FC2ブログ

サイズが選べる鍵盤について書かれた出版物や資料 - ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS(和訳)

このページでは、細幅鍵盤関連の英語サイト、ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDSのメニューのResourcesの中にある、Recent publications and other useful documentsという項目の和訳を掲載しています。

※ この翻訳文の元となる英語サイトの再編に伴い、和訳文も2021年4月13日に再編しました。



Alternatively Sized Piano Keyboards

Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え
Competition Results - コンクールの結果
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア
FAQs - よくある質問
About - このウェブサイトについて

Recent publications and other useful documents
- 近年の出版物とその他の有用な資料



Recent publications - 近年の出版物所

Perez, Caroline Criado(ペレス, キャロライン・クリアド)(2019年)
Invisible Women: Data Bias in a World Designed for Men.(目に見えない[無視されている]女性たち: 男性向けに設計された世界におけるデータのバイアス。)
Penguin, London.(ペンギン、ロンドン。)(pp 157-159.)
https://youshofanclub.com/2020/02/07/invisible-women/

Coates, S.(コーツ, S.)(2017年)
Goldilocks and the Three Pianos - Ergonomics in Pianists.(金髪の人たちと3つのピアノ - ピアニストにおける人間工学。)
The Piano Teacher, November, Hal Leonard Australia.(ピアノ・ティーチャー、11月、ハル・レナード・オーストラリア。)
ここに原稿を挙げています:
http://smallpianokeyboards.org/wp-content/uploads/2019/02/Goldilocks-and-the-Three-Pianos-Ergonomics-in-pianists-The-Piano-Teacher.pdf

Deahl, L. & Wristen, B.(ディール・L、& ライステン・B)(2017年)
Adaptive Strategies of Small-Handed Pianists, Oxford University Press, UK.(小さな手のピアニストに向けた適応戦略、英国、オックスフォード大学出版局。)
https://www.oupjapan.co.jp/en/node/20670

Leone, C.(レオーネ, C.)(2017年)
Personal Touch.(人間的な接触。)
International Piano, UK, January-February 2017.(インターナショナル・ピアノ、イギリス、2017年1月~2月。)
http://www.carolleone.com/ergonomic-keyboards/

Boyle, R., Boyle, R. & Booker, E.(ボイル, R.、ボイル, R.、& ブッカー, E.)(2017年)
Narrower Keyboards for Larger Hands.(大きな手のための細幅鍵盤。)
Readers’ Letters, Pianist. UK, January.(読者の手紙、ピアニスト、イギリス、1月。)
ここに原稿を挙げています:
http://smallpianokeyboards.org/wp-content/uploads/2019/02/Letter-to-Pianist-magazine_Jan-2017.pdf

Leone, C.(レオーネ, C.)(2015年)
Ergonomic Keyboards: Size does Matter.(人間工学に基づく鍵盤: サイズが重要(問題)である。)
Piano Professional, EPTA (UK), Summer.(ピアノ・プロフェッショナル、European piano teachers association - ヨーロッパ・ピアノ教師協会、夏季。)
http://www.carolleone.com/ergonomic-keyboards/

Leone, C.(レオーネ, C.)(2015年)
Size is Key.(サイズが解決の鍵である。)
Clavier Companion, Frances Clark Center for Keyboard Pedagogy, USA, September/October.(クラヴィエ・コンパニオン(鍵盤の友)、鍵盤教育学フランシス・クラーク・センター、アメリカ、9月/10月。)
http://www.cicadabay.com/pianos
ここに社説の原稿もあります:
http://smallpianokeyboards.org/wp-content/uploads/2019/02/clavier_companion_editorial_Sept-Oct-2015.pdf

Boyle, R., Boyle, R. & Booker, E.(ボイル, R.、ボイル, R.、& ブッカー, E.)(2015年)
Pianist Hand Spans: Gender and Ethnic Differences and Implications for Piano Playing.(ピアニストの手のスパン: ピアノの演奏に対する男女差や人種差および影響。)
Proceedings of the 12th Australasian Piano Pedagogy Conference, Beyond the Black and White, Melbourne, July 2015.(第12回オーストラレーシア・ピアノ教育学会議の議事録、白黒(二者択一)の域を越えて、メルボルン、2015年7月。)
https://www.appca.com.au/proceedings/

