主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
09/19
誰のためのもの? ~生まれた疑問~
Steinbuhler社の“Our Story”の翻訳をやってみて、1つの疑問が生じました。
今の鍵盤って、一体誰のためのものなのでしょうか?

正直これまでは、ピアノという楽器はヨーロッパの民族楽器なのだから、鍵盤の大きさの規格が欧米人の体格に合わせられているのは仕方がないことなのかもしれない、という気持ちもどこかにありました。
大抵の物は、発祥の地の人達に丁度良いサイズになっていることが多いわけですし…。

ですが今回、Steinbuhler社のサイトを読んでアメリカのピアノ事情を垣間見たとき、日本と大して変わらない状況があることに驚きを感じました。
そしてそれはアメリカだけではなく、カナダでも、オーストラリアでも…。

こうなると、今の鍵盤の大きさって一体誰が対象なのでしょうね?
これだけ多くの人が合わないと感じている大きさが、たった1つの標準規格として通っていることをとても不思議に思ってしまいます。
洋服でもそうですが、ある程度の人達に適応するようにしようと思えば、サイズが最低でも3つは必要な気がします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト
コメント

こんばんは(^^。
>maitanmama 様

河合の件、拝見しました。
細幅用の特注道具の維持管理等・・難しい面も
あるかもしれませんね。

>Litlle Handsさん

標準鍵盤で10度届く人がベスト?的な記事を
ある所で見た事があります。
(手が大きすぎてもどうか、回しや黒鍵に挟まったり)
大作曲家達が作った曲の平均値を割り出すと
10度届くことがいいのでしょうかね?
あの園田高広さんも音大受験の基準としていたと
言う有名な話も・・。(この場合は10度以上で、
冷たいようだが生徒本人たちにあと後苦労させたくない
という心からだったようですが)

然しながら、上記はあるレベル以上を目標にしてある人達の基準だと思います。

勿論移動が可能で趣味の範囲だったらスタインビューラー社のように数種類の
鍵盤幅は必要ですね。
それに、手が大きい人用に標準よりも大きめ幅も
必要になりますねえ。

私が考える理想のサイズはこうです。

・ジュニア用(SSサイズ)
・手が小さい人用(Sサイズ)
・標準(Mサイズ)
・手が大きい人用(Lサイズ)
・本当のオーダーメイド(本人:実寸サイズ)

皆が手を無理に痛めない為にもせめて3サイズは
ほしいですね。

酢~ [URL] 2012/09/19(水) 22:57 [編集]

ネット サーフィン
今日は久々に、屋根付きバイクのホームページを見ていました。

私が、コンバーチブルバイクをいうサイトを開設してすぐのころ言われたことが、「全然リンクの数が足りません。」と。

その人のリンク集を見たら、なんという数・・・。10年継続中ということもあるでしょうが、素晴らしい数ですね。

やはり、反対派の多い?細幅ですが、攻めの重要性もあるかな?と。考えているところです。

貼ってみます。(屋根つきバイクのススメ)様より

http://www.geocities.co.jp/MotorCity-Rally/8975/
酢~ [URL] 2012/09/22(土) 20:48 [編集]

コメントありがとうございます
*酢~様*

返信が遅くなってすみません。

私も”10度届く人がベスト”という記事は見た事があります。
7/12の記事「オクターブ奮闘記 ‡ 其の2」でも書いていますが、“ド・ミ・ラ・ド”のように親指と人差し指を広げる事が出来ない状態でオクターブ上の音をおさえなければならない譜面があることを考えると、1-5の指を広げて10度届くくらいは必要になってくるのかな、と思います。

園田高広さんの音大受験の基準(私が見た資料では確か9度でした)のことを最初に知った時は反感を覚えましたが、ピアノの事情を知るうちに、そうせざるを得ない現状があって、学生への思いやりの気持ちからなのだと思えるようになりました。

3サイズはあくまでも”最低でも”なので、本当のところを言えば仰るように5サイズは必要だと思います。

何か現状を変えたいと思ったら、かなりの攻めの姿勢が必要になるのではないかと思います。
スタインビューラー社は攻めてますよね~。
ここまで定着している慣習を変えようと思ったら、やはりこれくらい攻めないと変えられないのだと思いました。

酢~様の色んな活動のリンク、ご自由に貼ってくださって構いません。
応援してます!
LittleHands [URL] 2012/09/23(日) 18:45 [編集]

こんばんは
園田高広さんの助言は9度が正解でしたね。

私も手はオクターブは届くのですが(写真のとおり)
指自体が長くないので、少し濁った音になります。

なかなか思うようにいきません。これも人生かなと。

リンクの件は「多く貼る→沢山輪を広げる。の一例です」
あの分野もいろいろ叩かれた分野ですが、
あそこまできている様です。そしてピアノとは
関係のないブログです。ご迷惑をおかけしました。
お気持ちだけありがたく受け取りますね。

ではお互い頑張りましょう。
酢~ [URL] 2012/09/23(日) 22:45 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.