主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
11/24
細幅鍵盤の体験動画 <Part 2>
前回に引き続き、PASKYouTubeチャンネルの中で印象深かった動画3つのうちの2つ目を紹介させて頂きます。
ちなみに私は英語の聞き取りが出来ないので、オーストラリアの支持者の方に会話を文章として書き出して頂く形で翻訳しました。

今回は、2014年8月17日にティファニー・ゴフ(Tiffany Goff)さんによって公開された『Steinbuhler Action Switch』です。




~画面下の説明文~

このビデオは、2014年の6月に、ペンシルベニア州にあるデイビッド・スタインビューラー氏の自宅にて撮影されました。そこに滞在している間に私は5.1と、5.5と、6のサイズのアクションを試弾してみることができました。

デイビッド・スタインビューラー氏が、自身のスタインウェイBのアクションを交換しているところを実演します。

スタインビューラーのピアノ・アクションに関する詳細情報について。
www.steinbuhler.com
skinnykeys.tumblr.com




~動画中の文章~

(0:00 / 2:41)
このビデオでは、デイビッド・スタインビューラー氏が、自身のスタインウェイBのアクションを交換します。
(0:05 / 2:41)
撮影していないときに、私は5.1(最も細い鍵盤があります)を演奏しました。
(0:10 / 2:41)
・・・本当に素晴らしかった。


~動画中の会話(音声)~

スタインビューラー氏:

***DS5.1鍵盤のそばに立って***
(0:13 / 2:41)
「これはたった今君が弾いていたスタインウェイBで一番小さい鍵盤だね?」

ティファニーさん:

(0:19 / 2:41)
「そうよ。」

スタインビューラー氏:

(0:20 / 2:41)
「これまでに・・・世界中の・・・そしてここで君がついさっきそうしていたよね。」

ティファニーさん:

(0:23 / 2:41)
「そうです。」

(0:25 / 2:41)
「それは夢のような感じだったわ。現実の夢よ。私が想像したピアノの演奏、そんな風に思うはずの・・・ええと・・・」

(0:32 / 2:41)
「断然楽で素晴らしかった・・・」

(0:37 / 2:41)
「さて、次はどっちを弾いてみようかしら?」

スタインビューラー氏:

(0:40 / 2:41)
「よし、6インチのものを付けようね。これが5.1で・・・あれはそうだった・・・君は5と半分の、5.5を弾いたね・・・」

ティファニーさん:

(0:48 / 2:41)
「私はどくことになりそうね・・・」


~文章~

(0:50 / 2:41)
アクションを交換するには、たった1人で1分足らずしかかかりません。


~会話(音声)~

スタインビューラー氏:

(0:54 / 2:41)
「いいよ。」

ティファニーさん:

(1:11 / 2:41)
「これは単独の仕事です。そうすることができると言いたいのです。」

スタインビューラー氏:

(1:16 / 2:41)
「これを取り付けます・・・」

(1:46 / 2:41)
「いけたよ!」


~文章~

(1:49 / 2:41)
この鍵盤は6です。ピアノが弾ける人のほとんどが、このサイズが最も弾き心地が良いと気付きます。


~会話(音声)~

ティファニーさん:

***DS6.0鍵盤を弾きながら***
(1:54 / 2:41)
「それはより良いのですが・・・」

(2:10 / 2:41)
「当たり前のことだけど、私たちが話していたこういう作品、ラフマニノフとか、(??)とか、ブラームスとか、そういう男性達のもののような、かなりの作品を弾くことが出来ないかも・・・この鍵盤ではね・・・でも、標準鍵盤では弾けなかったものをたくさん弾けるかもしれないわ・・・」

(2:24 / 2:41)
「・・・私はまだ曲目を選り好みしなきゃいけないかもね。5.1ではってわけじゃなくて、でなければ・・・それは何?」

スタインビューラー氏:

(2:29 / 2:41)
「5.5だよ。」

ティファニーさん:

(2:30 / 2:41)
「・・・5.5ね。」


~文章~

(2:31 / 2:41)
私のサイズは5.5、「伸びのある」曲目用には5.1です。
(2:38 / 2:41)
あなたのはどれ?




スタインビューラー社製のグランド用鍵盤を取り替えている様子です。スタインビューラー社製鍵盤のことをご存知の方々にとってはもうお馴染みの光景ですね。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.