FC2ブログ

細幅鍵盤を取り入れている先生方、試弾させてくださる方々、細幅鍵盤を使った講演、メディア報道など - 英語サイト和訳記事更新のお知らせ

細幅鍵盤関連の英語サイト、ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDSの以下のページの更新をお知らせします。

国際コンクールでの男女・人種別の受賞者数の違い - ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS(和訳)
http://littlehands782.blog.fc2.com/blog-entry-87.html


コンクールの結果の表が更新されています。

細幅鍵盤を取り入れている先生方 - ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS(和訳)
http://littlehands782.blog.fc2.com/blog-entry-98.html


カナダの先生が1人追加になっています。

試弾したい人を受け入れている細幅鍵盤の所有者 - ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS(和訳)
http://littlehands782.blog.fc2.com/blog-entry-120.html


アメリカとスウェーデンの方が追加になっています。

細幅鍵盤普及に向けての活動 - ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS(和訳)
http://littlehands782.blog.fc2.com/blog-entry-99.html


音楽の名門、ジュリアード音楽院で、キャロル・レオーネ博士が細幅鍵盤を使った講演を行ったそうです。

細幅鍵盤に関するメディア報道 - ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS (和訳)
http://littlehands782.blog.fc2.com/blog-entry-136.html


カナダの新聞とラジオが細幅鍵盤の話題を取り上げたそうです。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

細幅鍵盤は夢物語???

既にご存じの方もいらっしゃると思いますが、ここに大変興味深い記事があります。
YOMIURI ONLINEの発言小町という掲示板に2008年に投稿された、細幅鍵盤に関するトピです。

手の小さい人のためのピアノを作ろう

ご覧頂ければお分かりになると思いますが、ピアノの鍵盤幅や手の大きさの問題について熱い論争が繰り広げられています。
この問題について世間ではどのように思われているのか、そして“細幅鍵盤(手の大きさに合わせて鍵盤幅を変える)”という発想がどのように受け止められるのか・・・といったことがとても良く分かる良い資料だと思っています。
最近久しぶりに見て、色々と思うことがありました。

このブログを書き始めて5年以上、海外の方と連絡を取るようになってから4年以上経過し、この間、細幅鍵盤の進展についてたくさんの情報を耳にしてきました。情報の中には、まだ“予定”や“可能性”の段階にあるため公表できないものもいくつかあるのですが、そういった事も含めて思うことは、

“細幅鍵盤は既に夢物語ではなくなっている”

ということです。

そして、

“予想を遙か超えて進展が早い”

とも感じます。

“鍵盤の大きさを選べる国際ピアノコンクール”が開催されたときにこのように感じた方もいらっしゃるかもしれませんね。

冒頭で紹介した掲示板の中にも、

『きっといつか「鍵盤の差し替えは自由」というコンクールがありそうな気がしてきました。・・・出来れば国際基準でもあって「差し替え自由」の時代がくれば面白いですね。』

というコメントがあります。
「きっといつか・・・」という言葉から、もしかするとこの方は“例え実現しても相当(100年くらい?)先の話だろう”というお気持ちだったかもしれません。ですが、このコメントが寄せられた2008年から10年も経たないうちにこれは実現してしまいました。

他の批判的な方々も、“こんなの実現するわけ無い!”と思っているからこその批判なのだろうと思います。ですが、この方々がもし今の状況をお知りになったら・・・それでも意見は変わらないでしょうか?

寄せられたコメントの中で、「こうすればいいんじゃないか」とか「こうだったらいいな」みたいなご意見もありますが、実際、ほぼこういったご意見の通りに進展しているという点も面白いところです。
ちなみに、この中で指摘されているような問題点も、今となってはほとんどが解決済みですね。
掲示板の中ではケチョンケチョンに言われてしまっているトピ主様ですが、あり得ないと思われたことが“あり得た”ことを考えれば、先見の明があったと言えるのではないかと思います。
(このトピ主様と連絡が取れたら・・・と、これを見る度に思います

これからもどんな“あり得ない”実現があるか楽しみですね
今後も“夢物語”ではない情報が入り次第、このブログで発表していこうと思っています。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
プロフィール

LittleHands

Author:LittleHands
子供の頃にピアノを習い始めたものの手が小さくてすぐに挫折(^_^;)
成人してから再びピアノを習った、気ままに弾くだけの趣味のピアノ弾きです♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
参加ブログランキング
幅が選べる鍵盤の規格
◆DS鍵盤規格

DS5.1®(3/4)鍵盤
オクターブ:129~131 mm

DS5.5®(7/8)鍵盤
オクターブ:140~142 mm

DS6.0®(15/16)鍵盤
オクターブ:151~153 mm

DS6.5™(通常の)鍵盤
オクターブ:164~166 mm

※シュタインビューラー社についての詳細は、左のカテゴリ欄にあります『Steinbuhler & Company (和訳版)』をご覧ください。
おすすめサイトリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR