主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
08 * 2017/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
05/08
平等?公平?
手の大きさに合わせてピアノの鍵盤の幅を選べるようにすることの是非については色んなご意見があるかと思いますが、最近、この考え方の趣旨をとても分かりやすく説明できる画像を見つけたので紹介させて頂きます。
この画像はずいぶん前からネット上で拡散されていたようなので、もうご存知の方もいらっしゃるかもしれません。
(“平等、公平”で検索すると、この画像についての記事がいくつか上がってきますよ。)


equality_equity


まずは画像下の文章を和訳してみました。いつものことですが決して上手くはありません


---------------------------------------------

Equality = SAMENESS
平等性[等しいこと、同等(のもの)] = 同一性[同様なこと、類似、酷似]

Equality is about SAMENESS, it promotes fairness and justice by giving everyone the same thing.
平等性とは同一性ということであり、誰にでも同じものを与えることによって公平性や〔主張などの〕正当性[妥当性]を図ることである。

BUT it can only work IF everyone starts from the SAME place, in this example equality only works if everyone is the same height.
しかしそれは、誰もが同じ場所から出発した場合のみ正常に機能することができるのであって、この例で平等性が正常に機能するのは、すべての人が同じ身長の場合のみである。

---------------------------------------------

Equity = FAIRNESS
公平性[正当な権利[要求]] = 公正[公平]

Equity is about FAIRNESS, it's about making sure people get access to the same opportunities.
公平性[正当な権利]とは公正[公平]ということであり、人々が同じ機会[チャンス]を得ているか確認することである。

Sometimes our difference and/or history, can create barriers to participation, so we must FIRST ensure EQUITY before we can enjoy equality.
時に、私達の違いや経歴は関与への障壁を生み出すことがある。従って、私達は平等[対等]性を享受できる前に、まずは公平性[正当な権利]を確保しなければならない。

---------------------------------------------


上の和訳をピアノの鍵盤の大きさの問題について言い換えると・・・

平等性とは同一性ということであり、誰にでも同じ大きさの鍵盤を与えることによって、ピアノの演奏(コンクール)の公平性や正当性を図ることである。”
“しかしそれは、誰もが同じ場所から出発した場合のみ正常に機能することができるのであってピアノの場合に平等性が正常に機能するのは、すべての人が同じ手の大きさの場合のみである。”

公平性[正当な権利]とは公正[公平]ということであり、人々が同じ機会[チャンス]を得ているか確認することである。”
“時に、私達の手の大きさの違いピアノ演奏への障壁を生み出すことがある。従って、私達は平等な演奏(コンクール)の機会を享受できる前に、まずは公平性[正当な権利]を確保しなければならない。”

・・・といった感じでしょうか。

端的に言えば、

今のピアノの状況は左の絵(Equality)のような状態になっているので、それを右の絵(Equity)のような状態にしましょうよ

ということなのです。

鍵盤(手の大きさ)の問題については、必ずといっていいほど“手が小さければ工夫するなりストレッチしてもっと手が開くようにするなりすればよい”という意見が語られますね。確かにこの方法で弾けるようになったという方もいらっしゃるかと思います。
ですが、物事というのはほとんどが“程度”の問題で、100 : 0や白黒で片付けられることはほとんどありませんね。恐らくこの方法で弾けるようになったという方の大半は、画像で言うところの真ん中の人物に位置する人達なのではないかと思います。細幅鍵盤が切実に必要なのは、主に右の人物に位置する人達ではないでしょうか。

真ん中の人物の身長であれば、左の背の高い人物ほど楽々とはいかないまでも、背伸びをすればまあまあ試合を観ることができるでしょう。ですが、これと同じことを右の一番背の低い人物がしようとすればどうでしょうか。恐らく同じように背伸びをしても観ることはできないでしょう。
右の人物が野球観戦をしようと思えば、ジャンプしてその滞空時間の間に観るか、どうにかして塀にしがみつくかよじ登るか・・・といったところでしょうか。そうするためには、滞空時間を長くするためのジャンプ力や、瞬間的に状況を把握できるくらいの動体視力、若しくは、長時間しがみつくための持久力か、塀の上まで身体を持っていくジャンプ力か懸垂力を身につけることになるだろうと思いますが、そのような方法だと左や中央の人達ほどは観戦できない上に、他の人達よりもずっと怪我をするリスクが高くなってしまうでしょう。

もちろん、中にはそのような驚異的な身体能力を身につける人もいるかもしれませんし、そういう人の中には踏み台を使わずに身につけた能力を活かしたいと思う人もいるかもしれません。
鍵盤幅の選択権とは、そういった方々にまで細幅鍵盤(踏み台)を使うことを強要する話ではなく、あくまでも細幅鍵盤(踏み台)を使って、手が大きい(身長が高い)人達とできるだけ同じ条件にして、傷害のリスクがなるべく少ない状態で満足できるピアノの演奏(野球観戦)をしたいという人達のために、手の大きさに見合った幅の鍵盤(身長に見合った数の踏み台)を使えるようにしてもいいだろうという考え方なのです。なので、細幅鍵盤が選べるコンクールでは、強制ではなく参加者の自由意思で選ぶ形がとられていますね。

演奏の出来栄えの評価(主にコンクール)に例えて上の画像を説明するとすれば、野球の実況の腕前を競う、といったところでしょうか。スポーツの試合の実況をするには、先ず試合の様子がよく観えることが大前提ですね。まともに観えないようでは話になりません。
ではもし、左の絵(Equality)のような状態のまま、三者を競わせたとしたら・・・説明しなくてもお分かりになりますね。恐らく、「こんなのおかしい」という声が上がるでしょう。
背の低い右端の人が結局まともに観えなかったために他の2人よりも上手く実況できなかったとして、それを“本人の才能や努力の問題”と片付けてしまえるでしょうか。言うまでもありませんが、実況の腕前に背の高さは関係ありませんよね。

ですが、このように誰が見ても変だと分かるような状況でも、常態化して、その道の人までが「こういうものだ」と言うようになると、もはや疑問にすら思わなくなってしまうのが人間の心理の怖いところですね。
ただピアノの場合は、例えおかしいと思っていても、そもそも鍵盤の幅が変えられること自体が知られていなかったので、疑問を持たないようにするしかなかったのかもしれません。

“鍵盤の幅は変更可能”

この事実を知れば、もう疑問を封じ込める必要はありませんよね。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
08/29
鍵盤幅と手の大きさの不適合に起因すると思われる問題
まず始めに、皆様にお知らせがあります。
このブログでも、細幅鍵盤ピアノの特注を受け付けているメーカーとして度々紹介させて頂いていたウイスタリアピアノですが、つい最近、細幅鍵盤の製造から撤退してしまわれたのだそうです。
大変残念なことですが、ウイスタリアピアノに問い合わせてくださった方の話によれば、担当の方が「またそのうち再開するかも知れませんが」と仰っていたそうなので、希望を捨てずにそのときを待つとしましょう。
(問い合わせが多ければ、もしかしたら再開してくださるかも・・・)


前回の記事でも書いたように、欧米で実施された調査によって、成人男性の手のスパン(手を最大限に張った親指から小指までの幅)は成人女性より平均でも約2.5cm大きいということが明らかになっているそうです。
これは、標準鍵盤では男性が女性よりも平均的に白鍵1個分以上広く届くことを意味しています。

あらゆるピアノ曲を無理なく弾くには最低でも鍵盤の手前から10度届く必要があると言われていますが、その為に必要な手のスパンは21.6cm以上だそうです。そして、10度届く手を持っている人の割合は、成人男性では約80%なのに対し、成人女性では約20%しかいないということです。
この割合の差も、現在の鍵盤が「欧米人男性の手の大きさに合わせられた鍵盤」であると言われる所以でしょう。
これはあくまでも欧米で実施された調査ですので、日本を含めたアジア諸国では更に低い割合になるかもしれません。
※詳しくはこちら↓
http://littlehands782.blog.fc2.com/blog-entry-47.html

ピアノの鍵盤が現在の幅で定着して以降、割と早い段階で鍵盤幅と手の大きさの問題が浮上していたのか、1929年には、ドイツのオットー・オルトマンによるThe three factors of hand width, finger length and finger abduction, ...., will explain a surprisingly large number of technical difficulties that are often wrongly attributed to defects of coordination or studentship(手の幅、指の長さ、および指の[筋肉の]外転の3つの要素は、調整または学生の身分であることの欠点に誤って帰属されていることが多い、驚くほど多くの技術的困難について説明するだろう)と、Fine dynamic gradation with the fingers in extreme stretches is physiologically impossible(極端な範囲の指による、すばらしく力強い漸次的変化は生理的に不可能である)という論文が書かれています。
※詳しくはこちら↓
http://littlehands782.blog.fc2.com/blog-entry-49.html

30年以上前からパフォーミングアート医学という分野が創始しているそうで、アメリカの医学雑誌、MPPA - Medical Problems of Performing Artists(アーティストの医学問題)に、この分野に関する論文が多数掲載されています。
そして今年、そのMPPAにPRMD - Playing-Related Musculoskeletal Disorders(演奏関連筋骨格疾患)についての社説、The Keyboard Instrumentsが掲載され、その中で細幅鍵盤の必要性についても言及されています。

鍵盤楽器の医学問題に関する論文より、ピアノの専攻学生では年間で100人中13.1人が上肢のPRMDを発症していて、オルガンの専攻学生の年間のPRMD発症率(100人中7.2人)より遥かに高いことが分かったと社説にあります。
そして、このブログで翻訳文を掲載しているサイト、Pianists for Access to Smaller Keyboardsも紹介されています。

この社説の中では、幾つかのより重要とされる研究に焦点が当てられています。

北テキサス大学がインターネットを使った演奏家の健康に関する調査を実施し、21歳から50歳の範囲が75%を占める、ほぼ男女均等の約450人のピアニストから回答が得られたそうです。
それによれば、全体的に59%がPRMDを患い、PRMD発症の危険性は、年齢が若いことや女性であることに関係しているものの、毎日の演奏時間や演奏される音楽のタイプには関連していないと報告されています。

酒井直隆医師の、手の痛みを伴う200人のプロ・ピアニストあるいはピアノの学生(ほとんどが女性)に関する報告書が2002年に公表されているそうです。
これによると、18歳から66歳までの範囲の平均年齢26歳の対象者70人が調査を受け、2~13時間に及ぶ症状の発現の前に1日平均およそ4時間の練習をしているとの報告があり、その診断は神経障害の28の症例を伴う筋骨格系の領域が中心で、通常オクターブやコードなどの練習をしているときに症状が発現しているとのことです。

古屋晋一氏とその他の同僚の研究者による論文、Prevalence and causal factors of playing-related musculoskeletal disorders of the upper extremity and trunk among Japanese pianists and piano students(日本人ピアニストおよびピアノの学生の間の上肢および上幹の演奏に関連する筋骨格疾患の罹患率と原因となる要素)が2006年に発表されているそうです。
これによると、高校やそれ以上のレベルの15歳から60歳の範囲の対象者が調査を受け、日常の平均練習時間は大学生が180分と最も多く、それ以外の対象者は150分で、77%が上肢および上幹にPRMDを発症しているとの報告があったそうです。
この研究により、過度に筋肉が緊張する部位と同じ領域でのPRMDの発症との相関関係が示されたとのことです。

これらの研究から、この社説では、ピアノの演奏によってPRMDを発症する危険性は女性に高いようであり、細幅鍵盤を利用することでこの危険性を減らすことが出来るかもしれないと言及されていて、ピアノは最も一般的に演奏されていて最も高くPRMDの発症率に関連する楽器の1つであるので、ピアノに関する研究文献全体の正確な調査を緊急にする必要があり、パフォーミングアート医学の分野にとって最優先のこととすべきであるとされています。
※詳しくはこちら↓
http://littlehands782.blog.fc2.com/blog-entry-65.html


