には、洋楽ではMariah Carey:マライア・キャリーの「All I Want for Christmas Is You:恋人たちのクリスマス」か、Wham!:ワム!の「Last Christmas:ラスト・クリスマス」、邦楽ではB'zの「いつかのメリークリスマス」かな~と思っています。

その他にも、John Lennon & Yoko Ono:ジョン・レノン&オノ・ヨーコの「Happy Xmas (War Is Over):ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)」や、Celine Dion:セリーヌ・ディオンの「Don't Save It All For Christmas Day:ドント・セイヴ・イット・オール・フォー・クリスマス・デイ」など、挙げたら切りがありませんが、クリスマスソングは好きな曲が多いですね~
これらの曲も、いつかピアノで弾けるようになりたいな~と思っています。

さて、前回に引き続きまして今回は、“Our Research”の『The Results』の内容を掲載させて頂きます。



『The Results』

鍵盤が小さくなり過ぎたのはいつでしょう。
1人のピアニストが私に言いました。彼女は「オスカー・ピーターソンのような楽々とした10度の演奏」をしたかったと。そして、これをするには、彼女が38インチ(約96.52cm)の鍵盤を必要とすると見込みました。
彼女は、彼女のためのそれらが狭苦しくなり過ぎたと発見するため、最も小さい鍵盤を試しにはるばる国を超えて飛んできました。

♯(シャープ)の幅、そして♯(シャープ)のトップの平らな所とそれらの間の幅に存在する妥協点という第二の考慮が常にありました。
いくらかの実験の後、私たちは、従来の鍵盤上で見つかった自然な♯(シャープ)の比率に近くしておくことが賢明であるとわかりました。

多数の手を測定して、成熟したピアニストで見つけたあらゆる手のサイズとそれらを比較して、意見を聞いて、どんなサイズの鍵盤が購入されたかを見ることで、私たちはすぐに適切な小さいサイズへと至りました。
手の親指と小指とを張った長さが7インチ(17.78cm)から8インチ(20.32cm)の範囲のピアニストにとって、誰もが10度を気持ちよく演奏したいように、42インチ(約106.68cm)の鍵盤より小さくなるのが望みでした。しかし、一旦それらが40インチ(約101.6cm)以下の鍵盤になったならば、♯(シャープ)の間の幅は、細い指で最も小さな手以外には、あまりにも狭くなりすぎました。
それは、たとえ10度が最も小さな手にはまだ手が届かない所だったとしても、41インチ(104.14cm)鍵盤が全体では最良の選択であったことが明確になりました。

1オクターブを1Cキーの左側から次のCキーの左側までの距離と定義して、現代の従来の鍵盤のオクターブのサイズは6.5インチ(16.51cm)(下記参照)です。
それから私たちは、より小さな鍵盤サイズを計算するために、48/52、または12/13であるDS規格鍵盤比率を使いました。
成人のピアニストのための2つのより小さな鍵盤に加えて、更に私たちは小さな子供のために3番目の、より小さいサイズを加えて、以下の規格(DS規格鍵盤比率を参照)を確立しました。

従来の鍵盤 - 大きいサイズ
オクターブ : 6.5インチ or 165.1mm
全 体 幅  : 48.25インチ(約122.56cm)

15/16 DS規格鍵盤 - 一般的なサイズ
オクターブ : 6インチ or 152.4mm
全 体 幅  : 44.54インチ(約113.13cm)

7/8 DS規格鍵盤 - 小さいサイズ
オクターブ : 5.54インチ or 140.7mm
全 体 幅  : 41.11インチ(約104.42cm)

3/4 DS規格鍵盤 - 子供サイズ
オクターブ : 5.11インチ or 129.9mm
全 体 幅  : 37.95インチ(約96.39cm



細幅鍵盤に対して必ずと言っていいほど誰もが持つ疑問の1つ、黒鍵とその隙間の幅はどうなるのかという問題。やっぱり出ましたね~。この問題についてはSteinbuhler社と言えども避けては通れない問題だったようで、これについても相当な紆余曲折があったようですね。

手の大きさも様々ですが、その形も様々。
指が細い人も居れば、太い人も居る。
親指が真っ直ぐな人も居れば、外側に反っている人も居る。
やはり全ての人の要求を全部叶えるというわけにはいかず、ある程度の妥協は必要なようですね。

ちなみにDS規格鍵盤比率で言うところの私の手に合いそうな幅は、C-H 140.7mmの小さいサイズというところでしょうか。
ですが私の指は細いので、もしかしたらC-H 129.9mmの子供サイズでもいけるかもそしたら10度の曲も弾けるようになるのかしらなんて思ったりもします。(実力は別として・・・)
こんなに具体的だと、何だか夢が膨らんでしまいますね~

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.