主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
05 * 2015/06 * 07
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
06/23
細幅鍵盤が選択できる国際ピアノコンクールが今年も開催されました!
005

前々回の記事でご紹介しましたように、細幅鍵盤が選択できるコンクールに、来年から新たにクレショフ国際ピアノ・フェスティバルおよびコンクール(Kuleshov International Piano Festival and Competition)というコンクールが加わることになりましたが、その先駆けとも言えるコンクール、DCS(Dallas Chamber Symphony - ダラス室内交響楽団)国際ピアノコンクールが、今年の3月11~14日にアメリカのテキサス州、ダラスで開催されました。

今年の審査員は、ディビッド・コレヴァーさん、マリーナ・ロマゾフさん、ラン・ダンクさんです。

Meet the Jury 2015


かなりの盛況だったようですね。
048
049

こちらはDCS国際ピアノコンクールのトロフィー。
045

最終選考進出者を待っている間に振舞われた軽食。
046

マスタークラスでは南メソジスト大学の教授の方々の指導が受けられるようで、こちらはホアキン・アシュカロ氏の指導の様子。
047


昨年も参加者の中に何人か細幅鍵盤を選ばれた方がいらっしゃったそうですが、今年は細幅鍵盤で演奏された方が3位に入賞されたそうです!
044

アンナ・アラジーさんという方だそうで、DS6.0(15/16)鍵盤を使われたそうですが、アラジーさんはコンクールの1次選考の前日に初めて15/16鍵盤に触られたのだそうです。
アラジーさんが今回のコンクールで、プロコフィエフピアノ協奏曲第1番を演奏している様子の動画が公開されています。



この動画の説明の翻訳文です。



Anna Arazi - Prokofiev Piano Concerto No 1, Dallas, March 2015
アンナ・アラジー - プロコフィエフ ピアノ協奏曲第1番、ダラス、2015年3月

この素晴らしい演奏は、ダラス室内交響楽団国際ピアノコンクールで、(15/16の差をつけた狭いキーを持つ)DS6.0鍵盤によるものです。
ダラスに到着する前、アンナの練習は標準サイズの鍵盤によるものでしたが、彼女の意思は、出場者が利用できるスタインビューラーの鍵盤の狭いキーで演奏することでした。
DS6.0による彼女の始めての経験は、3月11日の水曜日でした。この演奏は、その翌日の1次選考に迫っています!
彼女のこの悪魔のように難しい作品が示す、通常の痛みや緊張を感じることなく、彼女は狭い鍵盤にすでに順応していました。
最終的に、彼女は3位に入賞しました!




他の方々と並んでいるところを見る限りでは、割と小柄な方のようですね。
041
042
043


来年には、このDCS国際ピアノコンクールのほかにクレショフ国際ピアノコンクールも加わって、細幅鍵盤の普及に益々勢いがつきそうですね!

昨年のコンクールの様子にご興味のある方はこちらをご参照ください。

ピアノコンクールで細幅鍵盤を使用している様子と、鍵盤を交換する様子を撮影した動画


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
06/17
アンティークのスタインウェイ(7/8鍵盤付き)が売り出されました!
・・・と言いつつ、アメリカの情報ですので、ここでお知らせするのも何ですが、どなたか欲しい方がいらっしゃれば・・・ということで。

1928年製のスタインウェイA型 III、6フィート4インチ(約193cm)、クルミ材(赤褐色)。
2005年~2006年に修復、復元されたものだそうです
スタインビューラー社製のDS5.5(7/8)鍵盤が取り付けられています。
現在は、ノースカロライナ州のシャーロットにお住まいの方が所有されています。

ピアノの写真や所有者情報など、詳しくはこちら(←クリック)をどうぞ。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
06/16
細幅鍵盤の使用を認めるピアノコンクールがもう1つ増えます!
英文サイトの翻訳やら他のニュースやらに感けているうちに、今年のDCS国際ピアノコンクールの報告をするのをすっかり忘れていましたこれについてはまた後日記事を書こうと思います。
今回は、細幅鍵盤普及の大きな足がかりとなるかもしれないニュースが飛び込んできたので、先にそちらをお知らせします。

DCS国際ピアノコンクールに続いて、来年より新たにもう1つ、細幅鍵盤の使用を認めるコンクールが開催されることになったそうです!
Kuleshov International Piano Festival and Competition(クレショフ国際ピアノ・フェスティバルおよびコンクール)というコンクールだそうで、こちらがその告知記事です。

THE KULESHOV INTERNATIONAL PIANO FESTIVAL AND COMPETITION, March 3-6, 2016

この記事を翻訳しましたので掲載させて頂きます。




クレショフ国際ピアノ・フェスティバルおよびコンクール、2016年3月3~6日

美術とデザインのUCO(セントラル・オクラホマ大学)カレッジおよびUCO音楽学校と共同で、スウィギアト財団から出資されます。

● 賞金は、部門ごとに7000ドル、3500ドル以上。
● バッハの演奏解釈のための歴史的(歴史的視点の)演奏賞に対する特別な500ドルのブリスク・センター。
● ピアニストには、ドニソン・スタインビューラー規格(DS規格、手の小さいピアニストの為の代替サイズの鍵盤)のDS6.0で競技する選択権があります。詳しくはwww.steinbuhler.comを訪問してください。
● 国籍のいかんにかかわらず、2016年3月2日に年齢が15歳~22歳のピアニスト。
● 2つのカテゴリ: 高校と、大学程度の学部の学生。
● 2016年3月3~6日、オクラホマ州、エドモンド。

クレショフ国際ピアノ・フェスティバルおよびコンクールへようこそ!2016年は、オクラホマシティにおけるこの心躍るイベントの初年度を記念します。
フェスティバル・イベントは、セントラル・オクラホマ大学のキャンパスのラドキ・リサイタル・ホール、およびオクラホマシティ中心部のオクラホマ川に浮かぶ、光り輝く新しいCHK/セントラル・ボートハウスで、3月3~6日に開催されます。
ヴァン・クライバーンの銀メダル受賞者で、セントラル・オクラホマ大学のアーティスト・イン・レジデンス(〔作品制作のために〕招聘された芸術家)のヴァレリー・クレショフにちなんで名付けられ、コンクールは、ゲスト審査員、才能豊かな参加者による演奏、そして、部門ごとに7000ドル、3500ドル以上の賞金を与える授賞式で、オクラホマシティ全体の観客を魅了するよう努めます。




ちなみにこちらがこのコンクールの審査員の方々です。
この1番上のValery Kuleshov(ヴァレリー・クレショフ)氏がこのコンクールの名前の由来の方ですね。

Jurors

このコンクールで使える細幅鍵盤はDS6.0(15/16)鍵盤のみのようですが、この鍵盤が使えるだけでも助かる方は多いのではないかと思います。

それにしても、昨年初めてDCS国際ピアノコンクールで細幅鍵盤の使用が認められてから、たった1年で追従するコンクールが出てくるとは・・・予想以上の展開の早さに驚いています。
この調子で今後も増えていってほしいものですね。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
06/15
鍵盤を交換できるアップライトピアノ!?
現在、市場に出回っている細幅鍵盤ピアノは、グランドやアップライトといったアコースティックのものだけです。
電子ピアノのものは、ありそうでまだありません。
そしてこのアコースティックの細幅鍵盤ピアノでも、(アクションを含む)鍵盤部分を交換できるのはグランドだけで、アップライトでは今のところ鍵盤部分を交換できるものはありません。

細幅鍵盤の主要メーカーであるスタインビューラー社が言うには、グランドは元々鍵盤とアクション部分がピアノ本体から分離できる構造になっているのに対して、アップライトはそうなっていないからということのようです。
技術上の問題なのか、敢えてそうしないのかは分かりませんが、“普及”ということを考えれば、調律などの保守点検がこれまで通りに出来ないと困るので、今の段階では、既存のピアノの構造をあまり大きく変えてしまわないほうがいいのかもしれませんね。

恐らくですが、前回の記事のバレンボイム氏のグランドピアノのように大胆な発想で開発すれば、「鍵盤を交換できるアップライトピアノ」も夢ではないと思っています。
実際、昔ヤマハが「二段式ピアノ」という非常に珍しいピアノを開発したことがあって、下の段の細幅鍵盤が引き出しのように引っ張り出せるようになっているのですが、このようなことができる事を考えると、鍵盤部分を取り外すことも技術的には可能なのではないかと思います。



このピアノの関連記事です。

http://8107.teacup.com/hosohaba/bbs/60


細幅鍵盤関連のブログなどで度々紹介されている中田喜直さんの本、「随筆集 音楽と人生」の第4章の、『日本人と、ピアノ』の中でも、オットー・ゴールドハンマー博士が考案したという、“大小5段階の鍵盤を交換できるアップライトピアノ”というものについて触れられています。

ただ、実際にこのピアノのことが書かれているのは、ヨーゼフ・ガート氏の、「ピアノ演奏のテクニック」という本の中だそうで、中田喜直さんの本では、このガート氏の本の中の、このアップライトピアノに関する部分の記述が抜粋されていて、“この本にはその写真が出ており、大小五段階の鍵盤がある。”としか書かれてなくて、残念ながら写真は掲載されていません。
このヨーゼフ・ガート氏の「ピアノ演奏のテクニック」は、今は絶版になっていて中古でしか出回っていませんが、それがなかなかいいお値段で・・・見てみたいと思いつつもなかなか手が出ませんでした。

それが先日、偶然にもPASKを通じてその写真を入手することができたので掲載させて頂きます!

039
※ 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。
040
※ 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

ピアノ本体の写真や実際に交換をしている様子の写真などが無いので俄かには信じ難いですが、もしこれが実現可能であれば画期的ですね!
いつ頃考案されたのかは分かりませんが、写真の雰囲気はかなり古そうです。

中田喜直さんの本で抜粋されている記述の中には、
“この鍵盤はたいへん簡単な構造だから素人でも二、三分でとりかえられる。”
とあります。
見た目といい、特徴といい、スタインビューラー社の鍵盤とそっくりですね!

a_Keyboards02


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
06/07
この100年のピアノの歴史にダニエル・バレンボイム氏が新風を吹き込みました!
世界中で細幅鍵盤の普及活動をするグループ、PASK(※)よりニュースを受け取りましたので、今回はそちらをご紹介させて頂きたいと思います。
以前は"Pianists for Access to Smaller Keyboards"でしたが、今は"Pianists for Alternate Size Keyboards"に名称が変更されています。


アルゼンチン出身のユダヤ人ピアニストで指揮者のダニエル・バレンボイム氏が、ベルギーの楽器製作者のクリス・メーン氏と共に、新方式のピアノを開発し、先月の26日にロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールで初公開したそうです。



こちらがそのニュース記事(英文)です。

Daniel Barenboim unveils a brand new grand piano

こちらの記事でもピアノの音が聞けます。

BBC NEWS - Daniel Barenboim designs 'radical' new piano

日本語の記事もありますね。

ダニエル・バレンボイム氏、音質面で抜本的な改善が図られた新方式のグランド・ピアノを発表


上記の"Daniel Barenboim unveils a brand new grand piano"の記事を翻訳しましたので、掲載させて頂きます。



DANIEL BARENBOIM UNVEILS A BRAND NEW GRAND PIANO
ダニエル・バレンボイムが真新しいグランドピアノを初公開します。

ベルギーの楽器製作者のクリス・メーンと、高名な指揮者でピアニストのダニエル・バレンボイムが、革新的な新しいコンサート・グランドでピアノ界を根底から覆します。

035

ダニエル・バレンボイムは、ウィーンでのニューイヤーコンサートの客演指揮者、音楽基金の大使、(パレスチナ、イスラエル、および他のアラブの国々からの若い才能が、平和の下で共に演奏する)ウェスト=イースタン・ディヴァン管弦楽団のけん引役であるだけでなく、名高いピアニストでもあります。
ベルギーの楽器製作者のクリス・メーンと共に、今日私たちが知る形のピアノ界を変えるかもしれない、真新しい楽器を着想し、開発しました。

今日、モダン・ピアノは高度に統一されることとなりました。この100年の間、モダン・ピアノの設計には多くの抜本的な変化がありませんでした。さらに、ベルギーでコンサート・グランドピアノが造られてから80年以上経ちました。
現在、ピアノが主にアジアで造られていて、ヨーロッパにピアノ工場があまりない時代に、クリス・メーンは21世紀に向けて、このコンサート・グランドのための開発、研究および築造に投資しています。

036
写真: クリス・メーン

過去から着想を得た真新しい楽器を作製したい気持ちもあったクリス・メーンを彼(バレンボイム)に引き合わせたスタインウェイ・アンド・サンズと共に、バレンボイムは彼の考えについて意見を交わしました。
2人の巨匠は、彼らの共通のビジョンの研究を開始するために、彼らのそれぞれの音楽的および技術的な専門知識を結び付けることができました。
ちょうど15ヵ月前、バレンボイムの個人的な技術者、ミシェル・ブランドジェズは、クリス・メーンのコレクションから抜粋したいくつかの19世紀の歴史的なグランドピアノと、彼によって造られた注目に値する複製のうちのいくつかを試してみました。
その後、開発・作製され、試され、そして今日公開された、新しい楽器の詳細な構想を考えるよう当時メーンに依頼したバレンボイムと共に、楽器の音や技術的側面に関する彼の調査結果や感想が話し合われました。

ダニエル・バレンボイムは以下のように述べています。

『伝統的なストレート・ストリングス(真っ直ぐに弦を張った)楽器の透明度や音の特性は、その全範囲にわたって、モダン・ピアノにより生み出された同種の音調とはまったく異なります。リストのピアノのその音域の至る所で明確に区別できる声部や音色は、現代のスタインウェイの力、外観、タッチの均一性、調律の安定性、および技術的優位性を、これらの音質と兼ね備えることの可能性を探ろうという気持ちを私に呼び起こしました。私は同じ夢を持つクリス・メーンと共に仕事をしたことを非常に嬉しく思っており、そして私は、彼のとてつもない技術的専門知識と、伝統と革新の両方への彼の深甚な敬意を称えなければなりません。私は、伝統的な音質と現代的な長所の完全なる適合を可能にするように、私たちを呼び集め、私たちの新しい楽器のための重要な要素を伝えたことに対し、スタインウェイ・アンド・サンズにもお礼を申し上げます。』

クリス・メーンは以下のように述べています。

『生涯ずっと、私は伝説に残るほど有名で歴史上重要な楽器の複製を造ってきました。長い年月を別にすれば、私も新しいタイプのコンサート・グランドを造ることを夢見ています。19世紀のグランドピアノの非常に優れた独特の音色の多様性がどのように姿を消したかは、前々から私を驚かせていました。19世紀の終わり頃には、多くのピアノ職人がスタインウェイ・アンド・サンズの成功を真似ようとしていました。この過程で、彼らは皆、それらの独特な音色が持ち味のストレート・ストリングス(真っ直ぐに弦を張った)グランドピアノに見向きもしませんでした。結果として、20世紀は、私たちに構造や音の点が非常によく似た楽器を提供しました。そのため、私の目標がスタインウェイの別のコピーを造ることであったことは1度も無く、むしろ、歴史上の楽器の創作に関する私のすべての専門知識を取り入れ得る、異なった楽器を造ることであります。巨匠ダニエル・バレンボイムと共に働けることは、まさしく名誉なことでした。私は巨匠を非常に敬愛しており、ストレート・ストリングス(真っ直ぐに弦を張った)ピアノへの私たち共通の関心を知ることができて光栄でした。彼からの情報、信頼、および注文は、21世紀のコンサート・グランドピアノである、この新しい楽器を創り上げることを可能にしました。私にとって、それはまさに夢の実現です。』

クリス・メーンとダニエル・バレンボイムは、本日、そこでのダニエル・バレンボイムのシューベルトのピアノ・ソナタ・リサイタル・シリーズの前に、ロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールで新しい楽器を公開しました。




現在使われているモダン・ピアノの設計には、100年もの間大きな手が加えられることは無かったんですね。
今回のバレンボイム氏とメーン氏のピアノの設計はかなり大胆なものだったようで、長い間ほとんど変化の無かったピアノ界に大きな衝撃を与えたようですね。

ちなみにこちらのピアノですが、新方式以外にもう1つ特徴があるのだとPASKを通じて情報を頂きました。
ピアノの写真を見て、「おや?」と思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、鍵盤の幅が標準鍵盤よりオクターブ毎に1cmずつ細くなっています。
スタインビューラー社のDS6.0(15/16)鍵盤と、カワイの細幅鍵盤GM-12グランドの鍵盤幅もだいたいこれくらいです。
そして、中田喜直さんやショパンが使っていた鍵盤の幅もこれくらいだそうです。

バレンボイム氏は細幅鍵盤という考え方を評価されているようで、2008年の時点で既にご自身のリサイタルでも細幅鍵盤をお使いになっています。
それで今回のピアノの鍵盤もご自身の弾き易い幅に造られたのかもしれませんね。

http://littlehands782.blog.fc2.com/blog-entry-50.html


バレンボイム氏のピアノの鍵盤と標準鍵盤がどれくらい違うのかが気になったので、私なりに画像を使って比較してみました。

スタインウェイD型の鍵盤部分の画像と、今回公開されたバレンボイム氏のピアノの鍵盤部分の画像の大きさをどうにかこうにか揃えてくっつけてみました。
上がスタインウェイで、下がバレンボイム氏のピアノです。

037
※ 画像をクリックすると大きな画像が表示されます。

確かに細くなっているようですね。
もう少し分かりやすくなるように、オクターブを揃えて線を引いてみました。

038

きっちりスケールが合っているわけではないので、多少の誤差はあるかと思いますが、だいたいこんな感じかと思います。

ピアノのブランドに新たに加わった、この『Barenboim-Maene』というピアノが、今後色んなところで紹介されて、たくさんの人たちの目に触れることで、同時に細幅鍵盤(鍵盤幅を手の大きさに合わせる)という考え方の認知度も上がっていってほしいものですね。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.