FC2ブログ

手の小さい人が曲を習得する上で不利になる点 - ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS(和訳)

このページでは、細幅鍵盤関連の英語サイト、ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDSのメニューのPianist Feedbackの中にある、Effective practice and speed of learningという項目の和訳を掲載しています。

※ この翻訳文の元となる英語サイトの再編に伴い、和訳文も2020年2月25日に再編しました。



Alternatively Sized Piano Keyboards

Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え
Competition results - コンクールの結果
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア
FAQs - よくある質問
About - このウェブサイトについて

Effective practice and speed of learning
- 効果的な練習と学習スピード



『私は今では気付いています。振り返ってみると、練習に費やした時間のほとんどが、自分の手の大きさによる困難を克服しようとするために使われていました・・・もし手の大きさによって課せられている制限を克服しようとして時間の90%を費やせば、あなたは間違いなく不利になります。』
クリストファー・ドニソン(Christopher Donison)、ミュージック・バイ・ザ・シー(Music by the Sea)、エグゼクティブ芸術監督(Executive Artistic Director)、およびDS鍵盤の共同発明者、カナダ・ブリティッシュ・コロンビア州、1998年、p. 43。

ピアニストにとって技術的難易度が高いほど、必要な練習量は多くなります。これは、技術的な問題により多くの時間を費やす必要があり、音楽的な課題に重点的に取り組む時間と思考能力が少なくなることを意味しています。
手の小さいピアニストが、以前標準鍵盤で習得した作品を小型の鍵盤で演奏するとき、それは度々驚くべき体験になります。彼らは、以前は『手に収まらない』パッセージで『音符を取る』ためだけにどれほど多くの肉体的努力や知的努力を払わなければならなかったかをすぐに自覚するのです。この違いは、両手が困難な課題に取り組んでいるとき(例えば、ショパンでよく見られる、片手で高速のオクターブ、そしてもう片方で広範囲に広がるアルペジオ・タイプの音型)に大きくなります。突然、オクターブに届くことだけに専念する必要はもはや無くなりますが、手の力を抜き、両手で演奏される音楽ラインを形づくることを考えることができるようになります。
過度の技術的課題に専念していては、どれだけ練習をしても、優れた音楽的成果を実現するのに必要とされるほど音楽的課題について考えるのは不可能としか言いようがありません。

優れたテクニックを維持し、負担を最小限に抑えるためには、手の小さいピアニストは、以下のようによりはるかに多く鍵盤を飛び越える必要があります。

『ある音符から離れた位置にある音符にジャンプする場合、手の小さい演奏者は、腕を使って音符を見つけなければならず、指で届かせないようにしなければなりません。これは正確さのためだけに多くの練習を必要とします。
ブレンダ・ライステン博士(Dr. Brenda Wristen)、米国ネブラスカ州、ネブラスカ大学リンカーン校、ピアノ教育学・鍵盤楽器技能准教授、およびローラ・ディール(Lora Deahl)、テキサス工科大学、ピアノ准教授、(2003年)。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LittleHands

Author:LittleHands
子供の頃にピアノを習い始めたものの手が小さくてすぐに挫折(^_^;)
成人してから再びピアノを習った、気ままに弾くだけの趣味のピアノ弾きです♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
参加ブログランキング
幅が選べる鍵盤の規格
◆DS鍵盤規格

DS5.1®(3/4)鍵盤
オクターブ:129~131 mm

DS5.5®(7/8)鍵盤
オクターブ:140~142 mm

DS6.0®(15/16)鍵盤
オクターブ:151~153 mm

DS6.5™(通常の)鍵盤
オクターブ:164~166 mm

※シュタインビューラー社についての詳細は、左のカテゴリ欄にあります『Steinbuhler & Company (和訳版)』をご覧ください。
おすすめサイトリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR