主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
02 * 2016/03 * 04
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
03/22
細幅鍵盤に関するブログやその他のウェブサイト - ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS(和訳)
2016年の終わり頃に、細幅鍵盤関連の英語サイト、ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS内が大幅に編成し直されました。
それに伴い、このブログでもこの英語サイトの和訳記事の内容を編成し直しています。
そのため項目があちこち移動していますが、内容自体は以前とあまり変わりませんので、何卒ご了承ください。

このページでは、英語サイトのメニューの"Resources and links"からスライドして出てくる『Other websites and blogs』という項目の和訳記事を掲載しています。

※ この翻訳文の元となる英語サイトの更新に伴い、翻訳文も2017年4月14日に更新しました。




Resources and links
リソース(供給源)およびリンク

Other websites and blogs
その他のウェブサイトおよびブログ


スタインビューラー社(キーの幅が狭いアコースティックピアノの鍵盤の米国のメーカー):
www.steinbuhler.com
フェイスブック:
https://www.facebook.com/dskeyboards

Pianists for Alternatively Size Keyboards - PASK(鍵盤サイズの選択を支持するピアニスト):
www.paskpiano.org
フェイスブック:
http://www.facebook.com/pask.piano

技術者や潜在的顧客のための、技術的な解決やリソースに焦点を合わせている以下のウェブサイト(作成中)は、Technicians for Alternatively Sized Keyboards(鍵盤サイズの選択を支持する技術者)という呼び名です。
www.taskpiano.org
以下のTASKのフェイスブック・ページもご参照下さい。
すべての人にアクセス可能な公開ページ:
https://www.facebook.com/TASKPiano/
ピアノの専門家に限定された非公開のグループ:
https://www.facebook.com/groups/TASKPiano/

テキサス州ダラスのキャロル・レオーネ博士 - ダラスのSMUメドウズ芸術学校の鍵盤学科長、国際的に認められたパフォーミング・アーティスト、教師、講演家および著述家、そして世界の第一線級の研究者の1人であり、ピアニストの健康を促進する人間工学的なピアノ鍵盤の支持者。
www.carolleone.com

ドイツとスイスの学者グループが、ピアニストとバイオリニストの手に関連した後期のクリストフ・ワグナー博士の重要な研究を継続しています。この取り組みが以下の3つのウェブサイトで説明されています。
http://www.hand-und-instrument.de/E_index.html
http://www.hand-und-instrument.de/E_pragm-handeinschaetzung.html
http://www.christoph-wagner-musikphysiologie.de/Links.html
詳細については、シュトゥットガルトにある音楽演劇大学のウルリケ・ヴォールヴェンダー(Ulrike Wohlwender)教授にお問い合わせ下さい。
u.wohlwender@online.de
ワグナー氏の要約統計の一部については、“Hand Span data手のスパンのデータ)”内の『Previous studies(先行研究)』をご参照ください。

テキサス州ダラスのピアニスト、エリアナ・イー氏は、SMU(Southern Methodist University - 南メソジスト大学)のメドウズ芸術学校で学んでいた時に、スタインビューラーの鍵盤を演奏することに関する彼女の見識を共有しています。
http://www.elianayipiano.com/single-post/2016/1/31/Making-things-easier-for-the-first-time-in-forever

オハイオ州クリーブランドのピアニストのティファニー・ゴフ氏は、以下のブログを持っています。
www.skinnykeys.tumblr.com

このウェブサイト(www.smallpianokeyboards.org)がここで日本語に翻訳されています。
http://littlehands782.blogspot.jp/

サイズを選択できる鍵盤への支持を得ようとする試みの日本における歴史に関する興味深い視点については、以下をご覧下さい。
http://littlehands782.blogspot.jp/2014/01/the-history-and-attitudes-to-smaller.html

パリのピアニストのレナータ・ビッテンコート氏は、以下の(フランス語の)ウェブサイトを持っています。
http://www.lespetitsclaviers.sitew.fr/#ACCUEIL.A

ピアニストのグレイス・チェ氏は、以下のこのような身の上話を書いています。
Thoughts for Pianists with Small Hands: A testimonial by Grace Choi(小さな手のピアニストの見解(気持ち): グレイス・チェによる証明(推薦文))
それは以下のこのページの2番目のブログにあります。
http://www.thehealthymusicianproject.com/blog

(ピアノに)取り付けられているDS5.5®鍵盤があるウィスコンシン大学マディソン校の、ピアノおよびピアノ教育学の教授、ジェス・ジョンソン氏提供。
http://feelingthesound.org/2015/07/21/small-hands-big-heart/





ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.