主に細幅鍵盤の事を、個人的な戯言を交えながら徒然なるままに書いているブログです。このブログの趣旨をまとめていますので、初めてお越しの方は、宜しければカテゴリ欄の「記事の概要」をご一読ください。
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
12/28
この英語サイトについて - ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS(和訳)
2016年の終わり頃に、細幅鍵盤関連の英語サイト、ALTERNATIVELY SIZED PIANO KEYBOARDS内が大幅に編成し直されました。
それに伴い、このブログでもこの英語サイトの和訳記事の内容を編成し直しています。
そのため項目があちこち移動していますが、内容自体は以前とあまり変わりませんので、何卒ご了承ください。

このページでは、『About this website』という項目の和訳記事を掲載しています。

あと、もし宜しければ前回の記事←クリック)もご覧ください。




About this website
このウェブサイトについて


このウェブサイトは、自身のグランドピアノ用のDS5.5(7/8)鍵盤を北米から初めて輸入した人である、オーストラリア・メルボルンのロンダ・ボイル氏によって作成されたものです。
その目的は、『全ての人に合ったフリーサイズ』というピアノの鍵盤に対する姿勢に関連した深刻な問題の自覚を促し、変化を提唱することです。
最終的な目標は、世界中で売られる新しいピアノの鍵盤のサイズの選択肢を大手のピアノやキーボードメーカーが提供することです。

このウェブサイトは、サイズを選択できる鍵盤(即ち、キーの数が少ないのではなく、キーの幅が狭いピアノ鍵盤)のピアノが用意されている大学や教師の場所、当該研究の概要、および重要な連絡先など、全ての関連情報を共同維持するよう努めています。
これは、ピアニスト(ピアノ愛好家)、父母、および教師が世界の自分自身の地域で行う変化への働きかけを支援することを目的としています。

PASK(Pianists for Alternatively Sized keyboards - 鍵盤サイズの選択を支持するピアニスト)運動の詳細については、www.paskpiano.orgへお越し下さい。

もし提供できる新しい情報をお持ちか、あるいは指摘したい誤りがあれば、pianos@cicadabay.comへ何でもご連絡下さい。

055Rhonda Boyle(ロンダ・ボイル)のプロフィールを参照





ピアノ ブログランキングへ
にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Copyright © 2017 細幅鍵盤随想記|ピアノと鍵盤と、時々、戯言.
all rights reserved.