主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
07 * 2012/08 * 09
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
08/26
細幅鍵盤ピアノの所有者の方へ
このブログを読んでくださった方の中で、もし今現在細幅鍵盤ピアノを所有している、若しくは、所有している方をご存知の方がいらっしゃいましたら、ご購入されたときの事や、その後のメンテナンス等をどのようにされているかなどの体験談をお聞かせ頂けないでしょうか。

記事で紹介致しましたSteinbuhler社とウイスタリアピアノ製作所以外にも、以前細幅鍵盤ピアノを製造していた某大手メーカー2社やクロイツェル・ピアノに関する体験談でも構いません。
細幅鍵盤ピアノの購入に関するお話であれば、どんなことでも聞かせて頂きたいと思っております。

宜しくお願い致します。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト
08/22
細幅鍵盤、オーストラリアへ
前回の記事にあります、ウォリックによるピアノ技術者のギルドニュース記事の“First DS Keyboard installation”の翻訳文です。
グランドピアノへの細幅鍵盤の設置の様子が書かれています。



「ピアノ技術者ウォリック・ドルトンによる、オーストラリア・メルボルンからのギルドニュース記事」

『南半球で初の7/8-DS鍵盤設置』

昨年、ワークショップがデイビッド・スタインビューラーの7/8という概念の鍵盤を披露するために、すぐにセッティングしたという短い通知が来ました。7/8鍵盤って何?デイビッド・スタインビューラーって誰?とあなたは尋ねるでしょう。

7/8鍵盤とは、グランドピアノのための、標準鍵盤の7/8の寸法の鍵盤です。それは既存のアクションを、交換可能な両方(標準鍵盤と7/8鍵盤)のアクションに取り替えるというものです。

デイビッド・スタインビューラーとは、家族がアメリカのタイタスビルで織物工場を所有している技術者です。1991年にナイアガラ・オン・ザ・レイクのB&Bに滞在中、彼はコンサート用グランドピアノが7/8鍵盤であることに気付きました。ピアノの持ち主は、自分の手が小さいことが多くのすぐれたピアノ・レパートリーをマスターする妨げになっていると理解し、1970年にそのピアノを造ったそうです。

デイビッドは詳述します。『これは自分に与えられたチャンスだと思いました。私にはコンピュータ・プログラミングの経験がありましたから、鍵盤をコンピュータ・データベースから造るというアイデアは興味をそそられました。まして、私はピアノ産業に関して何も知りませんでした。ピアノの造り方に関する先入観が無く自由でしたから、最初は趣味としていじるところから始まりました。事の成行きで1994年夏に、私たちの織物工場の船積みドックの上で、コンピュータのルータを用いて、最初の鍵盤を造りました。』
この鍵盤の製造は、ピアノを測定するという問題を生み出しました。デイビッドがアメリカ中を旅行して測量することはできますが、それでは海外からの注文に応えられず非実用的です。従って、オーストラリアへの旅行は、測定だけでなく、必要な測定の出来る有能な専門家を見つけることでもありました。

デイビッドは、正確な測定を可能にするためのジグと測定ツールのキットを供給しています。
彼は、アメリカの大学のために沢山の7/8鍵盤を造り、そして今、地元の音楽家ロンダ・ボイルのピアノ、バーンスタインSG-185Rへのフィッティングをする為、初めてオーストラリアに到着しました。

a_DS-keyboard-_-RhondaWeb02.jpg

実のところ、設置をする土曜日の朝、若干の不安を感じながらロンダの家に着きました。非ピアノ人が造った完全なピアノ・アクションが、地球の反対側の楽器に大きな災難をもたらすのではないかと思ったからです。
アクションが箱から出され、既存のアクションが取り除かれました。そして、新しい7/8鍵盤がピアノにすべり込みました。それはちゃんと動きました!細幅鍵盤に不慣れであった為、演奏時のオクターブが9度になり、耳障りな音がありました。しかしながら、ロンダは15分間の練習の後コツを掴みました。そして、彼女の微笑が全てを物語りました。

ピアノはどんな形であれ変更されません。ラナー・アクションの部品とアーベル・ハンマーを使ったアクション部分はオリジナルと素早く入れ替えられます。それは4時間の調整と整音で完成に至ります。(ウォリック・ドルトン)

a_Conventional-in-Bernstein-W.jpg
a_DS-Keyboard-in-Bernstein-We.jpg



記事を読んでみての素朴な疑問。
もし、ロンダ・ボイルさんのように、Steinbuhler社の鍵盤を日本にも輸入して取り付けようとした場合、果たして日本のピアノ技師の方々は協力してくださるのかどうか…設置後のメンテナンスはどうしているのかなど、色々気になりました。

実際にロンダ・ボイルさんが設置していらっしゃる以上、その辺りもどうにかしているはずですし、英語が堪能であれば問い合わせて聞いてみたいところですが…
日本の某大手メーカーが細幅鍵盤ピアノの製造から撤退している今、日本でもそういった問題がクリア出来るのであれば、Steinbuhler社の鍵盤を是非買いたいと思う方は多いのではないでしょうか。

ちなみに、某大手メーカーは撤退していますが、日本でも細幅鍵盤ピアノの受注を受け付けているピアノメーカーはあります。

ウイスタリアピアノ製作所
http://www.wistaria.com/

ご興味のある方はお問い合わせされてみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
08/21
細幅鍵盤海外事情 * Steinbuhler社の記事 Part7
Our Story”の翻訳もようやく佳境に入りました。あと一息

今回の分は、『First International Sale using our new Technician’s Kit』と、『First Piano Manufacturer Installing Our Keyboards』です。



a_DS-keyboard-_-Warwick-Web05.jpg

『First International Sale using our new Technician’s Kit』

オーストラリアのメルボルンのロンダ・ボイルは、2007年の1月に、最初に私と連絡をとりました。
自分のピアノのために7/8鍵盤を得るための彼女の主張および決定は、海外にあるピアノにはめ込む鍵盤を組み立てるために、非常に正確な測定を必要とする問題に取り組むように私に強く求めました。世界中の技術者が正確さを重んじるこれらの寸法を得ることができる、絶対的に確実な方法を、私は必要としました。
2008年は、私が仕事をするための手段を開発したことで、洗練された技術者の道具一式の年になりました。11月に、私は道具一式と一緒にオーストラリアへ飛び、ロンダに会い、彼女のピアノを測定し、メルボルンで私達の専門家としてウォリック・ドルトンを使用する決定を下しました。
私は家へ飛び、私達のコンピューターの中にデータを入れて、ロンダの鍵盤を組み立て、ウォリックが設置を行った彼女の所へそれを送りました。
ウォリックは以下のように言って返事を書きました。「ロンダの7/8のアクションの設置はほとんど完璧でした.... 4時間の調整は、新しいピアノがいくつか要求したことが実に僅かで、それが完璧に至らせる要求の全てでした。ロンダは喜んでいます!次の設置を楽しみにしていてください!」

ロンダのものは、北アメリカの外での、私達の最初の鍵盤です。彼の経験に関する、ウォリックによるピアノ技術者のギルドニュース記事を読むには、First DS Keyboard installationをご覧ください。より詳細な情報と価格設定に関しては、Grand Retrofitをご覧ください。



a_Piano-2-Web-Small02.jpg

『First Piano Manufacturer Installing Our Keyboards』

ウォルター・ピアノ社は、私達の鍵盤で造られた彼らのピアノを、世界中に売ることを認める最初のメーカーです。私達がアップライトピアノを改造しないので、これはアップライトピアノにより小さな鍵盤を提供する要求を満たします。彼らが望むウォルターアップライトピアノのモデル、スタイル、そして仕上げを、私達の顧客は選び、私達は鍵盤を供給します。そして、ウォルター・ピアノ社がピアノを造ります。

ウォルター・ピアノ社とは、彼らの製品の品質に関する非の打ちどころがない名声を築き上げた、米国にある家内企業です。彼らのアップライトピアノは、トーンの豊かさと低音の豊かさで知られています。それらの長い鍵は、私達のDS鍵盤でのより高い角度に対応するために、特に適しています。彼らは精密ですばらしい楽器の製作のあらゆる面に注意を払います。そして、私達は彼らと働けることに喜びを感じています。

私達は最近、オーストラリアのシドニーに海外へのDS鍵盤でウォルター工房のアップライトピアノを出荷して、ピアニストが7/8鍵盤で自由に体験してよいもう一つの代表的な都市を確立しました!ピアノと、それらの価格設定に関するより詳細な情報については、ウォルター・アップライトをご覧ください。



Steinbuhler社の細幅鍵盤がついに北アメリカを飛び出し、日本をすっ飛ばしてオーストラリアへ上陸した模様ですさて、日本上陸はいつのことでしょう。

やはりアップライトピアノで付け替え式にするのは難しいのでしょうか。
それこそ、日本の高い技術力によってアップライト用の付け替え式鍵盤が開発されたら、それは素晴らしいことだと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
08/18
細幅鍵盤海外事情 * Steinbuhler社の記事 Part6
アメリカでの細幅鍵盤推奨に関する動きが色々と見えてきましたね
お次はどんな内容でしょうか。下手な翻訳頑張ります

今回の分は、“Our Story”の『The National Conference on Keyboard Pedagogy 2007
Tradition and Transformation: Learning, Playing, and Teaching Outside the Box』と
『Another Powerful Demonstration』です。



『The National Conference on Keyboard Pedagogy 2007
Tradition and Transformation: Learning, Playing, and Teaching Outside the Box』

より小さな鍵盤を付けていたスタインウェイ・コンサート用グランドピアノを演奏しているキャロル・レオーネ博士によって、会議の初日はコンサートでの7/8鍵盤の使用を特徴としました。コンサートの後に、ピアノは、出席しているすべてが個人的に鍵盤を経験できるように別々の部屋に展示されていました。

7/8鍵盤に関する教育的な2つのビデオがマリオ・Ajeroによって作られました。

See Video Part 1

● 従来の鍵盤を演奏していて、そして、すぐに同じ部分を7/8鍵盤で演奏しているキャロル・レオーネ博士。鍵盤を変えることは、彼女が簡単に学んだ技術で、ビオラとそれからバイオリンを演奏することと類似しています。

● 彼女の演奏の後に、従来の鍵盤と、そして、7/8鍵盤でコードを演奏する彼女の手の形を聴衆に示すキャロル・レオーネ博士。

● スタインウェイ・コンサート用グランドピアノから従来の鍵盤を取り外して、それを7/8鍵盤と入れ替えることの容易さの実証。

See Video Part 2

● 初めて彼女と共に7/8鍵盤を使うミラーズビル大学からのアニタ・レンフロー博士がコメントします。

● サラ・エヴァンズとボブ・ジョーンズ大学からのピーター・デービス博士は、より小さな鍵盤を演奏することに適応するピアニストの能力を試した彼らの研究の結果を共有します。5日の間、1日あたり1時間練習したピアニストが、短い時間で精度におけるかなりの改善を見出しました。受け止め方の調査は、彼らピアニストが予想していたより速く適合することを明らかにしました。



a_ProformaVisionWeb05.jpg

『Another Powerful Demonstration』

鍵盤教育学2009に関する国内会議では、キャサリーン・ライリー博士は、ビデオと筋肉緊張でピアニストの演奏をモニターする(リアルタイムに視覚的な反応を与える)ProformaVisionという新製品で、彼女の研究を示しました。その使用は、教師が確実な方法で指導していることを証明するのに役立っています。
ジュリアード・ピアノ部門の議長ベーダ・Kaplinskyは述べた。「キャサリーン・ライリーの研究とProformaVisionは、我々の教職のとてつもなく大きな助けです。最後に、私たちは、私たちの学生が演奏するとき、何が起こっているかを見ることができます。それは、ピアノ・テクニックに関して正しいことの反駁できない証明です。」
MTNA (Music Teachers National Association)の前会長、ゲイル・ベレンソンは述べた。「ProformaVisionは、彼らが演奏するときに生理学上何が起こっているかについて、最終的に学生と教師が確かめることを可能にします。それらは彼らが演奏する際に、より大きな効率とたやすさを成し遂げるために、器具へ物理的に近づくための変更を加えることができます。」

キャロル・レオーネ博士が、最初に私たちの7/8-DS鍵盤でショパンGマイナー・バラードを演奏したときと、キャサリーンが従来の鍵盤でのキャロルに説得力のあるProformaVisionツールを取り付けた後、私のための会議で最も注目を集めました。
(円で囲まれたエリアでちょうど示されました) グラフに示される筋肉緊張反応は、注目に値します。7/8鍵盤で演奏される曲の通常のストレスの波形は、従来の鍵盤で演奏されるときの罫線分析をやめたようになりました。これは、再び、彼らの手に合う鍵盤を、ピアニストに提供する重要性を示している科学的証拠でした。



アメリカのあちこちの大学で、細幅鍵盤を使ったピアニストの手と鍵盤の大きさに関する医学的な研究が進んでいるようですね今後に期待したいところです
この研究によって、手の痛みや腱鞘炎などに苦しむピアノ弾きさんが救われる日が1日でも早く来る事を願わずにはいられません。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
08/17
点と点が繋がりました! ~細幅鍵盤の広がり~
先ずは前回の記事で書きましたピアニストの芳村英里さんについてですが、こちらのブログ記事にて詳しく紹介されています。是非、ご一読ください。

『細幅鍵盤のススメ  ~ショパンとピアノと鍵盤と・・・小さい手~』
芳村英里先生、Kris Chesky先生による論文を読んで
『細幅鍵盤の推進活動中 (オクターブが楽に届くピアノがあれば・・』
細幅鍵盤のピアノ演奏者

Steinbuhler社の記事の翻訳を前回まで終えてみて、ピアニストの芳村英里さんにSteinbuhler社との接点があることが分かりました。それまでは、芳村英里さんが一体どのような切っ掛けで、そしてどうやって細幅鍵盤(15/16鍵盤)を用いての演奏会をなさっているのか不思議に思っていたのですが、これで納得出来ました。

芳村英里さんが留学されたアメリカのノーステキサス大学について、前回の翻訳部分『Growing University Interest and Research』に記載がありました。
ノーステキサス大学ではSteinbuhler社の15/16鍵盤が導入されており、そこで教鞭をとっているクリス・チェスキー博士が、「Texas Center for Music and Medicine(“音楽と医学のためのテキサス・センター”と翻訳しました)」でピアニストの怪我についての医学的な研究をしているというような内容ですが、その研究に芳村英里さんも加わっていらっしゃるようです。

『Texas Center for Music and Medicine』
http://music.unt.edu/tcmm/content/faculty-directors/eri-yoshimura

『細幅鍵盤のススメ』の記事の冒頭で、芳村英里さんとクリス・チェスキー博士の論文が紹介されています。
どうやら『細幅鍵盤のススメ』が書かれた頃と論文の場所が移動しているようなので、現在のURLを掲載させて頂きます。この論文もそのうち翻訳して読んでみたいですね。

『The Application of An Ergonomically Modified Keyboard to Reduce Piano-Related Pain』
http://digital.library.unt.edu/ark:/67531/metadc84156/

ちなみに「Texas Center for Music and Medicine」には、日本人は芳村英里さん以外に、しゃもと よしこさん(字が分かりません)という方もいらっしゃるようです。
『Texas Center for Music and Medicine』
http://music.unt.edu/tcmm/content/faculty-directors/yoshiko-shamoto

こういった方々が、いずれ日本でも細幅鍵盤の研究を広めてくださればと期待してしまいますね

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
08/13
細幅鍵盤海外事情 * Steinbuhler社の記事 Part5
また前回の更新から間が空いてしまいました
やっと“Our Story”の次の記事の翻訳が出来ましたので掲載させて頂きます。
今回の分は、『Growing University Interest and Research』と『Working With Children』です。



a_Nicole_s-Recital_1.jpg

『Growing University Interest and Research』

南メソジスト大学は、練習部屋にこれらのコンサート・ホールのための7/8鍵盤、および7/8鍵盤を備えた2つのアップライトピアノを購入しました。ローラ・ディール博士の指導のもとにテキサス工科大学は、ローラ・ディールのスタジオのスタインウェイB型の1つ、これらのコンサート・ホールの為の1つ、および練習部屋のアップライトピアノの1つ、計3台の7/8鍵盤を用いて授業をしています。ローラは、従来の鍵盤に対する7/8鍵盤のために、異なる年齢、性別、手のサイズのピアニストの選択を測定する研究を始めました。南メソジスト大学とテキサス工科大学の両方の学生はそれらのリサイタルを上演し、2つの大学は共同リサイタルでお互いと協力しました。彼らの研究は、代替鍵盤で弾く容易さと実用性を示しています(南メソジスト大学の学生の推薦状

パメラ・ミア・ポール博士とクリス・チェスキー博士は、ノーステキサス大学で15/16鍵盤を使って教えています。クリスは、痛みと戦うピアニストが高い割合で増加していることが医学的問題と関連しているという証拠に対処するための正式な研究を開始した、音楽と医学のためのテキサス・センターの責任者です。彼らは、これらの問題がなぜ起こるのか、そして、これらの危険がより小さな鍵盤を使うことで減らされるかどうかを理解しようと努力しています。彼らの仕事の有益なニュースビデオに関しては、Injured from Tickling the Ivoryを見てください。

ネブラスカ大学リンカーン校で7/8鍵盤を使って、ブレンダ・Wristen博士もピアニストの間で怪我を引き起こす要因の正式な研究を始めました。彼女は、異なるサイズの鍵盤を演奏するときの、ピアニストの筋肉にかかるストレスを電子的に測定するために、工学部でスーザン・ホールバック博士と協力します。彼らの研究結果は、疲労のレベルの大きな差を示しています。彼らの仕事のニュースビデオに関しては、Ergonomists Measure Benefits of Keyboard for Smaller Handsを見てください。



a_AaronAtPaino02_1.jpg

『Working With Children』

キャロル・レオーネ博士は、子供達と共に研究を実施する初の先生で、再び先導しています。2005年1月に、彼女は、家で練習する7/8鍵盤を備えたアップライトピアノを持っていた幼いアーロン・クルツを教え始めました。キャロルは書きました。「... 私は1人の学生(10才のアーロン・クルツ)と予備研究を行いました。そして、7/8ピアノ鍵盤に関する1年の研究の後に、2006年の全国MTNA会議でラフマニノフの前奏曲を演奏しました。予め大きな手のピアニストのためにあったような部分の、彼の力強い演奏は、出席していた彼らを仰天させました。子供サイズの手に合った鍵盤を持つことによって、この先進のレパートリーを修める能力を備えている子供で、1人の有名なアメリカのピアノ教授は、大変な驚きによって涙しました。」

アーロンはその後成長し、従来の鍵盤へ移行して、2つの国際的なピアノ・コンクールの勝者であり続けました。Student Wins Piano Competitionsをご確認ください。

2007年の秋に、南メソジスト大学は、「研究と練習に7/8鍵盤を使用する子供への、教育学的、そして、生理的な利点。研究は、結果の業績指標を定義し、観測し、測定して報告する。」を研究する研究事業を始めました。



今回もとても興味深い内容でしたが、“Injured from Tickling the Ivory”に、ピアニストの芳村英里さんがご出演されているのには驚きましたね~

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
08/04
細幅鍵盤海外事情 * Steinbuhler社の記事 Part4
Steinbuhler社の記事の次の文の翻訳がようやく出来ましたので掲載させて頂きます。
途中、翻訳が難航した箇所もありますので、間違っていましたらすみません
今回の分は、“Our Story”の『First University Study』と『Interchangeable Keyboards』です。



a_Leone_Keyboard04.jpg

『First University Study』

キャロル・レオーネ博士からの内意を受けて、南メソジスト大学は代替サイズのピアノ鍵盤を購入して研究する最初の大学になりました。2000年の秋に、私達は7/8鍵盤を彼女のスタジオのスタインウェイB型に取り付けました。彼女と彼女の学生の何人かはそれで演奏して就学し始めました。そして、注目に値する結果を楽しみました。学年の終了までには、キャロルはその使用が子供たちと小さな手のピアニストの伝統的な教育に革命をもたらして、従来の鍵盤での演奏に関連した傷を負ったピアニストを救済するであろう7/8鍵盤を使用することを、個人的に約束しました。彼女の調査結果の十分な議論の為には、American Music Teacherが出版した彼女の記事Goldilocks Had Choice[1]を読んでください。
他の大学でこれらの調査結果を示したいというキャロル・レオーネの望みは、私達を異なる大学でスタインウェイ・コンサート用グランドピアノに取り付けることを可能にする、調整可能な特徴を持つ鍵盤を造るように促しました。私達は、そのような鍵盤がどれくらい実用的であるか、そして、輸送可能であるかもしれないかを見たかったのです。2002年の春までには鍵盤の準備ができていました。そしてキャロルは、5つの大学でリサイタル・デモンストレーションを予定しました。私はそれがどれくらいよく適合するかの確認に取り掛かる前に、周辺の大学に鍵盤を持って行きました。私達はそれを調節して、非常に良い演奏の管理をすることが出来ると分かりました。そしてそれが飛躍的に前進した、オクラホマ大学ベイラー大学ライス大学テキサス工科大学、及び、ネブラスカ大学リンカーン校は、7/8鍵盤のスタインウェイ・コンサート用グランドピアノで行われるリサイタルの目撃者です。



『Interchangeable Keyboards』

アーティストが異なる会場で、ピアノに取り付けるための彼女の7/8鍵盤を持って行くことが実用的なことかわからなかったが、私たちが調整可能な特徴を開発して獲得した経験は価値がありました。それは私達に、ピアノは何も変更せずに、グランドピアノに容易に取り付けることができる置換鍵盤を造る能力を与えました。これは、現在、オリジナルの従来の鍵盤を交換することができるそれらのコンサートステージ上のピアノのために、大学が代替サイズ鍵盤を得るのが容易であることを意味します。一旦新しい鍵盤が取り付けられれば、それはほんの数分前後で従来の鍵盤と交換することができます。これは、大学が彼らの学生の手に最もよく合うピアノ鍵盤を提供して、彼らのすべての実質的な結果を研究する道を切り開きました。



どうやらアメリカの幾つかの大学では、既に細幅鍵盤を使った講義が行われているようですね
ここで注目したい点は、これが約10年前の話だという点です。もしかしたら今頃アメリカでは、細幅鍵盤を使ったピアニストがぼちぼち出始めているかも!?
この波が日本に上陸してくるのももう時間の問題ではないでしょうか。

今現在、手が小さくて標準鍵盤ではプロを目指すのが難しく、諦めるしかないと思っている方がもしいらっしゃいましたら、細幅鍵盤を導入しているこれらの大学への入学(留学)を検討してみられるのも1つの方法かもしれませんよ。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
08/01
問題意識を持つこと ~状況の客観視~
前回の更新から随分と間が空いてしまいました
このところ何だかんだで忙しく休日も休日ではなくなっていましたので、Steinbuhler社の記事の翻訳作業がなかなか出来ずにいます

どうにか少しだけピアノの練習はしましたが、弾く度に「これが細幅鍵盤だったらどんなに弾きやすいだろう。どうして自分はこんな小さな手でこんなに大きな鍵盤を叩いているんだろう。」なんて思ってしまいます。
そんな私もまだ細幅鍵盤の事を知らなかった頃は、弾けないことへの辛さは感じていたものの、ピアノとはこういうものだと思って疑問すら持っていませんでした。

ずっと前に何かで聞いたことがある話で、アフリカのある貧しい国の学校での昼食の時間、お弁当を持ってきている子と(家が貧しい為)持ってきていない子が居て、持ってきていない子の目の前で、持ってきている子が昼食を食べている様子を日本人のジャーナリスト(?)の方が見て、食べられない子はさぞかし悔しい思いをしているのだろうと思っていたら、意外な事にその子は特に何も思っていなかったそうです。
その子は、自分は“食べられない立場の人間”で、相手は“食べられる立場の人間”だからだという認識だったそうで、そんな状況に疑問を感じておらず、この状況を変えたいという意識すら持っていなかったのだそうです。
よく海外に住むと日本の良さが見えてくると言いますが、その場にどっぷり浸かっている状態ではなかなか気付けない事も、そこから離れて他を知ったり俯瞰したりすることで見えてくるものがあるのだろうと思います。

今のピアノの状況は、“指が届いてある程度自由に弾ける人間”と“指が届かず不自由を強いられている人間”が居て、大半の人がこの状況に納得こそはしていないものの問題意識が薄く、その事もなかなか状況が変わっていかない要因の1つになってしまっているような気がします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.