FC2ブログ

細幅鍵盤を使っているピアニストの体験 - ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS(和訳)

このページでは、細幅鍵盤関連の英語サイト、ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDSのメニューのPianist Feedbackの中にある、Overview of pianists’ experiencesという項目の和訳を掲載しています。

※ この翻訳文の元となる英語サイトの再編に伴い、和訳文も2020年1月23日に再編しました。



Alternatively Sized Piano Keyboards

Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain & injury - 痛みと障害
Competitions - コンクール
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア

Overview of pianists’ experiences
- ピアニストの体験の概要



Overview - 概要

公表された論文や、過去20年にわたって相次いでいる事例証拠などといったさまざまな情報源から、縮小鍵盤を使用しているピアニストによるコメントがもたらされています。

小型の鍵盤の利点に関するコメントの間には、かなりの一貫性があります。しかしながら、実際の手のサイズや形状がピアニストの反応に最も影響を及ぼしやすいのではないでしょうか。
非常に手の小さいピアニストにとって、突然弾ける曲目が増えたり、オクターブや広い和音をはるかに無理なく演奏する能力が高まったりすることは、最も劇的な変化の1つです。

多くのピアニストや教師からの引用文や身の上話の収集をこちらで見ることができます。
http://smallpianokeyboards.org/wp-content/uploads/2019/09/PASK-Quotes-and-stories_September-2019.pdf


Survey of pianists published in 2012
- 2012年に公表されたピアニストを対象に行われた調査

ロンダ・ボイル(Rhonda Boyle)氏は、北米とオーストラリアで縮小鍵盤を弾いている、あるいは弾いたことがある22人のピアニストを対象に調査を実施しました。その結果は、キャロル・レオーネ(Carol Leone)氏、クリス・ドニソン(Chris Donison)氏などによって今までに記録されたコメントと一致していました。
回答者は、記載されている22項目の技能の多くでの改善を報告しています。彼らは、以下による『劇的な』あるいは『大幅な』改善を報告する場合がほとんどでした。

  • 思い通りに音符を押さえられること
  • 必要とされているところでの力の感覚
  • オクターブや広い和音での高速のパッセージ
  • 技術的に難しいパッセージの習得にかかる時間

回答者の50%以上が改善の程度を『大幅』あるいは『劇的』と認識したその他の技能は次のとおりです。

  • 跳躍進行
  • レガート奏法での演奏
  • 分割オクターブ
  • 分散和音/アルペジオ
  • 手のポジションの移動
  • 新しい曲目の習得にかかる時間
  • 動かしにくい、あるいは理想的でない運指
  • 正確さ
  • 全体的な安心感
  • バランス

この調査では、やや大きい手(7.5(19cm)~8インチ(20.3cm))を持つグループと比較して、小さい手(7.5インチ(19cm)未満)を持つグループ間で認識される改善点には有意な差は見られませんでした。

手のスパンが女性の平均に近いピアニストの場合は、レガート奏法での演奏、音楽的な流れ、フレージングの改善、オクターブを演奏するときの緊張の軽減など、変化がより微妙なのかもしれません。
初めて10度が弾けるようになったこのピアニストのグループもまた、ラフマニノフやその他ロシア人作曲家の作品、演奏するために事実上大きなスパンを要求するラヴェルや上級のショパン、あるいはリストの作品といった、通常は男性ピアニストの領域である曲目に取り組むことが可能であると気付きます。

Pianist Feedbackピアニストの評価)のその他のページでこれらの改善点について詳しく説明しています。


Feedback from conferences and other events
- 会議やその他のイベントからの反応

2011年のオーストラリア・ピアノ教育学会議(Australasian Piano Pedagogy Conference)では、出席者がDS5.5®(7/8)鍵盤のウォルターのアップライトピアノを使用できました。このサイズに十分に馴染むだけの時間演奏した人たちは、特定の技術がより容易であることに気付きました。肯定的な反応を示したピアニストには、8インチ(20 cm)以上の手のスパンを持つ男性も含まれていました。『オクターブのパッセージ』や『バランスとボイシング』がより容易であると最もよく指摘されました。
2013年と2015年のオーストラリア・ピアノ教育学会議と、2016年のレイキャビクでのEPTA会議では、15/16(オクターブで6.05インチ(約15.4 cm))鍵盤カワイのGM12グランドピアノが使用できました。それを試弾した出席者は、標準鍵盤から慣れるのに必要な時間が最小限であると気付きました。

