主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
08/25
細幅鍵盤を使ったピアノ演奏のCDが発売中です♪
細幅鍵盤の普及に向けて第一線で活動されているキャロル・レオーネ博士(南メソジスト大学、メドウズ芸術学校のピアノ研究室の学科長、演奏家、教師、レコーディング・アーティスト、演説家、細幅鍵盤に関する著者)のCDが発売中です!曲目に合わせて弾き易い幅の鍵盤を選んで演奏されているようです。

Change of Keys: One Piano, Three Keyboards - Haydn, Beethoven, Chopin, Schumann-Liszt, Debussy & Bartok [Steinbuhler DS]
(https://www.amazon.com/Change-Keys-Keyboards-Schumann-Liszt-Steinbuhler/dp/B01FREXBS6)

海外のアマゾンでの購入方法がこちらのサイトで詳しく解説されています。
CDが欲しい方は参考になさってください。
ちなみにこのCDの日本円での価格ですが、8/25/2016 0:58am (ET)の時点で約1,378円です。
購入金額も安い(1万円以下)ですし、革製品やお酒でもないので、多分関税や消費税は免税されると思います。

海外のアマゾンで購入する方法
(http://www.j-love.info/amazonnew/amazoncom001.htm)

現時点の為替レートでの金額をお知りになりたい方はこちらのサイトが便利です。

為替レート変換君
(http://fx.monegle.com/)


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
コメント

今日、ある方のブログに載ってましたが、

https://www.youtube.com/watch?v=BuJ0Uxl0394

こうやって、細幅鍵盤電子ピアノが移動できたら
楽ですよね~♪
酢~ [URL] 2016/08/29(月) 21:27 [編集]

酢~様
返事が遅くなってすみませんm(_ _)m
貴重な情報ありがとうございます☆

これは画期的ですね!
持ち運びのしやすさもですが、その時々で必要な鍵盤数にして使えるところも便利ですよね~
細幅鍵盤電子ピアノが売り出されたらこの案も是非提案したいですね!
LittleHands [URL] 2016/08/30(火) 08:31 [編集]

はじめまして。
私はあまりピアノに詳しいわけではないのですが、他の楽器のように演奏者の体格に合わせた細幅鍵盤があるべきという考えはとてもわかります。
このブログで紹介されていた細幅鍵盤支持の署名もしてきました。
細幅鍵盤はやく浸透するといいですよね。
みんなが体格関係なく好きな楽器を楽しめれば素晴らしいことだと思います。
たろう [URL] 2016/09/08(木) 07:42 [編集]

たろう様
コメントありがとうございます。
細幅鍵盤支持のご署名もしていただき感謝しています。

本当に、体格の大小に左右されずに誰でもピアノが楽しめる世界に早くなって欲しいものですね。
ピアノの鍵盤幅(手の大きさ)の問題は、(スポーツなど)他でもあるようなあらゆる手を尽くしても最終的に残ってしまう差とは違って、元々考慮されていなければならなかったことが見過ごされてきたために起きている、言わば"人為的"なものだということにもっとたくさんの人に気付いてもらいたいですね。

細幅鍵盤嘆願の署名者のコメントの中にある、
"Music should be possible for all people"
「音楽とは全ての人たちにとって可能なものでなければならない」
という一言に尽きると思います。
LittleHands [URL] 2016/09/08(木) 12:56 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.