主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
01/13
ベートーベンが使っていたピアノの特徴
今年に入ってすぐにオーストラリアの支持者の方から、ベートーベンのピアノの複製を見る機会があったとの報告が入ってきました。
そのピアノは1804年のベートーベンのピアノを複製したもので、一昨年にこのブログでも紹介しましたダニエル・バレンボイム氏の最新型のピアノを作製したクリス・メーン氏によって、つい最近メルボルン大学のために作製されたものだそうです。
バレンボイムのピアノについてはこちらをご参照ください。弦の張り方の点がベートーベンのピアノと共通しているので、音色の特徴などはご参考になるかと思います。

『この100年のピアノの歴史にダニエル・バレンボイム氏が新風を吹き込みました!』
http://littlehands782.blog.fc2.com/blog-entry-88.html
『ダニエル・バレンボイム氏開発の「新方式のピアノ」について』
http://littlehands782.blog.fc2.com/blog-entry-111.html


ベートーベンのピアノの特徴が以下のように報告されています。

鍵盤の幅:
  • オクターブ(鍵盤7個分)で約6.25インチ(158.75mm)。
※ 現在の一般的なピアノの鍵盤幅は約165mm。

黒鍵の特徴:
  • 白鍵の幅の割には細くなっている(現在の鍵盤より黒鍵幅の割合が白鍵幅の割合に対して小さい)ように見える。
  • 前框に向かって傾斜している。
※ 画像を参照

TASK_000

TASK_001


弦の特徴:
  • バレンボイム氏の最新型ピアノと同様に、交差することなく真っ直ぐ並行に張られている(ストレート・ストリングス)。
※ 画像を参照

TASK_002

TASK_003


ペダルの特徴:
※ 詳しくはこちらの記事を参照→http://www.piano.or.jp/enc/fb/view/180/
※ 当時は、演奏者の殆どが普段は家で弾く女性だったため、男性の演奏者はペダルを踏めるようにするためにつま先の尖った靴を履かなければならなかったとのこと。

TASK_004



細幅鍵盤に関して度々聞こえてくるのが、“鍵盤が細くなると、鍵盤と鍵盤の間(特に黒鍵と黒鍵の間)に指が挟まる(若しくは入らなくなる)のでは?”といった声です。
そしてこういった声に対してまさに、“黒鍵幅を細くして黒鍵の間の幅を確保すれば良いのでは?”とのご意見も頂いたことがありました。
ただそのご意見を聞いたときは、白鍵幅と黒鍵幅の割合が変わることで弾きにくくなったりしないだろうかと懸念していたのですが、ベートーベンのピアノの黒鍵幅が現在の割合より小さくて問題なかったのであれば、この方法である程度解決できそうですね!


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

二段鍵盤
お久しぶりです。今年もよろしくお願いします。

また製作熱がぶり返してきまして、こんなのを試作してみました。

https://www.youtube.com/watch?v=2Ro8vzSui_Q

youtube初アップです♪細幅鍵盤が世に広まるのがベストですが、いつになるかわかりませんし、細幅鍵盤は自作が困難です。二段鍵盤の方は自作でもいろいろとやれそうですので、今後の人生は二段鍵盤の改良と普及に賭けたいと思います。
ウッキー [URL] 2017/01/23(月) 23:05 [編集]

Re: 二段鍵盤
コメントありがとうございます。
こちらこそ今年も宜しくお願い致します。

動画拝見させて頂きました。
実際に動かしてみるととどういう物かが分かりやすいですね。
しかもスパンもかなり広げられそうですし、もし実用化出来れば今までに無いような広範なスパンの曲も作曲できたりするかもしれませんね(^^)

細幅鍵盤について日頃から話している友人が居まして、ウッキー様の補助鍵盤についても話してみました。
その友人は細幅鍵盤という考え方には賛同してくれているものの、やはりピアノ自体を改造する方法だと普及は非現実的(そこまでメーカーの協力を得るのは厳しい)という見解だったのですが、ウッキー様のアイデアなら現実的で希望が持てる!と絶賛していましたよ(^▽^*)

実際、他の細幅鍵盤支持者の方には「普及までには100年くらいかかるだろう」との声も寄せられているそうで、今のままではまた普及する前に立ち消えするのでは?と危惧しているところです。
今は海外の方々が頑張って繋いでくださっていますし、海外のピアノメーカーの中にもボチボチ協力してくださるところが出てきているようですが、やはり費用がネックになっている様子です。
ですので、補助鍵盤が実現すれば日本だけでなく海外でも絶賛されるんじゃないかと勝手に妄想しています(´ω`*)

私も何かお手伝いできることがあれば・・・と思って常日頃アンテナは立てているのですが、今のところまだ技術系の協力者も見付かっていませんし、私自身も技術も知識も無く、もどかしい思いをしているところです。
今後もアンテナを立てておきますので、もし何か見付かりましたらすぐにでもお知らせいたします。
LittleHands [URL] 2017/01/24(火) 08:43 [編集]

おはようございます。^^)

今日のブログ村新着記事に、細幅鍵盤の紹介を
してある方がおられましたね。

ぜひ弾いてみたいとの事で、コメント欄が無いのが
残念でしたが。

http://lasolfa.com/reduced-size-piano/

酢~ [URL] 2017/01/29(日) 08:44 [編集]

酢〜様
コメントありがとうございます!
返信が遅くなってすみませんm(_ _)m

リンクの記事拝見しました。
すごく要点をついて説明してくださってますね。たくさんの人にみてもらいたい記事です。
こうやって興味を持ってくださる方がいらっしゃるのはありがたいですね。日々の励みになります(^^)

今またPASKサイトの更新作業をボチボチやっています。
早いとこお知らせできればと思っています。
LittleHands [URL] 2017/01/30(月) 07:23 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.