下のグラフを見て頂ければお分かりになるように、酒井直隆医師によれば、ピアニストに最も多いのは腱鞘炎で31%。次いで筋肉が骨にくっついている部分が炎症を起こす付着部炎(24%)、筋肉痛(16%)の順であり、その原因となったテクニックを調べると、親指と小指を広げて鍵盤をたたくオクターブ(43%)と和音(32%)が圧倒的に多く、指を強く打ちつけて大きな音を出すフォルティッシモは8%にとどまっているとのこと。痛みの大部分は関節を動かす筋肉や腱の炎症であり、特に指を広げた状態での打鍵は手を痛めやすいということです。

021

※詳しくはこちら↓
http://www.47news.jp/feature/medical/2012/01/post-618.html

上記のMPPAの社説の中にもあるように、音楽家の手の障害の発症率については海外では半分以上との報告もあり、高頻度であることは間違いないと酒井医師は言及しています。

そして問題なのは、日本では音楽家の手の障害についてあまり知られていないという事です。
「手の障害を発症するのは弾き方が良くないせいだ」という意識もあるようですし、もし故障があることが知られれば、他の人に取って代わられて演奏の場を失いかねないという懸念を演奏家の方々が抱いている為に、調査しても本音を言わないとのこと。そのため、国内の実態がよく分かっていないのだそうです。


前の記事に書いたように、たくさんの代表的なピアノ曲が作曲された時代のピアノに比べて、現在の鍵盤は、その幅のみならず、重さもずっと重くなり、深さも倍になっています。
当然ながら、その分演奏する時の腕や手にかかる負担は大きくなっているでしょうし、演奏者の健康上の問題はかなり深刻な状況になっていると思われます。

確かに手が小さくても素晴らしい技術を身につけて障害のリスクを上手く回避されている方もいらっしゃるでしょう。ですが、それは手の小さい演奏者全てに要求できることでしょうか。
楽器の演奏に限らず、世の中には人並外れた精神力と努力であらゆる困難を乗り越える人が居ます。
それはそれで賞賛に値することですので否定するつもりは無いのですが、これはあくまでも“稀な”ケースですし、こういったケースには往々にして大きな危険性が伴っていたりします。
ピアノの演奏で言えば、正に上記で示したようなPRMD(演奏関連筋骨格疾患)などといった危険でしょう。

努力は確かに大事な事ですが、その“努力”が本来の目的に支障をきたすようなものであっては、元も子もないように思えます。
同じように努力を必要とするスポーツの世界では、 昔、根性、気合いの名のもとに「うさぎ跳び」や「タイヤ引き」などが行われていたのが、身体に過度の負担をかけ故障を招くとして行われなくなり、今ではスポーツトレーナーが就いて選手の健康に配慮したトレーニングが行われるようになっています。そして言うまでもありませんが、身体に合っていない靴や装備を使う選手はいませんし、もし合っていなければ、本来の力が発揮できないばかりか故障を招く危険すらあります。
そのような配慮をしたからといって根性や気合いが損なわれるわけでもありませんし、今のスポーツ選手は“適切な”努力を重ねて昔以上の成果を挙げるようになっていますね。

音楽はスポーツとは目的こそ違いますが、身体の運動機能を極限まで高めて行われるという点では、やはり同じように健康への配慮が必要なのではないかと考えています。そして、そういった観点から、このブログでは細幅鍵盤の必要性を訴えています。

皆様はどのようにお感じになられたでしょうか。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
08/19
ピアノの鍵盤の幅はなぜこの幅なのか
皆様は今のピアノの鍵盤がどのような経緯で現在の幅になったかご存知でしょうか。

・ 昔から長い時間をかけて現在の幅が選ばれてきた。
・ この幅が誰にとっても弾きやすい幅だから。
・ ピアノの構造上、この幅にしかできない。
・ この幅でなければピアノの音に影響する。

等々、ピアノの鍵盤の幅に関する世間一般の認識はだいたいこのような感じではないでしょうか。
世界中で通用している“標準規格”なのだから、それなりの理由があるに違いないと考えるのは当然の事でしょう。


では、約300年におよぶピアノの歴史の中で、鍵盤の幅がどのように変化してきたのか見ていきましょう。


東京女子医科大学附属青山病院の音楽家専門外来の医師であり、宇都宮大学工学部の機械システム工学科の教授でもある酒井直隆氏は、鍵盤の大きさと手の大きさとの関係がピアニストの手の酷使の問題の要因となっているかどうかを調査するため、ニューヨークのメトロポリタン美術館、ウィーンのホーフブルク王宮コレクション、ウィーン工業博物館、そして、浜松市の浜松市楽器博物館に所蔵されている1559年から1929年までに製造された120台の古い鍵盤楽器(ハープシコードクラヴィコードスピネットヴァージナルフォルテピアノスクエアピアノ)の鍵盤幅を計測し、モダンピアノの鍵盤幅と比較するという調査を実施し、論文: Keyboard Span in Old Musical Instruments: Concerning Hand Span and Overuse Problems in Pianistsを書きました。この論文は、2008年にMPPA(Medical Problems of Performing Artists)というアメリカの医学雑誌に掲載されています。

この調査によると、ピアノの鍵盤幅は、ピアノが発明された18世紀の初め頃くらいまでは現在と同じ幅(オクターブ約165mm)でしたが、18世紀の終わり頃になるとオクターブ毎の幅が最大のものでも163mm、最小のものでは156mmと、全体的に細い様々な幅の鍵盤が造られるようになり、演奏者がその中から弾きやすい幅の鍵盤を選ぶことができるようになりました。当時は女性に合うという謳い文句で売り出されたピアノもあったとか。
ところが19世紀の初め頃から鍵盤幅は大きくなりはじめ、19世紀の終わり頃には再びオクターブ約165mmになり、現在に至っているということです。
※詳しくはこちら↓
http://littlehands782.blog.fc2.com/blog-entry-27.html
http://smallkeyboard.blog35.fc2.com/blog-entry-130.html

モーツァルト(1756年- 1791年)、ベートーヴェン(1770年 - 1827年)、シューベルト(1797年 - 1828年)は、鍵盤幅のバリエーションが増えた時期と丁度重なっていますし、ショパン(1810年or1809年 - 1849年)とシューマン(1810年 - 1856年)の使っていたピアノの鍵盤幅も現在のものより細かったとのこと。ショパンが使っていた鍵盤の幅は、現在カワイが特注で製造している細幅鍵盤(1オクターブあたりで約1cm細い)とほぼ同じくらいだったそうです。
ちなみに、「細幅鍵盤運動」で知られる、作曲家の中田喜直氏が特注し作曲に使用していたピアノの鍵盤幅もショパンが使っていたピアノの鍵盤の幅と同じくらいだそうです。
【補足】
少し前まではウイスタリアピアノというメーカーも細幅鍵盤ピアノの特注を受け付けていたのですが、残念なことに最近撤退してしまわれたそうです。
ウイスタリアピアノに問い合わせてくださった方の話によれば、「またそのうち再開するかも知れませんが」と担当の方が仰っていたそうです。



ではなぜ、ピアノの鍵盤は様々な幅の鍵盤が造られるようになったにもかかわらず、19世紀の終わり頃から大きなサイズ1つだけしか造られなくなったのでしょう。


18世紀の終わり頃まではピアノは貴族のもので、専ら貴族の屋敷の広間などで演奏されていました。
この頃主に使用されていたフォルテピアノは、現在のモダンピアノに比べて音量が小さく音域も5オクターブ、鍵盤も細いだけでなく、弾いた時の重さがモダンピアノの1/4~1/5くらいで深さも半分くらい、構造も全て木製だったとのこと。

それが1789年のフランス革命以降ピアノが一般大衆化し、この頃からたくさんの聴衆を収容できる大きなコンサートホールが建設されるようになりました。
そのため伸びのある大きな音が出せるピアノが必要とされるようになったので、この頃ピアノの開発が急速に進められ、現在のモダンピアノが誕生しました。それまでのピアノよりもずっと強い力で弦が張られるようになり、その張力を保持する為の頑丈な鋼製のフレームが使われるようになったことによって手で造ることが不可能となり、それまで職人の手によって1台1台造られていたピアノも、この頃から機械生産されるようになったそうです。
※参考文献↓
http://www.cembalo.com/discography/disc08_0.htm
http://www2.plala.or.jp/CHAKA/pianoflame2-1.htm

当時はピアノの開発競争が激化していて、ピアノメーカーは我先にとピアノを開発し、売り上げを伸ばすため大量に市場に送り込んでいました。はっきりした理由は分かりませんが、このときに鍵盤の幅は1つのサイズしか造られなくなりました。(機械での大量生産には規格が統一されている方が都合が良かったから???)
ピアノの開発が進んで音域が広がり、ピアノが全体的に大きくなったことも鍵盤の幅を押し広げた一因としてあるのかもしれませんが、当時はリスト(1811年 - 1886年)を始めとするヨーロッパ人の男性ピアニストが多かった為、彼らのような大柄な男性ピアニストが弾くことしか念頭に置かれず、その他の小柄な人(主に女性)や子供に対する検討がなされないまま、ピアノの歴史上最も大きな鍵盤幅でピアノが製造され大量に行き渡り、そのまま何となく“標準規格”として定着してしまった、というのが現在の鍵盤幅になった経緯だと言われています。
※詳しくはこちら↓
http://littlehands782.blog.fc2.com/blog-entry-47.html
※この原因に関して興味深い説がありますので、それはまた後ほど記事にする予定です。


現在アメリカのスタインビューラー社が、標準鍵盤(オクターブ:165.1mm)以外の次世代の鍵盤の規格として、オクターブが152.4mmの15/16鍵盤、140.7mm の7/8鍵盤、129.9mmの3/4鍵盤の3つの規格を製造しています。
鍵盤の幅が変わっても音に影響することは無く、演奏にも遜色ないとのことです。
スタインビューラー氏がたくさんのピアニストから要望を聞き試弾してもらいながら規格を検討し、開発、実現するまでに約10年という年月がかかったことを考えると、開発・売上競争に追い立てられていた19世紀当時のピアノメーカーには到底そのような余裕など無かったことが想像出来ますし、鍵盤幅の検討が置き去りになってしまったのも頷けます。

現在の鍵盤幅には音楽的な根拠はありません。開発当時のピアノメーカーの生産性のために1つの大きな鍵盤のみに統一され、言わばそれをエンドユーザーである演奏者が押しつけられたような形になってしまっている状況なのです。

そもそも、人間の手の大きさは相当な個人差があります。
手を最大限に張った親指から小指までの幅は、成人女性の手では成人男性に比べて平均でも約2.5cm小さいそうです(※欧米で実施された調査)。これが1番小さな手と1番大きな手とではどれくらいの差があるのでしょう。
これだけ大きさにバラつきがあるのに、それをたった1つの鍵盤幅に集約すること自体に相当な無理があることが分かりますし、恐らくそのことに昔の巨匠の方々は気付いていたのかもしれません。
鍵盤幅の遷り変わりを見ると、先人達が選んできたのはそれぞれが弾きやすい幅の鍵盤を選ぶという方法だったのではないかと思います。そして、鍵盤幅が選べた時代に作曲されたクラシックのピアノ曲は、それぞれの手の大きさに合った鍵盤を選んだ上で弾くことを前提として作曲されていると考えるのが自然でしょう。

昔の伝統や習慣が時間の経過とともに変化して違った形になるというのはよくあることですし、変化することによって良い結果がもたらされることもあります。ですが、ピアノの鍵盤は大きな幅1つだけになったことで、様々な幅があった頃に比べて何か良い結果が演奏者にもたらされているでしょうか。

130年程前に後回しにされてしまった課題に取り組むときがようやく来ているのかもしれませんね。


ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.