FC2ブログ

手の大きさと手の疾患との関連性 - ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS(和訳)

このページでは、細幅鍵盤関連の英語サイト、ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDSのメニューのPain, injury and performance qualityの中にある、Hand size as a risk factorという項目の和訳を掲載しています。

※ この翻訳文の元となる英語サイトの再編に伴い、和訳文も2020年5月14日に再編しました。



Alternatively Sized Piano Keyboards

Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え
Competition results - コンクールの結果
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア
FAQs - よくある質問
About - このウェブサイトについて

Hand size as a risk factor - 危険因子としての手の大きさ


Hand size as a risk factor - 危険因子としての手の大きさ

手の大きさとピアノの演奏を結び付ける文献の多くは舞台芸術医学の分野にあり、ピアノ関連の痛みや障害における危険因子として、手の大きさに重点を置いています。1980年代と1990年代の間に公開された多くの疫学研究は、単にピアニストだけではなく複数の楽器演奏者を対象としています。
痛みや障害の推定原因は、テクニック、練習の時間や程度、姿勢、および遺伝的要因であると特定されています。女性が男性よりおよそ50%多く罹患していることから、女性が偏って影響を受けており、最もリスクが高いのは鍵盤奏者であることが分かりました。いくつかの研究では、女性ピアニストの70〜80%が一生のある時期に演奏関連の痛みや障害に侵されていることが分かっています。

酒井氏(1992年)は、ピアノの演奏によって手または前腕の痛みを呈したピアニストの臨床研究を実施しました。彼は、手の大きさがピアノ関連の痛みや障害の危険因子であり、日本人ピアニストはアメリカ人やヨーロッパ人に比べて不利になる可能性があると示唆した第一著者の一人でした。
後に酒井氏(2002年)は、自身の以前の結果を確認する、200人の日本人ピアニストを対象としたより大規模な臨床研究について報告しており、オクターブや和音の演奏が親指と小指の過度の外転(本来の位置から最大限離れた動き)を伴い、それが手首に順番に影響し 、潜在的にドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)またはその他の酷使による問題を引き起こすことを指摘しています。

およそ20年前に、ピアニストに関する疫学的研究(例えば、デ・シュメット(De Smet)他(1998年)、ファリアス(Farias)他(2002年)、シールズ(Shields) & ドックレル(Dockrell)(2000年))は、手の大きさをピアノ関連の痛みや障害の有力な危険因子であると見なし始めました。
ピーター・ブラッジ(Peter Bragge)氏によるピアノ関連の障害の危険因子に関する批判的な批評の文献(2005年)以降、ピアノ関連の障害に伴う痛みの危険因子に関する追加的な調査が公表されています。

芳村氏および他(2006年)は、痛みと大学生間のいくつかの独立した演奏関連および身体計測の変数との関係を調査し、ピアノ関連の痛みと一般的な『サイズ・強度・速度』の危険因子との統計的に有意な関係を立証しました。手の大きさ、特に第3~4指のスパンがこの危険因子の中に含まれていました。ピアノ教師を対象にした同様の研究(芳村他、2008年)の結果は、手の大きさや強さと痛みの間の因果関係を裏付けています。
ブルーノ(Bruno)他(2008年)は、イタリアのピアノを専攻している学生の間の筋骨格障害を対象とした症例対照研究(※)を実施しました。多変量解析により、上肢の障害と手の大きさとの間に統計的に有意な相関関係が見つかっています。

※ 症例対照研究:疾病の原因を過去にさかのぼって探そうとする研究。目的とする疾病(健康障害)の患者集団とその疾病に罹患したことのない人の集団を選び、仮説が設定された要因に曝露されたものの割合を両群比較する。

酒井氏の最新の調査(2010年)は、親指の過外転と過伸展が、手の小さいピアニストでは、〔上腕骨の〕外側上顆炎や、前腕(肘から手首までの部分)の伸筋(主に腕や脚などを伸ばす時に使用される筋肉の総称)の痛みやドケルバン病(狭窄性腱鞘炎)を引き起こす可能性が高いことを示しています。

(ピアニストを含む)若年の楽器演奏家の間での痛みや障害に関する最近の調査(レイネリー(Ranelli)他、(2011年))は、成人と同様に子供も影響を受ける可能性が高いことを表しています。

この文献の2008年までの更なる包括的レビューについては、ボイル&ボイル(Boyle&Boyle)(2009年)をご参照ください。


References - 参考文献

Allsop, L., & Ackland, T.(オルソップ・L、& アクランド・T)(2010年)
The prevalance of playing-related musculoskeletal disorders in relation to piano players' playing techniques and practising strategies.(ピアノ奏者の演奏テクニックと練習の対応策に関連する演奏関連筋骨格疾患の有病率。)
Royal Northern College of Music王立ノーザン音楽大学), Music and Health(音楽と健康), 3 (1), 61-78.
https://research-repository.uwa.edu.au/en/publications/the-prevalence-of-playing-related-musculoskeletal-disorders-in-re


Blackie, H., Stone, R., & Tiernan, A.(ブラッキー・H、ストーン・R、& ティアナン・A)(1999年)
An investigation of injury prevention among university piano students.(大学のピアノを専攻する学生の間の障害の予防に関する調査。)
Medical Problems of Performing Artists(アーティストの医学的問題), 14, 141-149.
https://www.sciandmed.com/mppa/journalviewer.aspx?issue=1095&article=1052


Boyle, R., & Boyle, R.(ボイル・R、& ボイル・R)(2009年)
Hand size and the piano keyboard.(手のサイズとピアノの鍵盤。)
Literature review and a survey of the technical and musical benefits for pianists using reduced-size keyboards in North America.(文献調査及び縮小された鍵盤を使用する北アメリカのピアニストの技術的・音楽の利点に関する調査。)
Proceedings of the 9th Australasian Piano Pedagogy Conference: Expanding Musical Thinking. Sydney, Australia.(第9回オーストラレーシアピアノ教育学会議の議事録: 広がる音楽的思考。オーストラリア、シドニー。)
http://www.appca.com.au/proceedings/


Bragge P., Bialocerkowski, A., & McMeeken, J.(ブラッグ・P、ビアロセルコフスキー・A、& マクミーケン・J)(2006年)
A systematic review of prevalence and risk factors associated with playing-related musculoskeletal disorders in pianists.(ピアニストの演奏関連筋骨格疾患と関連する有病率と危険因子の系統的調査。)
Occupational Medicine(職業病医学), 56 (1), 18-27.
http://occmed.oxfordjournals.org/content/56/1/28.full


Bragge P., Bialocerkowski, A., Holtham, I., & McMeeken, J.(ブラッグ・P、ビアロセルコフスキー・A、ホルサム・I、& マクミーケン・J)(2006年)
Piano teachers’ perceptions of risk factors associated with injuries in elite pianists.(一流ピアニストの障害と関連するピアノ教師の危険因子に対する認識。)
Australian Journal of Music Education(オーストラリア音楽教育誌), 1, 70-81.
http://search.informit.com.au/documentSummary;res=IELHSS;dn=676338997943309


Bragge P., Bialocerkowski, A., & McMeeken, J.(ブラッグ・P、ビアロセルコフスキー・A、& マクミーケン・J)(2006年)
Understanding playing-related musculoskeletal disorders in elite pianists.(一流ピアニストの演奏関連筋骨格疾患の理解。)
Medical Problems of Performing Artists(アーティストの医学的問題), 21 (2), 71-79.
https://www.sciandmed.com/mppa/journalviewer.aspx?issue=1167&article=1659&action=3&search=true#abstract


Bruno, S., Lorusso, A., & L’Abbate, N.(ブルーノ・S、ロルッソ・A、& ラバテ・N)(2008年)
Playing-related musculoskeletal disorders in young and adult classical piano students.(若年および成人のクラシック・ピアノを専攻する学生の演奏関連筋骨格疾患。)
International Archives of Occupational and Environmental Health(労働および環境衛生の国際公文書), 81 (7), 855-860.
http://link.springer.com/article/10.1007%2Fs00420-007-0279-8


Cayea, D., & Manchester, R.(ケーヤ・D、& マンチェスター・R)(1998年)
Instrument-specific rates of upper-extremity injuries in music students.(音楽を専攻する学生の上肢傷害の楽器別の割合。)
Medical Problems of Performing Artists(アーティストの医学的問題), 13 (1), 19-25.
https://www.sciandmed.com/mppa/journalviewer.aspx?issue=1101&article=1112&action=3&search=true#abstract


Chesky, K., Yoshimura, E. & Furuya, S.(チェスキー・K、芳村・E、& 古屋・S)(2007年)
Hand size and PRMDs in Japanese female pianists.(日本人女性ピアニストの手のサイズとPRMD(演奏関連筋骨格疾患)。)(投書)
Medical Problems of Performing Artists(アーティストの医学的問題), 22 (1), 39-40.
https://www.sciandmed.com/mppa/journalviewer.aspx?issue=1170&article=1695&action=1


Chorea, L.T., dos Santos, L.T., Paranhos, E.N.N., Albertini,A.I.M, Parreira, P.C.S and Nogueira, L.A.C.(コリーア・L・T、ドス・サントス・L・T、パラーニョス・E・N・N、アルベルティーニA・I・M、パレイラ・P・C・S、& ノゲイラ・L・A・C)(2018年)
Prevalence and risk factors for musculoskeletal pain in keyboard musicians: A systematic review.(鍵盤楽器の演奏家における筋骨格痛の有病率と危険因子: 系統的レビュー。)
PM&R Journal(PM&Rジャーナル), 10, 942-950.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/29705171


De Smet, L., Ghyselen, H., & Lysens, R.(デ・シュメット・L、ゲイセレン・H、& レイセンズ・R)(1998年)
Incidence of overuse syndromes of the upper limb in young pianists and its correlation with hand size, hypermobility and playing habits.(若年ピアニストの上肢のオーバーユース症候群(使いすぎ症候群)の発症率と、手の大きさ、過度可動性、および演奏習慣によるその相関関係。)
Chirurgie de la Main, 17 (4), 309-313.
http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0753905398800306


Farias, J., Ordonez, F.J., Rosety-Rodriguez, M., Carrasco, C., Ribelles, A., Rosety, M., Rosety, J.M., & Gomez del Valle, M.(ファリアス・J、オルドネス・F・J、ロセッティ=ロドリゲス・M、カラスコ・C、リベレズ・A、ロセッティ・M、ロセッティ・J・M、& ゴメス・デル・バレ・M)(2002年)
Anthropometrical analysis of the hand as a Repetitive Strain Injury (RSI) predictive method in pianists.(ピアニストの反復運動過多損傷(RSI)の予測手法としての手の身体計測分析。)
Italian Journal of Anatomy and Embryology(解剖学および発生学イタリアン・ジャーナル), 107 (4), 225-231.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/12611474


Fry, H.J.H.(フライ・H・J・H)(1987年)。
Prevalence of overuse (injury) syndrome in Australian music schools.(オーストラリアの音楽学校におけるオーバーユース(使いすぎ)(障害)症候群の罹患率。)
British Journal of Industrial Medicine(産業医療ブリティッシュ・ジャーナル), 44, 35-40.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC1007775/


Furuya, S., Nakahara, H., Aoki, T., & Kinoshita, H.(古屋・S、ナカハラ・H、アオキ・T、& キノシタ・H)(2006年)
Prevalence and causal factors of playing-related musculoskeletal disorders of the upper extremity and trunk among Japanese pianists and piano students.(日本人のピアニストおよびピアノを専攻する学生の間の上肢および胴体の演奏関連筋骨格疾患の罹患率と原因因子。)
Medical Problems of Performing Artists(アーティストの医学的問題), 21 (3), 112-118.
https://www.sciandmed.com/mppa/journalviewer.aspx?issue=1168&article=1669&action=3&search=true#abstract


Kaufman-Cohen, Y., Portnoy, S., Sopher, R., Mashiach, L., Baruch-Halaf, L. & Ratzon, N.(カウフマン=コーエン・Y、ポートノイ・S、ソーファー・R、マシアチ・L、バルーク=ハラフ・L、& ラッツン・N)(2018年)
The correlation between upper extremity musculoskeletal symptoms and joint kinematics, playing habits and hand span during playing among piano students.(ピアノを専攻する学生の間の上肢筋骨格疾患と関節運動学、演奏中の弾き方の癖と手のスパンの相関関係。)
PLOS ONE(プロス ワン) 13 (12).
https://journals.plos.org/plosone/article?id=10.1371/journal.pone.0208788


Lai, K.-Y., Wu, S.-K., Jou, I. M., Hsu, H.-M., Chen Sea, M.-J., & Kuo, L.-C.(ライ・K-Y、ウー・S-K、ジョウ・I・M、シュー・H-M、チェンシー・M-J、& クー・L-C)(2015年)
Effects of hand span size and right-left hand side on the piano playing performances: Exploration of the potential risk factors with regard to piano-related musculoskeletal disorders.(手のスパンの大きさと左右の手の側方がピアノの演奏実績に与える影響: ピアノ関連の筋骨格障害に関する潜在的危険因子の調査。)
International Journal of Industrial Ergonomics(工業人間工学国際学術誌), 50, 97-104.
https://www.deepdyve.com/lp/elsevier/effects-of-hand-span-size-and-right-left-hand-side-on-the-piano-dnolJDQF7N?key=elsevier


Manchester, R.A., & Flieder, D.(マンチェスター・R・A、& フリーダー・D)(1991年)
Further observations on the epidemiology of hand injuries in music students.(音楽を専攻する学生の手の傷害の疫学についての更なる所見。)
Medical Problems of Performing Artists(アーティストの医学的問題), 6, 11-14.
https://www.sciandmed.com/mppa/journalviewer.aspx?issue=1133&article=1345&action=3&search=true#abstract


Pak, C.H. & Chesky, K.(パック・C・H、& チェスキー・K)(2001年)
Prevalence of hand, finger, and wrist musculoskeletal problems in keyboard instrumentalists.(鍵盤演奏家の手、指、および手関節の筋骨格系問題の罹患率。)
The University of North Texas Musician Health Survey.(北テキサス大学音楽家健康調査。)
Medical Problems of Performing Artists(アーティストの医学的問題), 16 (1), 17- 23.
https://www.sciandmed.com/mppa/journalviewer.aspx?issue=1089&article=986&action=3&search=true#abstract


Quarrier, N.F.(クォーリエ・N・F)(1995年)
Survey of music teachers: perceptions about music-related injuries.(音楽教師を対象にした調査: 音楽関連の障害に対する認識。)
Medical Problems of Performing Artists(アーティストの医学的問題), 10, 106-110.
https://www.sciandmed.com/mppa/journalviewer.aspx?issue=1115&article=1210&action=3&search=true#abstract


Ranelli, S., Straker, L. & Smith, A.(ラネリ・S、ストレイカー・L、& スミス・A)(2011年)
Playing-related musculoskeletal problems in children learning instrumental music.(器楽曲を学ぶ子供達の演奏関連の筋骨格系問題。)
Medical Problems of Performing Artists(アーティストの医学的問題), 26 (3), 123-139.
https://www.sciandmed.com/mppa/journalviewer.aspx?issue=1193&article=1911&action=3&search=true#abstract


Sakai, N.(酒井・N)(1992年)
Hand pain related to keyboard techniques in pianists.(ピアニストの鍵盤テクニックに関連する手の痛み。)
Medical Problems of Performing Artists(アーティストの医学的問題), 7, 63-65.
https://www.sciandmed.com/mppa/journalviewer.aspx?issue=1128&article=1306&action=3&search=true#abstract


Sakai, N.(酒井・N)(2002年)
Hand pain attributed to overuse among professional pianists: a study of 200 cases.(プロのピアニストの間のオーバーユース(使いすぎ)に起因する手の痛み: 200症例についての調査)
Medical Problems of Performing Artists(アーティストの医学的問題), 17(4), 178-180.
https://www.sciandmed.com/mppa/journalviewer.aspx?issue=1082&article=924&action=3&search=true#abstract


Sakai, N., Liu, M., Su, F., Bishop, A. & An, K.(酒井・N、リュー・M、スー・F、ビショップ・A、& アン・K)(2006年)
Hand span and digital motion on the keyboard: concerns of overuse syndrome in musicians.(鍵盤上の手のスパンと指先の動き: 音楽家のオーバーユース(使いすぎ)症候群の懸念。)
The Journal of Hand Surgery(手の外科学会誌), 31 (5), 830-835.
http://www.jhandsurg.org/article/S0363-5023(06)00241-3/fulltext


Sakai, N., & Shimawaki, S.(酒井・N、& シマワキ・S)(2010年)
Measurement of a number of indices of hand and movement angles in pianists with overuse disorders.(オーバーユース(使いすぎ)障害を抱えるピアニストの手および運動角度の多数の指標の測定。)
The Journal of Hand Surgery(手の外科学会誌), 35 (6), 494-8.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20427408


Shields, N. & Dockrell, S.(シールズ・N、& ドクレル・S)(2000年)
The prevalence of injuries among pianists in music schools in Ireland.(アイルランドの音楽学校のピアニストの間の障害の罹患率。)
Medical Problems of Performing Artists(アーティストの医学的問題), 15 (4), 155-160.
https://www.sciandmed.com/mppa/journalviewer.aspx?issue=1090&article=995&action=3&search=true#abstract


Wood, G.C.(ウッド・G・C)(2014年)
Prevalence, risk factors and effects of performance-related medical disorders (PRMD) among tertiary-trained jazz pianists in Australia and the United States.(オーストラリアと米国の高等教育を受けたジャズピアニストの間の演奏関連内科疾患(PRMD)の有病率、危険因子、影響。)
Medical Problems of Performing Artists(アーティストの医学的問題), 29 (1), 37-45.
https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/24647461


Yoshimura, E., Paul, P.M., Aerts, C. & Chesky, K.(芳村・E、ポール・P・M、アーツ・C、& チェスキー・K)(2006年)
Risk factors for piano-related pain among college students.(大学生の間のピアノ関連の痛みの危険因子。)
Medical Problems of Performing Artists(アーティストの医学的問題), 21 (3), 118-125.
https://www.sciandmed.com/mppa/journalviewer.aspx?issue=1168&article=1670&action=3&search=true#abstract


Yoshimura, E., Fjellman-Wiklund, RPT, Paul, P.M., Aerts, C. & Chesky, K.(芳村・E、フェルマン=ヴィークルント、RPT、ポール・P・M、アーツ・C、& チェスキー・K)(2008年)
Risk factors for playing-related pain among piano teachers.(ピアノ教師の間の演奏関連の痛みの危険因子。)
Medical Problems of Performing Artists(アーティストの医学的問題), 23 (3), 107-113.
https://www.sciandmed.com/mppa/journalviewer.aspx?issue=1177&article=1753&action=3&search=true#abstract


Zaza, C. & Farewell, V.T.(ザザ・C、& フェアウェル・V・T)(1997年)
Musicians’ playing-related musculoskeletal disorders: an examination of risk factors.(音楽家の演奏関連筋骨格疾患: 危険因子の調査。)
American Journal of Industrial Medicine(産業医療アメリカン・ジャーナル), 32, 292-300.
http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/(SICI)1097-0274(199709)32:3%3C292::AID-AJIM16%3E3.0.CO;2-Q/abstract


Zaza, C.(ザザ・C)(1998年)
Playing-related musculoskeletal disorders in musicians: a systematic review of incidence and prevalence.(音楽家の演奏関連筋骨格疾患: 発生率と罹患率の系統的レビュー。)
Canadian Medical Association Journal(カナダ医師会雑誌), 158 (8), 1019-1025.
http://www.cmaj.ca/content/158/8/1019.full.pdf+html?sid=2101c577-47fe-4ac7-a303-02b65f8a65d5




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
スポンサーサイト



痛みや障害、演奏の出来栄えに関する証拠 - ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS(和訳)

このページでは、細幅鍵盤関連の英語サイト、ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDSのメニューのPain, injury and performance qualityの中にある、Overview of pain, injury, and performance qualityという項目の和訳を掲載しています。

※ この翻訳文の元となる英語サイトの再編に伴い、和訳文も2020年4月28日に再編しました。



Alternatively Sized Piano Keyboards

Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え
Competition results - コンクールの結果
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア
FAQs - よくある質問
About - このウェブサイトについて

Overview of pain, injury and performance quality
- 痛み、障害、演奏の出来栄えの概要



Evidence from different fields - 様々な分野からの証拠

ピアノに関する健康の視点から、サイズの選べる鍵盤の必要性を裏付ける証拠が急増しており、以下のように様々な研究分野から引き出されています。

  1. 手の大きさとピアノ関連の痛みや障害とのつながりを示す疫学調査と臨床研究。
  2. 人間工学や生体機能学に関する知識体系からの原則。
  3. サイズの選べる鍵盤と標準鍵盤の使用の関する比較研究。

演奏の出来栄えの様々な側面に焦点を当てたいくつかの研究は、相当数の事例証拠と共に、演奏における音楽的側面や技術的側面が、手のスパンによって大きく左右されることも示唆しています。
以下もご参照ください。
Pianist Feedbackピアニストの評価

『40年間ずっと、私はピアノ演奏に関連する怪我の防止法の研究にキャリアを捧げてきました。骨格の姿勢を最適にすることや筋肉を効率的に使うことといった、優れた協調動作を象徴するものが私の信条でした。
ただ問題なのは、手が小さいピアニストにはオクターブや大きな和音に体を「最適に」合わせるのは不可能だということです。そういったパッセージをフォルテやフォルティッシモで弾く度に、私たちはテクニックがどんなに効率的であっても怪我のリスクを高めてしまいます。
伸びきった小さな関節にそんなに大きな力が繰り返しかけられると、関節は次第に疲労していくしかありません。筋挫傷や伸筋腱炎もまた、よくおきる副作用です。』

バーバラ・リスター=シンク博士(Dr. Barbara Lister-Sink)、ノースカロライナ州、セーラム・カレッジ(Salem Collage)、音楽学校の教授および校長。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ

ピアニストの体験に関する参考文献 - ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS(和訳)

このページでは、細幅鍵盤関連の英語サイト、ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDSのメニューのPianist Feedbackの中にある、References – pianists’ experiencesという項目の和訳を掲載しています。

※ この翻訳文の元となる英語サイトの再編に伴い、和訳文も2020年4月21日に再編しました。



Alternatively Sized Piano Keyboards

Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え
Competition results - コンクールの結果
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア
FAQs - よくある質問
About - このウェブサイトについて

References – pianists’ experiences
- ピアニストの体験に関する参考文献



Alford, R. R. & Szanto, A.(オールフォード・R・R、& スザント・A)(1996年)
Orpheus Wounded: The experience of pain in the professional worlds of the piano.(負傷したオルフェウス: ピアノのプロの世界における痛みの経験。)
Theory and Society(セオリー・アンド・ソサイエティ), 25, 1-44.
https://link.springer.com/article/10.1007/BF00140757?fbclid=IwAR10Apq7Ztr5CHPtHqWQgPI3N6sBNa4KQIPyPRgsbeKJcoPdA7RJDAUfZHU


Booker, E.(ブッカー・E)(2010年)
Pianos: one size fits all…big adults.(ピアノ: すべての…大柄な大人に合っているサイズ。)
Tempo、Suzuki Talent Education Association of Australia (NSW) Inc., Autumn, 8-9.(テンポ、社団法人オーストラリア・スズキ才能教育協会(NSW)、秋、8-9。)
http://www.cicadabay.com/pianos/Booker_Pianos%20-%20one%20size%20fits%20all...big%20adults_Tempo%202010_%20p%201.jpg
http://www.cicadabay.com/pianos/Booker_Pianos%20-%20one%20size%20fits%20all...big%20adults_Tempo%202010_%20p%202.jpg


Boyle, R., & Boyle, R.(ボイル・R、& ボイル・R)(2009年)
Hand size and the piano keyboard.(手のサイズとピアノの鍵盤。)
Literature review and a survey of the technical and musical benefits for pianists using reduced-size keyboards in North America.(文献調査及び縮小された鍵盤を使用する北アメリカのピアニストの技術的・音楽の利点に関する調査。)
Proceedings of the 9th Australasian Piano Pedagogy Conference: Expanding Musical Thinking. Sydney, Australia.(第9回オーストラレーシアピアノ教育学会議の議事録: 広がる音楽的思考。オーストラリア、シドニー。)
http://www.appca.com.au/proceedings/


Boyle, R.(ボイル・R)(2012年)
The experience of playing reduced-size piano keyboards. A survey of pianists.(縮小されたサイズのピアノ鍵盤を演奏した経験。ピアニストを対象とした調査。)、MTNA e-Journal,April.MTNA - Music Teachers National Association(全米音楽教師協会)電子ジャーナル、4月。)
https://www.researchgate.net/publication/264457996_The_experience_of_playing_reduced-size_keyboards_A_survey_of_pianists


Boyle, R.(ボイル・R)(2013年)
The benefits of reduced-size keyboards for smaller-handed pianists: An exploration of biomechanical and physiological factors.(手の小さいピアニストのための縮小鍵盤の利点: 生体力学的および生理学的要因の探求。)
Proceedings of the 11th Australasian Piano Pedagogy Conference: Opening Doors: The Complete Musician in a Digital Age.(第11回オーストラレーシア・ピアノ教育学会議の議事録: 開放: デジタル時代における完全な音楽家。)
University of Southern Queensland, Toowoomba, 2-6 July 2013.(サザン・クイーンズランド大学、トゥウンバ、2013年7月2~6日。)
http://www.appca.com.au/proceedings/


Deahl, L. & Wristen, B.(ディール・L、& ライステン・B)(2017年)
Adaptive Strategies of Small-Handed Pianists, Oxford University Press.(小さな手のピアニストに向けた適応戦略、オックスフォード大学出版局。)
https://www.oupjapan.co.jp/en/node/20670


Donison, C.(ドニソン・C)(1998年)
Small hands? Try this keyboard, you'll like it.(手が小さい?この鍵盤を試してみてください。それを気に入るでしょう。)
Piano & Keyboard, July-August(ピアノ・アンド・キーボード、7月~8月), 41-43.
http://chrisdonison.com/keyboard.html


Donison, C.(ドニソン・C)(2000年)
Hand size versus the standard piano keyboard.(手のサイズと標準のピアノ鍵盤との比較。)
Medical Problems of Performing Artists, 15, 111-114.(アーティストの医学的問題、15、111-114。)
http://chrisdonison.com/keyboard.html


Leone, C.(レオーネ・C)(2003年)
Goldilocks had a choice.(金髪の人たちに選択権があった。)
American Music Teacher, June-July, 26-29.(アメリカン・ミュージック・ティーチャー、6月~7月、26-29。)
http://www.steinbuhler.com/GoldilocksFeature.pdf


Leone, C.(レオーネ・C)(2015年)
Ergonomic Keyboards: Size does Matter.(人間工学に基づく鍵盤: サイズが重要(問題)である。)
Piano Professional, EPTA (UK), Summer.(ピアノ・プロフェッショナル、European piano teachers association - ヨーロッパ・ピアノ教師協会、夏季。)
http://www.carolleone.com/ergonomic-keyboards/


Leone, C.(レオーネ・C)(2015年)
Size is Key.(サイズが解決の鍵である。)
Clavier Companion, Frances Clark Center for Keyboard Pedagogy, USA, September/October.(クラヴィエ・コンパニオン、鍵盤教育学フランシス・クラーク・センター、アメリカ、9月/10月。)
http://www.cicadabay.com/pianos


Deahl, L. & Wristen, B.(ディール・L、& ライステン・B)(2003年)
Strategies for small-handed pianists.(小さい手のピアニストのための戦略。)
American Music Teacher(アメリカン・ミュージック・ティーチャー), 52 (6), 21-25.
http://www.thefreelibrary.com/Strategies+for+small-handed+pianists.-a0102521600


Son, Y., & Chesky, K.(ソン・Y、& チェスキー・K)(2014年)
Awareness and attitude of professional keyboard players towards small size keyboards.(小型鍵盤に対するプロの鍵盤奏者の認識と考え方。)
Poster paper presented at seminar, University of North Texas.(セミナーで発表された広告ビラ、北テキサス大学。)
https://digital.library.unt.edu/ark:/67531/metadc1248515/m2/1/high_res_d/SON-DISSERTATION-2018.pdf


http://www.steinbuhler.com/html/our_story.html




シュタインビューラー社のDS5.5(7/8)鍵盤が取り付けられているウォルター社製のアップライトピアノを、2014年11月よりご使用になっている方が現在日本にいらっしゃいます。
その方から詳しいお話をお聞きしていますので、ご興味のある方はこちらをどうぞ。

http://littlehands782.blog.fc2.com/blog-entry-75.html


確かに、私の手もかなり小さい方(1-5で17.5cmくらい)ですので、曲の難度が上がると指が届かない個所が続出してしまって、その部分をどう攻略しようか悩むことばかりに時間と気をとられている感は否めないですね。
それも曲の習得の一環、ということなのかもしれませんが・・・。
私のような素人には到底できないことなので考えてもみませんでしたが、初見で演奏をしなければならない状況もあるわけですね。
運指やアレンジなどを考える時間が十分にとれない分、手が小さくて指が十分に届かない状態だとかなり不利になりそうな気がします。
鍵盤の幅が狭くなると弾ける曲の幅が広がる! - ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS(和訳) のページにあるレオーネ博士のお話を皆様はどのようにお感じになられたでしょうか。


日本でも、数十年前に作曲家の中田喜直さんによって細幅鍵盤の普及活動がなされていたことをご存知の方も多いかと思います。
中田喜直さんが細幅鍵盤ピアノを使われていたことは知られていますが、他にも、豊増昇さん(ピアニストで音楽教育者。日本藝術院会員。戦後すぐにディアパソンの技師の大橋幡岩氏に細幅鍵盤ピアノの製作を依頼。)、坂井百合子さんやKさん(中田喜直さんに賛同し、ご自身の教室に細幅鍵盤ピアノを採り入れられた先生方。)、藤原真喜美さん(中田喜直さんに賛同し、細幅鍵盤ピアノを購入された方。)といった方々のコメントが、中田喜直さんの著書の、『音楽と人生』随筆集の第4章「日本人と、ピアノ」の中で紹介されていますので、抜粋させていただきます。

  • 中田喜直氏のコメント:
    『・・・私がピアノの鍵盤の幅を少し狭くした(オクターヴで約1センチ)ピアノを注文して作り、本当のピアノの弾き方がわかった時である。今まで何回練習しても上手く弾けなかった所が、なんでもなく弾けるのである。手首を固くしないで、余裕をもってオクターヴが弾ける。』
    『このピアノを弾いて、私は初めてピアノの正しい演奏法がわかり(私は手が小さいから)作曲上にも飛躍的な発展があった。ショパンの使っていたピアノも大体この位だったらしい。』


  • 豊増昇氏のコメント:
    『もう十年早く、このピアノに変えていればよかった。』

  • ピアノ教師、坂井百合子さんのコメント:
    『細幅で弾かせると、子どもが無理をしないで自然に楽に弾けるから、音楽の表現力が格段に違っていい演奏をする。』

  • ピアノ教師、Kさんのコメント:
    『カワイで細幅のグランドを作った。弾かせてもらったらこれがとてもいいピアノで、私はいつまでも弾いていたい気分で、これを自分の家に持って行きたいと思った位だった。子ども達も当然、このピアノが好きなようだ。』

  • 細幅鍵盤ピアノの購入者、藤原真喜美さんのコメント:
    『・・・念願のピアノが手に入りました。何と弾き易いこと!今までは弾けないものと諦めていた箇所が楽に弾けます。オクターヴや和音の速い進行はもとより、音階すらも少しも肩に力が入らず、Lサイズ(今までのピアノ)の鍵盤で弾くよりもずっと楽々と弾けます。長時間練習しても疲れが半分以下、殊に困難な箇所の反復練習も疲れずに出来ます。腱鞘炎の心配もなくなると思います。故豊増昇氏が、細幅鍵盤に変えられて「もう十年早くすればよかった」と言われたこともなる程とうなづけます。』

上のコメントのように、日本人外国人関係なく、使われた方々がほとんど同じような感想をお持ちになっているのが興味深いですね。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ

手に合った鍵盤でもっと心地よく楽しいピアノライフを - ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS(和訳)

このページでは、細幅鍵盤関連の英語サイト、ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDSのメニューのPianist Feedbackの中にある、Overall comfort and enjoymentという項目の和訳を掲載しています。

※ この翻訳文の元となる英語サイトの再編に伴い、和訳文も2020年4月6日に再編しました。



Alternatively Sized Piano Keyboards

Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え
Competition results - コンクールの結果
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア
FAQs - よくある質問
About - このウェブサイトについて

Overall comfort and enjoyment
- 全般的な弾き心地の良さと楽しさ



細幅鍵盤を使用しているピアニストは、弾き心地の良さが全体的に大幅に向上することを見出し、結果的に遥かに大きな楽しさを感じるのです。
これらの利点については、Pianist Feedbackピアニストの評価)内のその他のページで更に詳しく説明されています。これらの利点としては以下が挙げられます。

  • 技術面での弾きやすさが大幅に向上する。
  • 引き伸ばし、緊張、痛みが軽減する。
  • 技術的な問題に集中する必要性の減少し、音楽に重点的に取り組むことができる。
  • 必要に応じてパワーが大幅に向上し、音の強弱幅のコントロールが改善する。
  • 『悲しい思いをする』可能性についての不安が軽減する。
  • 弾ける曲が拡大する。
  • 練習量が少なくなっても、より速く習得でき、より良い成果を生む。

これらの改善点は全て、ピアニストの喜びが劇的に大きくなる一因となります。
心地良さと技術的な容易度の向上に加えて、ミスや怪我のリスクの低減は、演奏の質や、弾き易さ、自信の向上につながります。

『あなたが失っていたものや、生涯を通じて直面していた無駄な困難を発見する旅を始めるには、DS鍵盤を使って少なくとも数日間はみておく必要があります。自信をもって言えることは、どの指でも2本の間の距離をただ「広げる」だけのことがもっとずっと重大だということです。』
クリストファー・ドニソン(Christopher Donison)氏からロンダ・ボイル(Rhonda Boyle)氏への電子メール、2006年12月31日。

ボイル(Boyle)氏が実施した調査(2012年)でのピアニストの1人より。
『私にとってのあらゆることが改善しました。練習がずっと楽しいです。』

ピアニストの大部分は様々な理由で必ずしもプロのコンサートピアニストになるとは限りませんが、なぜこれほど多くの人が手の大きさだけのために特定の曲目の演奏から不必要に締め出されなければならないのでしょう。
オーストラリアのピアニスト、エリカ・ブッカー(Erica Booker)氏は以下のように言います。

『若い頃、私がラフマニノフの協奏曲を演奏したいと思っていると、先生は私に言いました。「イングリッド・ヘブラー(Ingrid Haebler)はあえてやってみたりしません!」ロマン派の作品に決して触れることのなかったバロックや古典派のピアニストの1人になる運命であるという私の懸念を意味しているのです!』




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ

手の大きさに合った鍵盤を使った暗譜や初見演奏 - ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS(和訳)

このページでは、細幅鍵盤関連の英語サイト、ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDSのメニューのPianist Feedbackの中にある、Memorisation and sight readingという項目の和訳を掲載しています。

※ この翻訳文の元となる英語サイトの再編に伴い、和訳文も2020年3月28日に再編しました。



Alternatively Sized Piano Keyboards

Home - ホーム
Keyboard history - 鍵盤の歴史
Pianists’ hand spans - ピアニストの手幅
Pianist Feedback - ピアニストの評価
Pain, injury and performance quality - 痛み、障害、演奏の出来栄え
Competition results - コンクールの結果
PASK - Pianists for Alternatively Sized Keyboards
Resources - リソース
Media - メディア
FAQs - よくある質問
About - このウェブサイトについて

Memorisation and sight reading - 暗譜と初見演奏


サイズが選べる鍵盤を演奏すると、ピアニストの中には暗譜と初見演奏が格段に容易になると報告する人もいます。

『音楽を暗譜する能力において、それが生み出した違いに私は非常に驚きました。小型の鍵盤では、あらゆることがより自然で、あまり厄介ではなくなるので、私の手や筋肉にとってパターンを学習しやすく、暗記しやすかった。』
ニコル・ハルトン(Nicole Halton)、アメリカ、ニューヨーク。

DS5.5®鍵盤を初めて購入したピアニスト、リンダ・グールド(Linda Gould)氏は以下のようにコメントしています。
『初見演奏は恐らく最も劇的な効果をもたらします。難しい音楽を(特に他の室内演奏者と共に)初見演奏する場合、あなたにはパッセージの最も弾き易い演奏方法を考え出す時間は無く、とにかくそれを切り開くように突き進みます。私が話しているのはブラームスのホルン三重奏曲、サン=サーンスのピアノ三重奏曲のことですよ。』
http://www.steinbuhler.com/html/linda_gould_s_testimony.html

最も手の小さいピアニストは初見演奏での改善点に最も多く気付くとみられます。この改善は、多くの基本的な和音を標準鍵盤で音符を飛ばさずに弾くことができない程に指の間の柔軟性が乏しいピアニストにとっては最も劇的なものです。
初見演奏の際にそのようなピアニストは、どの音符を省略するか、あるいは、弾くのが困難か弾くことができないパッセージをどうやって回避するかを瞬時に決断しなければなりません。




にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ピアノ ブログランキングへ
プロフィール

LittleHands

Author:LittleHands
子供の頃にピアノを習い始めたものの手が小さくてすぐに挫折(^_^;)
成人してから再びピアノを習った、気ままに弾くだけの趣味のピアノ弾きです♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
参加ブログランキング
幅が選べる鍵盤の規格
◆DS鍵盤規格

DS5.1®(3/4)鍵盤
オクターブ:129~131 mm

DS5.5®(7/8)鍵盤
オクターブ:140~142 mm

DS6.0®(15/16)鍵盤
オクターブ:151~153 mm

DS6.5™(通常の)鍵盤
オクターブ:164~166 mm

※シュタインビューラー社についての詳細は、左のカテゴリ欄にあります『Steinbuhler & Company (和訳版)』をご覧ください。
おすすめサイトリンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
QRコード
QR