Boyle, R.(ボイル, R.)(2012年)
The experience of playing reduced-size piano keyboards. A survey of pianists.(縮小されたピアノ鍵盤を弾く体験。ピアニストを対象とした調査。)、MTNA e-Journal,April.MTNA - Music Teachers National Association(全米音楽教師協会)電子ジャーナル、4月。)
https://www.researchgate.net/publication/264457996_The_experience_of_playing_reduced-size_keyboards_A_survey_of_pianists


Other documents - その他の資料

ここから参考文献一覧がダウンロードできます:
http://smallpianokeyboards.org/wp-content/uploads/2019/04/Alternatively-sized-piano-keyboards-Bibliography_April-2019.pdf

ピアノの設計に関する技術情報の記事については次のページにアクセスしてください:
Manufacturers and where to try alternatively sized keyboardsサイズが選べる鍵盤の製造業者と試弾できる場所

2016年9月にレイキャビクで開催されたEPTA会議に提出されたポスター論文『The Standard Piano Keyboard: Too Big for Too Many(大きすぎる人があまりにも多い標準のピアノ鍵盤)』がここからダウンロードしてどこでも使用できます。カラー、A0サイズで印刷する必要があります
http://smallpianokeyboards.org/wp-content/uploads/2019/02/EPTA-poster_2016.pdf

手のスパンのデータの分析 - 統計をまとめた概要、2015年。
http://smallpianokeyboards.org/wp-content/uploads/2019/02/NCKP-Hand-span-data-Statistics-Summary-2015.pdf

McLachlan, M.(マクラクラン, M.)(2010年)
Hand size and the piano keyboard.(手のサイズとピアノの鍵盤。)
社説、Piano Professional, EPTA (UK), Spring(ピアノ・プロフェッショナル、European piano teachers association - ヨーロッパ・ピアノ教師協会、春期).
http://smallpianokeyboards.org/wp-content/uploads/2019/02/EditorialContents_Piano-Professional-UK_Spring-2010.pdf

Boyle, R & Boyle, R.(ボイル, R.、& ボイル, R.)(2010年)
Hand size and the piano keyboard.(手の大きさとピアノの鍵盤。)
An introduction to the technical and musical benefits for pianists using reduced-size keyboards.(縮小サイズの鍵盤を使用するピアニストにとっての技術的および音楽的利点の紹介。)
Piano Professional, EPTA (UK), Spring(ピアノ・プロフェッショナル、European piano teachers association - ヨーロッパ・ピアノ教師協会、春期), 18-23.
http://smallpianokeyboards.org/wp-content/uploads/2019/02/Hand-size-and-the-piano-keyboard_Piano-Professional-UK_-Spring-2010.pdf

Booker, E.(ブッカー, E.)(2010年)
Pianos: one size fits all…big adults.(すべての…大柄な大人に合っているサイズであるピアノ。)
Tempo、Suzuki Talent Education Association of Australia (NSW) Inc., Autumn(テンポ、社団法人オーストラリア・スズキ才能教育協会(NSW)、秋期), 8-9.




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

おはようございます

私も応援させて頂いてまーす😁

酢~様

コメントありがとうございます!

応援感謝しています😊
今後ともよろしくお願いします!
プロフィール

LittleHands

Author:LittleHands
子供の頃にピアノを習い始めたものの手が小さくてすぐに挫折(^_^;)
大人になってから再びピアノを習い、今は気ままな趣味のピアノ弾きです♪


細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言 - にほんブログ村

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
参加ブログランキング
幅が選べる鍵盤の規格
◆DS鍵盤規格

DS5.1®(3/4)鍵盤
オクターブ:129~131 mm

DS5.5®(7/8)鍵盤
オクターブ:140~142 mm

DS6.0®(15/16)鍵盤
オクターブ:151~153 mm

DS6.5™(通常の)鍵盤
オクターブ:164~166 mm

※シュタインビューラー社についての詳細は、左のカテゴリ欄にあります『Steinbuhler & Company (和訳版)』をご覧ください。
おすすめサイトリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR