主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
03 * 2013/04 * 05
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
04/27
Steinbuhler社のサイト翻訳
スタインビューラー社のサイトの記事をカテゴリに分けました。

ブログの左下のカテゴリの欄に、Steinbuhler社のサイト翻訳とありますので、そちらをクリックして頂ければ、スタインビューラー社のサイトの翻訳記事のみを読み返して頂くことが出来ます。

“細幅鍵盤ピアノ”と聞いたときに、どなたも色々な疑問を持たれるかと思いますが、その殆どの答えがこのスタインビューラー社のサイトの中に書かれています。
下手くそな翻訳文ではありますが、細幅鍵盤にご興味のある方はぜひ御一読ください。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト
04/24
シュタインビューラー社の製品 - Steinbuhler & Company(和訳)
アメリカにおける細幅鍵盤のパイオニア、シュタインビューラー社のウェブサイト(http://www.steinbuhler.com/)の和訳です。このページでは、『Products』の内容を掲載しています。

※ この翻訳文の元となる英語サイトの更新に伴い、翻訳文も2018年6月16日に更新しました。




Products:
製品:
View all
製品一覧
ViewAll_KeyboardGrandSmall
ViewAll_UprightPianoSmall


グランドピアノ用の鍵盤の提供は、
アップライトピアノ用の鍵盤の提供とはかなり異なっています。

上の写真で分かるように、グランドピアノの「アクション」は内蔵式の個別の楽器から簡単に出てきます。「アクション」は、鍵盤自体と、ハンマーおよびハンマーを動かす機構を含むアクションスタックから成ります。このアクションは私たちがあなたのグランドピアノ用の鍵盤を造るために必要なすべてであり、私たちが提供する輸送ボックス内のUPS(※1)を使用して私たちに送ることができます。その後、あなたの技術者によって私たちが造る新しい「アクション」が簡単に取り付けられます。

しかしながらアップライトピアノに関しては、1つの自己完結型の装置一式で「アクション」を取り外すことができません。この理由から、私たちはあなたのアップライトピアノ用の鍵盤は提供していません。私たちの鍵盤が既に取り付けられている新しいアップライトピアノを提供しています。

※1 United Parcel Service ・・・アメリカ、ジョージア州に本社のある大手貨物運送会社。



Keyboards for your Grand Piano
あなたのグランドピアノ用の鍵盤

DS Keyboard with a New Action Stack
新品のアクション・スタックを使ったDS鍵盤
The-Action-Web02


そのアクション・スタックが付いたグランドピアノの鍵盤は完成品一式になっており、楽器から簡単に引っ張り出すことができます。ピアノの鍵盤はフレームに取り付けられています。また、フレームにはピアノのハンマーとその複雑な作動機構などのアクション・スタックも取り付けられています。
ピアニストがキーを押すと、キーの奥の方がウィッペン[1]を押し、そしてそれがハンマー・シャンク[2]を順番に押し、そしてその後にそのハンマー・シャンク[2]によって、ハンマーが弦を叩きます。

私たちは次の2つの方法のいずれかで小さいグランドピアノのアクションを造ります。
  1. 私たちの新品のフレームにピアノの元のアクション・スタックの部品を組み込む。
  2. 私たちの新品のフレームに対して、新品のハンマーとウィッペン[1]で全く新しいアクション・スタックを製造する。
(詳しくは下記をご参照ください。)

私たちの小さい鍵盤には、角度のついたキーがピアノの全幅にわたって付いています。そして、きれいな完成した外観にするため、鍵盤の低音部と高音部の端に間隔材(filler blocks)が置かれます。
(上の写真をご参照ください。)


(1) Smaller Grand Keyboard Using the Original Action Stack
(1) 元のアクション・スタックを使用したグランド用の小さい鍵盤

あなたのグランドピアノに状態の良いハンマーとウィッペン[1]がある場合は、新しい鍵盤で元のアクション・スタックの部品を使うことを選択しても構いません。
あなたの元の鍵盤やアクション・スタックは、その後私たちが提供する箱でペンシルベニア州のタイタスビルへ送られることになります。それから私たちは、必要な寸法を測定し、新しい鍵盤を製作し、そしてあなたの元のアクション・スタックの部品を新しいフレームに組み込みますが、これには約6週間かかります。私たちはその新しい鍵盤と元の鍵盤を、2つの別々の箱に入れて返送します。あなたが日頃お世話になっている調律師の手を借りての取り付けには、わずか数時間しかかからないでしょう。元のハンマーを使用しているので、ピアノは整音の必要なくその元の音色を保持しているでしょう。あなたの調律師は元の鍵盤をいつでも簡単に取り付けることが出来ます。
価格は9,800米ドル(※2)。取り付けと送料は含まれていません。

※2 日本円で1,084,223円(06/16/2018 16:38時点 1ドル 110.635円)
現時点での価格 → 為替レート変換


(2) Smaller Grand Keyboard with a New Action Stack
(2) 新品のアクション・スタックを使用したグランド用の小さい鍵盤

新品のアクション・スタックで小さい鍵盤を造る場合は、新品のレンナー(Renner)のウィッペン[1]とハンマー・シャンク[2]を使用します。
新しいハンマーは、あなたの調律師と相談して選ばれます。私たちがピアノの採寸をした時点で、製造工程は約6週間かかります。新しい鍵盤が取り付けられた後、ピアノは5分以内に入れ替えることができる2つの鍵盤を持つことになります。新しい鍵盤には調節できる機構があり、あなたが日頃お世話になっている調律師はピアノを何も変えることなくそれを取り付けることが出来ます。これにより、1つ目の鍵盤を簡単に引き出し、2つ目の鍵盤を元の位置に差し込めるようになります。新しい鍵盤の取り付けには、所望の音にするための新品のハンマーの最終調整が含まれます。
価格は14,800米ドル(※3)。取り付けと送料は含まれていません。

※3 日本円で1,637,398円(06/16/2018 16:38時点 1ドル 110.635円)
現時点での価格 → 為替レート変換


Getting the Piano’s Measurements
ピアノの採寸

DS-Button-Web04

数十年にわたって、ピアノメーカーは様々なピアノの構造に多くの変更を加えてきました。また、メーカーの中には、ピアノごとに小さな変化を生じるような「手作り」の手法を用いるところもあります。従って私たちは、ピアノ1台につき1台の特注の鍵盤を造る前に毎回採寸をしなければなりません。これは、ピアノのアクションの採寸をするため、私たちが提供する箱でペンシルベニア州のタイタスビルにいる私たちにそれを送ってもらうか、あるいは、ピアノ用の当社のテクニシャン・キット(Technician's Kit)を使う訓練を受けている技術者を私たちが派遣するという方法で行われます。その測定は非常に正確で、特注の鍵盤の製作が開始される前に、シュタインビューラー社の代表者とこの方法について議論する必要があるためです。

a_Bass-Treble-Web04_LR

私たちの鍵盤は、パワーや感触、あるいは反応を損なうことが無いように設計されています。

キャプスタン[3]からキーの前面の接触点までの線がバランスレールピン[4]を通ります。これにより横方向の揺れと摩耗がほとんど無くなります。

7/8の鍵盤に関しては、最初の15個のキーが補強されているので、重い低音のハンマーを加速している間にキーが捩れてパワーを損なうことはありません。

キーが切断されるよりはむしろ、それらは木材の木目と一直線になって回転します。強度を上げるためにカエデ材が使われています。

キーの後部が細くなって重みが除去されますが、その後、キーの前部に重りを付け加えるという従来の方法を用いてキーに重み付けをします。元のキーと新しいキーの重さはほぼ同じです。

*注釈: ピアノの部品*
[1] ウィッペン: Wippen
[2] ハンマーシャンク: Hammer Shank
[3] キャプスタン: Capstan
[4] バランスレールピン: Balance Rail Pin



Upright Pianos
アップライトピアノ

Charles R. Walter
Upright Pianos

チャールズ・R・ウォルター
アップライトピアノ
Walter-Piano-Web02_s

ウォルター・ピアノ社(Walter Piano Company)は、当社の鍵盤を取り付けたアップライトピアノを製造しています。
あなたが望むモデル、スタイル、仕上げ、サイズの鍵盤を選択します。最初の低音キーの前面にあるDSボタンは、鍵盤が主要な大学で研究されているものと同じDS5.5™、あるいはDS6.0™のサイズであることを保証しています。

ウォルターによって製造されるピアノは、音色の豊かさと低音の充実度で知られています。
米国で今もなおピアノを製造している主要企業は、スタインウェイ(Steinway)メイソン & ハムリン(Mason & Hamlin)、そしてチャールズ・R・ウォルター(Charles R. Walter)の3社のみです。

あなたはシュタインビューラー社から直接、チャールズ・R・ウォルターのアップライトピアノを購入することになります。
ここに表示しているスタイルは、ウォルターのスタジオ・アップライトです。維持費の面で最も寛容であるため、私たちは黒檀梨地仕上げをお勧めしています。黒檀梨地仕上げのウォルターのスタジオ・アップライトの当社価格は12,800ドル(※4)です。この価格には、ウォルターの工場から米国本土のあらゆる場所までの直接の送料が含まれています。
ピアノには、部品、材料および製造上の欠陥について12年間の完全保証が付いています。

※4 日本円で1,416,128円(06/16/2018 16:38時点 1ドル 110.635円)
現時点での価格 → 為替レート変換

その他のピアノのモデル、スタイル、および仕上げをウォルター・ピアノのウェブサイトにてご参照ください。どのピアノにもDS5.5 ®(7/8)鍵盤、またはDS6.0 ®(ユニバーサル)鍵盤を組み込むことができます。私たちにご連絡ください。あなたのご興味に合うスタイル、仕上げ、オプションのお見積りをさせて頂きます。
海外に出荷されるピアノについても別途お見積もりいたします。


チャールズ・R・ウォルターのアップライトの内部:
素晴らしい音色と非常にしっかりした造りの理由

長い弦:
ウォルターのアップライトには、市場に出回っている高さ51インチ(約129.5 cm)未満のその他のピアノよりも長い弦が使われています。
もしあなたが強大な低音や十分な音色を目的とした長い弦を手に入れるために、5フィート10インチ(177.8 cm)のグランドピアノ以上のものが必要だとお考えであれば、そのときはチャールズ・R・ウォルターのアップライトピアノを試して頂く必要があります。

大きな響板:
ウォルターのアップライトの響板は、ほぼ2,100平方インチ(約13,548 cm²)の無垢のトウヒ材です。それはほとんどの5フィート8インチ(約172.7 cm)のグランドピアノの響板よりも大きなものです。長い弦と大きくしっかりしたトウヒ材の響板は、ピアノの美しい音色のために不可欠なものです。

均一なタッチと素早い反応:
ウォルターのアップライトの「弾き心地」は、大きなスタジオサイズのアクションと、入念にバランスがとられた、特別に長いグランドピアノのようなキーによってもたらされます。
ウォルターのアップライトピアノには、あらゆるブランドのコンソールやスタジオピアノの中で最も長い、16インチ(40.64 cm)以上のキーが備えられています。キー1つ1つには、最高級のグランドピアノのような重みが付けられています。

100%純粋なランバー・コア:
ウォルターのピアノにおいては、木片ボードやチップボード、あるいはボール紙といったものが見つかることは無いでしょう。巨大な響板ですら積層ではなく、純粋な無垢のトウヒ材です。その結果として、充実した豊かな響きや美しい外観が実現できるのです。

ウォルター・ピアノのウェブサイトより:
チャールズ・R・ウォルター(Charles R. Walter)氏が、自身の同族会社で製造されるあらゆるピアノに品質への署名(Signature Of Quality)が付けられている理由について説明しています。
ウォルターのピアノに組み込まれている多くの独自の設計の特徴(Unique Design Features)についての更なる詳細をご確認ください。
洗練された楽器の構造(Anatomy of a Fine Instrument)をお確かめください。




ピアノの構造についての詳細なサイトです。
ご興味のある方はどうぞ。

the piano deconstructed
The Construction of the Piano


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
04/18
音楽家のための憩いの家 ~最期まで自らの尊厳を保ち、誇りを持って生きる~
詳細はこちらに書かれています。

ジュゼッペ・ヴェルディ財団 音楽家のための憩いの家
Casa di Riposo per Musicisti Fondazione Giuseppe Verdi


ジュゼッペ・ヴェルディ(ジュゼッペ・フォルトゥニーノ・フランチェスコ・ヴェルディ:Giuseppe Fortunino Francesco Verdi)といえば、数々のオペラを作曲した作曲家ですが、どんなにオペラに疎い人でも、レクイエム(原題:Messa da Requiem per l'anniversario della morte di Manzoni 「マンゾーニの命日を記念するためのレクイエム」)の怒りの日(Dies Iræ) は聞いたことがあると思います。

そのヴェルディが晩年、私財を投じて建てた音楽家のための老人ホーム「音楽家のための憩いの家」。
現役を引退した老音楽家の方々が余生を送っている施設で、ヴェルディ自身も妻のジュゼッピーナと共に施設の敷地内に眠っています。

ほんの数ヵ月間だけですが、私も老人福祉施設(グループホーム)に勤めていたことがあり、そのときホームヘルパー2級(今月から「介護職員初任者研修」に変わりました)を取得しました。

“最期まで自らの尊厳を保ち、誇りを持って生きる”

詳細記事の文末近くに書かれているこの言葉、資格取得のとき受講した講座で使っていたテキストにも、これと同じ事が何度も何度も繰り返し書かれていました。
ですが実際に施設で勤めてみると、この言葉が実現されているとは言い難いように感じました。
職員には一生懸命努力されている方も居るのですが、正直、職員の力だけでは限界があるように思えてしまいました。
入所者の方々にはこれまでの人生があって、誇りにされてきたものや、人生の拠り所にされてきたものがあるのに、それらを本当の意味で守っていくことがとても難しかったです。

施設の職員に、社交ダンスをされていた方のダンスのお相手が出来るでしょうか。
将棋や囲碁の愛好家の方と、対局のお相手が出来るでしょうか。

ちなみに将棋や囲碁の対局はだいたい一局につき30分~1時間位かかりますが、職員が1人にそこまでじっくり付き合う余裕はなかなかありません。
それ以前に、社交ダンスも、将棋や囲碁も、やるにはそれ相応の経験が必要ですよね。

入った施設にたまたま同じ仲間が居れば良いのでしょうけど…。
こういうものって、やらない人にとっては何でもないものに思えますが、ご本人にとっては大事な心の支えになっていることも多いと思います。

この音楽家のための憩いの家をモデルにした、名優ダスティン・ホフマン監督の映画「カルテット」が明日公開されるそうですが、映画のCMで観た1シーンで、1人の老女が施設に入るなり言い放ったセリフ、「刑務所みたい」という言葉に思わずドキッとしてしまいました。
施設に勤めていたときに内心感じていたことだったので…。

こんな状況を目の当たりにしてしまうと、つい“長生きなんかしたくないなぁ…”という気持ちに傾いてしまいます。
それが、「音楽家のための憩いの家」のことを知ったとき、“是非こんな施設に入りたい!”と初めて思いました。実際この施設では、音楽を学ぶ若者も一緒に暮らしているみたいですね。

まだ若くて元気だと、なかなか自分が老人になったときのことなんて想像出来ないと思いますが、途中で病気か事故にでも遭わない限り、誰でも必ず老人になります。

そのときに自分ならどんな余生を送りたいか、どんな施設なら入りたい(利用したい)と思うかと考えることが、本当の福祉の在り方を考える上では重要なことではないのかな、と思いました。
少なくとも、自分が入りたいと思えない施設にはお年寄りだって入りたくないですよ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
04/15
あなたの手の大きさはどれくらい? - Steinbuhler & Company(和訳)
アメリカにおける細幅鍵盤のパイオニア、スタインビューラー社のウェブサイト(http://www.steinbuhler.com/)の和訳です。このページでは、『Measuring Hand Span』の内容を掲載しています。

ちなみにこのページ内にある“Hand Gauge”の寸法は、パソコンのディスプレイ上では合っていません。少し小さいです。
ご自身の手を正確に測定してみたい方は、印刷して寸法を合わせてから測定することをお勧めします。
1インチ = 2.54cmですが、一番合わせやすい寸法で2インチ = 5.08cmですので、赤線の2目盛り分が5cmになるように拡大か縮小して頂けばだいたい正確な寸法になると思います。

※ この翻訳文の元となる英語サイトの更新に伴い、翻訳文も2018年5月19日に更新しました。




What is your Hand Span?
あなたの手のスパンはどれくらい?

この表は手のスパン(親指と小指とを張った長さ)のデータで、2004年のMTNA全米大会で集められました。
規格と区間の制定に関する論考については、Our Research私たちの研究)をご覧ください。

HandSizeChart
(画像をクリックすると大きく表示されます)

定規を使ってあなたの手のスパンを測定して、上記の表に示されている、手と区間とを比較する方法をご覧ください。下のHand Gaugeに描かれているのと同じように、定規の上に手をありのままに広げて測定してください。

Hand-Gauge
(画像をクリックすると大きく表示されます)

あなたの手のもう1つの興味深い測定をするには、Hand Ratioをご参照ください。

キャロル・レオーネ博士は7.8インチ(19.8 cm)の女性の平均的な手のスパンです。
下記は、彼女がショパンのバラード第1番ト短調、Op.23で見つかる大きな和音(E7)を演奏している写真です。上の写真は7/8鍵盤での彼女の手を表し、下の写真は標準鍵盤での彼女の手を表しています。

DS5.5™ 7/8鍵盤
Carol_s-Hands_01

DS6.5™ 通常の鍵盤
Carol_s-Hands_02




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
04/13
「音楽家の手」の専門医 酒井直隆医師
前回翻訳したSteinbuhler社のサイトの“Our Research”の記事に登場していました、酒井直隆医師に関する記事をいくつか見つけたので、まとめてご紹介させていただきます。

音楽家専門外来のご案内

宇都宮大学 工学部
酒井直隆 教授
工学と医学が融合した生体工学、医用工学、福祉工学の研究を行う


2007.08.29
PTNA(ピティナ)ピアノセミナー
第28回 酒井直隆先生 「手の痛みとピアノ奏法」


2008.2.21
YAMAHA音楽振興会
宇都宮大学 工学部 酒井直隆 教授 インタビュー


2012.01.31
医療新世紀 MEDICAL NEWS
痛みを招く手の酷使
楽器演奏で高頻度
音楽家外来で治療を



音楽家の手に関する書籍も出版していらっしゃるようですので、こちらもご紹介させていただきます。

ピアノを弾く手 ピアニストの手の障害から現代奏法まで
『ピアノを弾く手 ピアニストの手の障害から現代奏法まで』
著者:酒井直隆
出版社:音楽之友社; A5版
発売日:2012/9/21
単行本:120ページ
目次:
はじめに 手の痛みから現代ピアノ奏法へ
第1章: ピアニストの理想の手
第2章: 手のしくみとピアニストの手の障害
第3章: ピアノ機構の発展と奏法
第4章: 手の痛みから奏法の変革へ
おわりに ピアノ奏法はどこに向かうか
参考文献
あとがき


解決! 演奏家の手の悩み ピアノの症例を中心に
『解決!演奏家の手の悩み~ピアノの症例を中心に』
著者:酒井直隆
出版社:ハンナ
発売日:2012/5/19
単行本:88ページ
目次:
ケース1 腱鞘炎とバネ指
ケース2 肘の痛み
ケース3 手のひらの筋肉痛
ケース4 手の甲の痛み
コラム1 右手を失ったピアニストたち
ケース5 指先の痛み
ケース6 小指の関節痛
コラム2 ピアノの鍵盤幅は変えられないのか?
ケース7 指先の冷え
ケース8 手のしびれと肘部管症候群
ケース9 手根管症候群
ケース10 親指の関節症
コラム3 ショパンの知られざる遺作-ピアノ奏法書
ケース11 腰痛
ケース12 五十肩
ケース13 肩こり
コラム4 病と闘う-あるピアニストの生涯
ケース14 ジストニア
ケース15 ジストニア
ケース16 ジストニア
コラム5 ヘラクレスとスーパー・レディ-ある超人的師弟
ケース17 ガングリオン
ケース18 突き指の応急処置
ケース19 やけどの応急処置
まとめ 演奏家の手の故障のあれこれ

↑ 目次を見ると、鍵盤の幅についても触れられているみたいですね。


音楽家の手 臨床ガイド
『音楽家の手 臨床ガイド』
編著:イアン・ウィンスパー/クリストファー B ウィン・ペリー
監訳:酒井直隆/根本孝一
出版社:協同医書出版社
発売日:2006/04
単行本:210ページ
目次:
第1章 音楽家の概説
第2章 音楽家の手と腕の痛み
第3章 インターフェイス
第4章 誤用と使い過ぎ
第5章 外科的評価:落とし穴の避け方
第6章 手術の適用,計画,手技
第7章 具体的な疾患
第8章 デュピュイトラン拘縮
第9章 絞扼性神経障害
第10章 音楽家の外傷に対する特別な外科的治療
第11章 セラピストの役割
第12章 特異的な外科的疾患
第13章 楽器のインターフェイスの調整
第14章 ジストニア
第15章 音楽家の気質
第16章 演奏心理学と音楽家の手
第17章 薬物と舞台恐怖症
第18章 楽器演奏と重度変形の手
[付録]熱可塑性プラスチック・スプリント素材 用語解説


ピアニストの手 障害とピアノ奏法
『ピアニストの手 障害とピアノ奏法』
著者:酒井直隆
出版社:ムジカノーヴァ; A5版
発売日:1998/5/1
単行本(ソフトカバー):110ページ
目次:
第1章 シューマンの手の障害
第2章 100年前に報告されたピアニストの障害
第3章 指の独立性を高めるための手術
第4章 手の構造とピアノ演奏
第5章 こどもの手の発育と早期教育
第6章 ピアノ奏法理論の歴史
第7章 ホロヴィッツの不思議な奏法
第8章 左手の機能の話
第9章 私の経験から


ピアニストの手の障害について詳しく知ることで、今のピアノの問題が見えるようになると思いますし、鍵盤幅を細くする必要性も感じて頂けるのではないかと思います。

元々現在のピアノの鍵盤より細い鍵盤で作曲された曲を、太くなった鍵盤で当たり前のように弾くことを要求する現在のピアノ教育の矛盾。
尚且つ、細い鍵盤で男性が作曲した曲を、男性よりも相対的に手が小さい女性に太い鍵盤で弾かせる理不尽さ。
それに伴う深刻な手の疾患。

歴史的・医学的に見て、細幅鍵盤を否定する理由が何かあるでしょうか?
ピアノを弾く全ての人の手の健康と、ピアノ界の未来の為にも、そろそろ鍵盤幅を見直す時期に来ているような気がします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
Copyright © 2018 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.