2015年のオーストラリア・ピアノ教育学会議(APPCA - Australasian Piano Pedagogy Conference)では、メルボルンの6名の一流のプロ・ピアニストが、カワイのGM12を使用して、リサイタルと公開討論会に参加しました。
彼らの手のスパンは7.1インチ(約18 cm)から9.2インチ(約23.4 cm)までの範囲で、小型の鍵盤を使った練習時間はほとんどありませんでした。彼らが選んだ作品では、すべてのピアニストが15/16鍵盤を演奏するときの利点を知りました。最もスパンの小さい人たちの場合は深遠で広い範囲に及ぶ利点があった一方で、最も手の大きい男性の場合は、ラフマニノフのエチュードといった広い和音のボイシングと同様に、彼らはより広い音程(9度や10度)が格段に容易であると分かりました。
この体験から、少なくともある種の曲目では、細幅鍵盤が、スパンが9インチ(約23 cm)以上もある人たちも含めて!非常に大多数のピアニストに恩恵をもたらすことが示唆されています。
それは、ラフマニノフ、ヴァイン、グレインジャー、リストといった、非常に大きな手の男性作曲家によって書かれた曲目が、多くの人にとって手の届かないものであることも示しています。『平均的な』手を持つ男性ピアニストでさえ、彼らの作品の中には細幅鍵盤を使うことでよりうまく演奏することができるようになるものもあるのです。

2017年にシカゴで開催されたNCKP会議で、米国の4人の著名なピアニストや教育者による同様のリサイタルが行われました。

米国とカナダでは他にも、ピアニストがサイズの選べる鍵盤を試弾する機会のある多くのイベントがありました。これらのいくつかがここで取り上げられています。
http://paskpiano.org/performances-and-conferences/


Literature covering tips for small-handed pianists
- 手の小さいピアニストに向けたアドバイスを取り上げた資料

手の小さいピアニストの視点からこの問題を見れば、大きすぎる鍵盤に『適応』するための方法に関する情報が山ほどあります。所謂『専門家』によって推奨されている助言の中には、根拠に基づいたものではなく、多くの人たちに偽りの期待を抱かせ、有害になる可能性すらあるものもあります。

その焦点はサイズの選べる鍵盤それ自体ではありませんが、オックスフォード大学出版局から近年、優良図書、Adaptive Strategies for Small-Handed Pianists(手の小さいピアニストに向けた適応戦略)(ディール、& ライステン(Deahl & Wristen)、2017年)が出版されています。
手の小さいピアニストが取り入れる必要がある多くの『次善策』の方策の優れた要旨や、問題が些細なものではないという明確なメッセージを提供しています。その表題は取り上げられている内容の幅を完全に伝えるものではありませんが、序章では、ピアノとピアノ曲の進化、ピアノの演奏に関連する解剖学や生体力学の原理、手の小さいピアニストが抱えている多岐にわたる問題、よく目にする不適応な傾向を取り上げています。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

LittleHands

Author:LittleHands
子供の頃にピアノを習い始めたものの手が小さくてすぐに挫折(^_^;)
成人してから再びピアノを習った、気ままに弾くだけの趣味のピアノ弾きです♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
参加ブログランキング
幅が選べる鍵盤の規格
◆DS鍵盤規格

DS5.1®(3/4)鍵盤
オクターブ:129~131 mm

DS5.5®(7/8)鍵盤
オクターブ:140~142 mm

DS6.0®(15/16)鍵盤
オクターブ:151~153 mm

DS6.5™(通常の)鍵盤
オクターブ:164~166 mm

※シュタインビューラー社についての詳細は、左のカテゴリ欄にあります『Steinbuhler & Company (和訳版)』をご覧ください。
おすすめサイトリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR