FC2ブログ

スタインビューラー社での体験レポート

と言いましても、私が行ったわけではありません(出来れば行ってみたいですが…
PASK(※1)の創設者であり、主要メンバーのロンダ・ボイルさんが、先月開催されたDCS国際ピアノコンクールが終わった後に、ペンシルベニア州のタイタスビルにあるスタインビューラー社を訪問され、デイビッド・スタインビューラー氏がDS規格(※2)の鍵盤を造る様子を見学されたそうです。

(※1)PASK – 細幅鍵盤を使うことに賛成しているグループで、ピアノの鍵盤サイズに関して変化を成し遂げることに専念している国際的な運動です。具体的には、ピアノ・メーカーに細幅鍵盤のピアノを生産することを説得し、細幅鍵盤を使うことが学生や演奏者にとって大きな利益をもたらすことを、コンサート会場のマネージャー、学識経験者、ピアノ教師、ピアノコンクールの主催者に納得させようと努めています。
(※2)DS規格 - スタインビューラー社製の鍵盤幅の規格。左のプラグインにある『細幅鍵盤規格』の表をご参照ください。


016
017
019
015
014
018

ロンダさんはご自宅にスタインビューラー社製の7/8鍵盤をお持ちですが、スタインビューラー社を訪問した際に、DS規格の中で1番細い3/4鍵盤での演奏を体験されたそうです。

ロンダさんの手の大きさは、手をいっぱいに広げた親指から小指までの幅が17.8cm、人差し指から小指までの幅が12cmとのこと
私の手の大きさとほぼ同じで、恐らく標準鍵盤だとオクターブが手前から引っかける形でしか届いていらっしゃらないのではないかと思います。

ロンダさんは、スタインビューラーの7/8鍵盤をご購入されたときも、慣れるのにそんなに時間はかからなかったようですが、今回の3/4鍵盤も1、2時間以内に適応され、ショパン前奏曲を全て最後まで演奏されたそうです。
そして特に難しい曲では、7/8以上に鍵盤への力の伝えやすさ、スピードや音質の調整のしやすさを感じられたそうで、例えば、ニ長調、嬰ヘ短調、嬰ト短調、ト短調、ヘ短調、変ホ長調などが遥かに弾きやすかったとのことです。

更にロンダさんは、リストのポロネーズ第2番も弾いてみられたそうです。
この曲は最近7/8鍵盤で一部を習得していたそうなのですが、黒鍵から白鍵へと高速で進むオクターブが点在している上に、いくつかの大きなコードがやはり問題だったそうなのですが、3/4鍵盤では問題なく弾けたそうです。
今回の試弾によって、3/4鍵盤のほうが7/8鍵盤よりも更にご自身に合っていると分かったそうで、3/4鍵盤での演奏を存分に楽しまれたそうです。(羨ましい~)

今回ロンダさんはスタインビューラー氏に、3/4鍵盤の白鍵より上の黒鍵の高さをわずかに下げることで、黒鍵と黒鍵の間が多少弾きやすくなるのではないかと提言されたそうです。(ちなみにこの問題は7/8鍵盤では感じなかったそうです)
そして、スタインビューラー氏がこの調整をすることが出来ると言っていたとの報告をレオーネ博士から受け取ったそうです。

今回の3/4鍵盤の指弾に際して、ロンダさんはレオーネ博士に、“3/4鍵盤を使って幼い子どもで効果を試してみる価値はあるが、更に小さい鍵盤を造る価値があるとは感じない、エリカが子供たちから集めた手のスパンに関するデータを見たが、6歳児でも、6インチ(15.24cm)未満の手のスパンの子はいなかった。そして子どもの成長は早いので、10歳を迎えるまでには、子どもの手のスパンは一般に7インチ(17.78cm)を超えているし、ショパン前奏曲を演奏する必要がある6歳児は少ない”と提言されたそうです。

友人の子(男の子)が9歳の時に掌を合わせてみたことがあるのですが、ロンダさんと同じくらいの大きさの私の手よりもずっと小さかったのを覚えています。
この子の両親共々小柄だったこともあるかとは思いますが…エリカさんが集めた子どもの手のデータの人種の内訳が気になるところです。
日本人の子どもの手の大きさも調査してみる必要がありそうですね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト

ピアノコンクールで細幅鍵盤を使用している様子と、鍵盤を交換する様子を撮影した動画

005

先月、12~15日の4日間に亘ってアメリカのテキサス州、ダラスで開催されたDCS国際ピアノコンクール2014(※1)についてですが、新たに画像や動画が公開されたのでご紹介させていただきます。

参加者がコンクールで7/8-DS規格鍵盤(ドの左端~シの右端が140.7mm)を使って演奏している様子と、ピアノ技術者の方が鍵盤を交換している様子の動画です
YouTubeの動画の説明文を翻訳したので掲載させて頂きます。
併せてご覧ください



Artem Arutyunyan - DCS Piano Competition - March 2014
https://www.youtube.com/watch?v=13Z7C3eJLeo&list=UUgLVf_Bv6l5tfa0E64DjOrw

(YouTube説明文)

アルテム・アルトゥニアン(カメラに最も近い)は、2014年のダラス室内交響楽団国際ピアノコンクールで、より狭いキーを備えたピアノ鍵盤を演奏しました。
これは、プロコフィエフのピアノ協奏曲第3番の第2楽章からの特に能力が試されるセクションの抜粋です。

アルテムは、国際コンクールでより狭いキーを備えたピアノ鍵盤を演奏する初めてのピアニストであることによって歴史に残りました。彼が使った鍵盤は、スタインウェイのコンサート用グランドピアノに取り付けられたスタインビューラーのDS 5.5インチ(1オクターブが従来の鍵盤の1オクターブの7/8の幅である)でした。
技術者による鍵盤の交換に、2、3分しかかかりませんでした。
この鍵盤を演奏しているピアニストにとって、1オクターブを演奏することは、従来のものでの7度を演奏することに等しいです。

たとえ彼が15/16のサイズを使うことができたとしても、彼は2番目と5番目の指の間の範囲が制限されているので、7/8の鍵盤がこのタイプの作品にはずっと彼の手に合うとアルテムは知っています。より狭いキーを備えたピアノの利点を発見している多くの他のピアニストのように、彼の手のスパンに一層よく合う鍵盤で技術的な障害が大幅に減らされると彼は気付いています。そして、音楽の表現について考えるより大きな自由を彼に与えます。
アルテムはより小さな鍵盤での練習のために数日しかありませんでしたが、彼の演奏は、非常に速く適応することができ、異なるサイズの鍵盤で特に能力が試される作品を演奏することができることを明確に示しています。さらに詳しい情報については、http://www.dcspianocompetition.org/http://www.steinbuhler.com、およびhttp://www.smallpianokeyboards.orgを参照してください。



DCS Piano Competition - keyboard change - March 2014
https://www.youtube.com/watch?v=BAjXItVoPsY&list=UUgLVf_Bv6l5tfa0E64DjOrw

(YouTube説明文)

このビデオは、2014年のダラス室内交響楽団国際ピアノコンクールで、ピアノ技術者がスタインビューラーのDS 5.5インチ(より狭いキーを備えたピアノ鍵盤)を取り外して、従来の鍵盤に取り替えるのを示しています。(コンクールの間に、ピアノ自体の位置は他の理由で入れ替えられました。このビデオでは、5.5インチの鍵盤は、カメラから最も遠くのピアノにあります。) ピアノコンクールで使用されたのは初めてのことでした。
ビデオは、グランドピアノでどれくらい速く鍵盤を交換することができるか示しています。さらに詳しい情報については、http://www.dcspianocompetition.org/http://www.steinbuhler.com、およびhttp://www.smallpianiokeyboards.orgを参照してください。




今回のコンクールの優勝者は、カイル・オースさんという方だったそうです
今年の秋にダラス・シティ・パフォーマンス・ホールで開催される、ダラス室内交響楽団とのウィニング・コンサートで演奏される予定です。
ちなみに、このダラス室内交響楽団のコンサートマスターに、昨年の9月よりバイオリニストの高木和弘さんが就任されています
013

その他の参加者や審査員の方々の画像も幾つか公開されています
ちなみに前々回の3月17日の記事で画像を幾つか掲載しましたが、その後改めて大きな画像が公開されたので、こちらも併せて掲載しておきます。
012
010
007
004
008
009
006


DCS国際ピアノコンクールは、来年以降も3種類の鍵盤(従来の鍵盤、15/16鍵盤、7/8鍵盤)を選択出来る形で開催されるとのことですが、来年にはオーストラリアから代表団を迎える予定だそうです。

コンクール終了後、ロンダ・ボイルさん(※2)がペンシルベニア州のタイタスビルにあるスタインビューラー社に行かれたそうなので、次回はロンダ・ボイルさんのスタインビューラー社での体験レポートについて書く予定です。


(※1) DCS国際ピアノコンクール2014について
細幅鍵盤が、国際ピアノ コンクールで採用されることになりました!
細幅鍵盤の使用が認められた、DCS国際ピアノ コンクール2014に関する詳細
細幅鍵盤を取り入れたピアノコンクールが世界で初めて開催されました!
(※2) ロンダ・ボイルさんについて
細幅鍵盤、オーストラリアへ
PASK記事翻訳 - Part3 * PASKの構造および創立者


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
プロフィール

LittleHands

Author:LittleHands
子供の頃にピアノを習い始めたものの手が小さくてすぐに挫折(^_^;)
成人してから再びピアノを習った、気ままに弾くだけの趣味のピアノ弾きです♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
参加ブログランキング
幅が選べる鍵盤の規格
◆DS鍵盤規格

DS5.1®(3/4)鍵盤
オクターブ:129~131 mm

DS5.5®(7/8)鍵盤
オクターブ:140~142 mm

DS6.0®(15/16)鍵盤
オクターブ:151~153 mm

DS6.5™(通常の)鍵盤
オクターブ:164~166 mm

※シュタインビューラー社についての詳細は、左のカテゴリ欄にあります『Steinbuhler & Company (和訳版)』をご覧ください。
おすすめサイトリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR